ワイルド・シングス
WILD THINGS
    
 1998年  米  コロムビア

 (124分) 内予告他16分  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1999年6月25日

 監督:ジョン・マクノートン                        
 出演:ケビン・ベーコンマット・ディロンネーブ・キャンベルデニス・リチ
    ャーズビル・マーレイ/テレサ・ラッセル/ロバート・ワグナー/ダフネ
    ・ルービン・ベガ/エデュアルド・ヤーネス/他            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 フロリダの海に近いブルー・ベイ高校の生活指導担当教官・サム(ディロン)は、
女生徒ケリー(リチャーズ)をレイプしたとして起訴される。          
 教師のレイプ事件としてマスコミが大きく採り上げたんで、裁判の行方は注目を浴
びる。                                   
 性犯罪課の刑事レイ(ベーコン)と相棒の女刑事グロリア(ベガ)は、レイプ騒ぎ
はハンサムな教師の気をひきたい女生徒の狂言じゃ〜ないかと疑うが、根拠は無かっ
た。                                    
 サムは控訴された途端、学校を停職になり、弁護士費用もままならんので三流弁護
士ケン(マーレイ)に弁護を依頼する。                    
 女生徒ケリーは、母親が大富豪で優秀な弁護士がついたんで、どう見てもこの裁判
に勝ち目が無いように見えた。                        
 じゃが裁判中、被害者側の証人に立ったケリーの女友達スージー(キャンベル)の
証言から、レイプはケリーの狂言じゃと判り、サムは無罪となる。        
 今度はサムが名誉毀損で提訴し、ケリーの実家から示談金850万ドルを受取る。
 この金はケリーの母親がケリー名義でしとる信託預金で、本来は、ケリーが母の死
後に受取るべき金じゃった。                         
 レイ刑事は、示談金の金融機関の中の流れ方を調査し、これはサムとケリーとスー
ジーの3人で、巧妙に仕組んだ詐欺じゃ〜ないかと疑い始める・・・       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 サスペンス・ミステリーで抜群に面白い!!                 
 実に複雑で、どんでん返しに次ぐ、どんでん返しの連続で、最後まで飽きささずに
一気に観せてくれる。                            
 仕組まれた詐欺の手口が前半で露呈するんで、後半どうやって保たせるんかの〜?
と思おとったが、そんな心配は一切無用じゃった。               
 結末が予想と全然違うんで、気持ち良く、参った。              
 脚本が良く練られとるし、構成もうまく、伏線の張り方なんかが、ミステリーの要
素をきちんと押さえとるのが良い。                      
 3人組での犯罪は、いずれ仲間割れでボロを出すと言うところまで計算されとる。
 出演者に超有名スターがおらんのが、かえって映画に感情移入し易い。     
 それにしても、デニス・リチャーズの体当たり艶技はえ〜ど〜、え〜ど〜、ジュル
、ジュル、ジュル・・・ゴホン!!                      
 まぁそれはともかく、ワニの住む湿地帯が近くに在る、フロリダの蒸し暑さを感じ
させてくれるような、ネチッこい内容なんじゃが、面白いんじゃね〜、これが。  
 ”The End”のクレジットの後にも重要なシーンが数カット入っとり、ここ
らへんも更なるどんでん返しとなっとるんで、最後までキッチリ見んといけんで〜。
 これは大当りじゃ。                            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP