みち
わかれ路
INTERSECTION
    
 1994年  米  パラマウント

 (103分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年12月2日

 監督:マーク・ライデル                          
 出演:リチャード・ギアシャロン・ストーンロリータ・ダビドビッチ/マーテ
    ィン・ランドー/デビッド・セルビー/ジェニー・モリソン/他     
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 建築家のビンセント(ギア)は、サリー(ストーン)と離婚したが、職場は同じで
離婚前と同様に良きアドバイザーとして、お互いを利用しあっとった。      
 二人の間には娘が一人居るが、サリーが養育しとった。            
 ビンセントはジャーナリストのオリビア(ダビドビッチ)と同棲しとり、ビンセン
トとサリーの間は、完全に赤の他人のように見えるが、ビンセントの心の中には、ま
だかすかにサリーに未練が有った。                      
 それは、娘への愛だけとは言えず、いつも会社で顔を合わせたり、話をするんで、
どうしても完全に縁切り状態にはならず、ダラダラと行き来も続いとった。    
 娘の誕生日パーティに、サリーが今付き合っとる彼氏を招いたと、娘から聞いたビ
ンセントは、嫉妬心からパーティに無理やり参加したりする。          
 オリビアとも別れ難く、どっちつかずの中途半端な気持ちのまま、ビンセントの心
は揺れる・・・                               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ラブ・ストーリー(?)じゃが、期待したほどの出来じゃ〜ない。       
 事件も何も無い状態で、淡々とダラケ気味に展開して行く。          
 後半やっと見せ場が来る頃には、もう疲れてしも〜とり、最後のオチだけが救いの
映画じゃ。                                 
 マーク・ライデ監督はベテランらしく、そつなくまとめてはおるが、もうちょっと
男女の心理描写が欲しかった。                        
 リチャード・ギアは、二人の女性の間をフラフラ揺れる心を持った、シャキッとせ
ん男を演じさせたらうまいもんじゃ。                     
 あの茫洋としたキャラクターは、こんな役どころには最適じゃね〜。      
 ただ、ちょっと中途半端な感じがするのは、この映画全体が中途半端な作りなんで
、これはしょうがないね〜?                         
 シャロン・ストーンは相変わらず冷たい表情の女優で、今までの映画のセクシーな
悪女とゆ〜イメージをこの映画で脱皮するとかじゃが、すでに植えつけられとる強烈
なイメージがどうしても抜けんね〜?                     
 どんなに従順な妻役をやっとっても、これはそのうちバケの皮を脱ぎ捨てて、豹変
する前振りじゃないんかと、勘繰って見てしまう。               
 ロリータ・ダビドビッチはキャラクター的にはまずまずでも、敏腕ジャーナリスト
とゆ〜役じゃが、一向にそれらしい働きをしとる場面が無いんで、オリビアとゆ〜女
性がどの程度魅力的なんか、いっこも分からんのでかなり損しとる。       
 これじゃ〜、ビンセントが妻と離婚するほど価値が有るんかどうか、まず最初の段
階で疑問が出るんで、この辺も脚本のまずさを感じる。             
 これは配役をストーンとダビドビッチが、いれこになっとった方が面白かったかも
しれんね〜?                                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP