わが街
GRAND CANYON
    
 1992年  米  20世紀フォックス

 (140分) 内予告5分

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年4月2日

 監督:ローレンス・カスダン                        
 出演:ケビン・クラインダニー・グローバースティーブ・マーティン/メリー
    ・ルイーズ・パーカー/メアリー・マクドネル/アルフレ・ウッダード/他
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ロスに住む弁護士のマック(クライン)は、妻クレア(マクドネル)と15歳の息
子の3人暮らし。                              
 マックはプロ・バスケットの試合観戦後、車で帰宅中、渋滞を避けようと脇道に入
ったのはえ〜が、黒人地区に迷い込む。                    
 車が故障し、立ち往生したところに、地元の黒人のチンピラ達がやって来て、マッ
クをとりかこみ、命も危うい状態になるが、そこに故障車移動のレッカー車でやって
来た、黒人のサイモン(グローバー)に助けられる。              
 マックはこの街で暮らしとると、いつ命を落としてもおかしくないとゆ〜現実に直
面し、ショックを受ける。                          
 マックは命を助けてくれたサイモンにお礼がしたく、白人地区のアパートをサイモ
ンの妹家族に世話してやり、サイモンに恋人を紹介する。            
 そんな二人は友情とは違う、奇妙な親愛の情で結ばれて行く・・・       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 明るい太陽の降り注ぐ、西海岸の豊かな街、ロスアンジェルス。        
 そんな健康的なイメージの街も、一歩裏道に踏み込むと、銃を使った犯罪や麻薬が
はびこるダーティな面を持つ。                        
 以前起こったロス暴動でも判る通り、ホームレスや黒人の不満が渦巻く街でも有り
、この映画は、ロスのそんな裏の顔を採り上げとる。              
 この街に住む数組の家族の日常生活を描く事で、危険と隣合わせに生きとる事を実
感させてくれ、うまい表現方法じゃ。                     
 もっとも、この映画はロスの暗い面だけを描く事がテーマでは無く、そこに住む人
間の愛情や苦悩も、大自然の前ではチッポケなもんじゃと言い放つ。       
 映画の最初の方で、サイモンがマックに「”グランド・キャニオン”に行った事が
有るか?自然の悠久の営みに比べたら、人間の一生なんかアッとゆ〜間じゃ」と、こ
の映画の原題のテーマが語られる。                      
 もっとも、グランド・キャニオンの絶景が、映画の大スクリーンならともかく、テ
レビの小画面では迫力不足となるのはちと残念じゃが、しょうがないね〜?    
 しかし、ほんまはこの映画の内容を、簡単にまとめるなんて事は出来ん。    
 (一応まとめとるが、こんなもんじゃ〜書き著せん。)            
 なんせ、主役級の俳優がこんだけ集まって、それぞれが違う人生を演じとるんじゃ
もん、ま〜これは観てもらわんと判らんね〜?                 
 あえて言えば、マックと彼の周辺の人間の人生の一ページを坦々と描いてあるだけ
で、そこから先は、勝手に想像しんさいとゆ〜事か?              
 妻子有る男性を愛しとる女/息子の行く末を心配する母親/恩人にお礼がしたくて
いらん世話を焼く男/捨て子を引き取って育てる事で、生き甲斐を見つけようとする
女/強盗に銃で撃たれ、後遺症で片足が不自由になりながらも元気になると又、暴力
映画を制作するプロデューサー/少年の恋や悩み/と、あれもこれもと、下手したら
グチャグチャになりそうな多くのエピソードを、実に上手な構成でまとめあげとり、
2時間15分を一気に観せてくれるで〜。                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP