ユニバーサル・ソルジャー
UNIVERSAL SOLDIER
    
 1992年  米  カロルコ

 (108分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年5月21日

 監督:ローランド・エメリッヒ                       
 出演:ジャン・クロード・バン・ダムドルフ・ラングレン/アリー・ウォーカー
    /エド・オーロス/ジェリー・オーバック/他             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ベトナム戦争中、米軍のスコット軍曹(ラングレン)が狂い、回りの人間が皆敵に
見え、敵味方の区別なく虐殺する。                      
 ベトナム人の娘も殺そうとするんで、部下のリュック(バン・ダム)はそれを止め
ようとし、スコットと相撃ちして二人とも死んでしまう。            
 米軍はスコット軍曹の狂気の所業を隠蔽し、二人の死体を冷凍保存する。    
 30年が経過し、米軍の上層部で、死者を蘇生して、特殊部隊「ユニバーサル・ソ
ルジャー」を作る秘密のプロジェクトが組織されとり、スコットとリュックは、他の
戦死者と共に、その実験材料として蘇る。                   
 ソルジャー達は、頭部につけたコンソールから司令部へ双方向にデータ交換をしな
がら、感情も無く、指令通りに行動する。                   
 テロ集団が民間人を人質に取り、立てこもった建物内に、少人数で入り込み、短時
間でテロ集団を壊滅させ、人質救出に成功する事など、命の危険を顧みん彼等には、
朝飯前じゃった。                              
 その事件を取材しとった、女性TVレポーターのベロニカ(ウォーカー)は、ソル
ジャー達の行動に、軍の機密を感じ取り、特ダネを取ろ〜と、立ち入り禁止のソルジ
ャー部隊の基地に潜入する。                         
 そこで、テロに撃たれて死んだはずのソルジャーの死体が生き返るのを写真撮影す
るが、警備システムに潜入を関知される。                   
 ベロニカの逮捕命令で、スコットとリュックが行動するが、スコットがベロニカに
銃を向けたとたん、リュックはなくしたはずのベトナムでの過去の思い出が鮮烈に蘇
り、スコットの銃をたたき落とし、ベロニカと一緒に逃げる。          
 スコットもベトナム戦争中の凶暴な記憶が蘇り、裏切り者のリュックを追う。  
 極秘プロジェクトがバレるのを恐れたソルジャーの司令部も、ベロニカとリュック
を抹殺すべく、リュックの体内に埋め込まれた位置センサーで、二人の追跡を開始す
る。                                    
 ソルジャーは傷ついても驚異的な蘇生力が有るが、蘇生時に熱エネルギーを大量に
発生する為、体温が異常に上昇し動けんよ〜になる。              
 ソルジャーの肉体を維持する為には、定期的に低温室で身体を冷却し、特殊な血清
注射が必要じゃった・・・                          
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 SFバトル・アクション映画で、面白い!!                 
 ジャン・クロード・バン・ダムは元ヨーロッパ空手ミドル級チャンピオンで、ドル
フ・ラングレンも元ヨーロッパ空手ヘビー級チャンピオンとゆ〜二人が競演したアク
ション映画なんで、そりゃ〜も〜強烈なアクション・シーンがテンコ盛りじゃ。  
 この二人が格闘するシーンは、そんじょそこらの作り物の格闘映画とは違う、本物
の格闘技の迫力や緊張感を見せつけてくれる。                 
 ハード・アクションばっかしじゃ〜の〜て、ソルジャーの身体を冷却する為に、こ
の強健なサイボーグがやたら全裸になって笑わせてくれ、息抜きのバランスも良い。
 もっともわし、そっちの方の趣味は無いんで、あんまし男の尻は見たくないど〜、
わははははは・・・                             
 ソルジャーの移動司令基地となる巨大なトレーラーが実によ〜出来とり、おかげで
映画にリアリティが出て、この荒唐無稽な内容に、真実味を感じさせてくれるで〜。
 米軍(だけとは限らず、世界の軍隊)なんか、昔っから、陰で何を研究しとるか分
からんよ〜な所が有り、それは軍事機密とゆ〜厚いベールに隠されとるんで、その不
可解さからの恐怖感も有るね〜?                       
 こんな話でも、まんざらの大デタラメのホラ話じゃ〜の〜て、ヒョットしたらこれ
に近い事はやっとるんじゃ〜にゃ〜か?とかの疑心暗鬼な感情を、製作者達が抱いた
のを、チラチラと映画のコマの隙間からかいま見せてくれる。          
 それはともかく、そんなヒチ面倒な事を一々考えんでも、単純にドンパチのビシュ
バシュを楽しんだらえ〜で〜。                        
 とにかく、最後まで一気に観せてくれまっせ〜〜!!             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP