許されざる者
UNFORGIVEN
    
 1992年  米  ワーナー・ブラザース

 (136分)  内予告他5分

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年10月8日

 監督:クリント・イーストウッド                      
 出演:クリント・イーストウッドジーン・ハックマンモーガン・フリーマン/
    ジェイムズ・ウール・ベット/リチャード・ハリス/フランセス・フィッシ
    ャー/他                              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 1880年、ワイオミングの小さな町、ビッグウィスキー。          
 娼館で遊んどったカウボーイのマイクは、娼婦の態度に腹を立て、娼婦の顔をナイ
フでメッタ斬りにする。                           
 マイクの相棒のディビーが止めに入ったが、マイクの怒りはすごく、娼婦は瀕死の
重傷を負う。                                
 娼館のマスターが二人を捕まえ、この町の保安官のビル(ハックマン)に二人の処
分を委ねる。                                
 他の娼婦達は、自分達に危害を加える者に厳罰を下して欲しいと要望するが、ビル
は娼婦や賞金稼ぎのよ〜な、堅気でない仕事をしとる人間を人として扱わん性格で、
カウボーイ二人には馬7頭を娼館のマスターに弁償する事で示談にしてしまう。  
 仲間を瀕死の重傷を負わせた人間に対し、あまりの軽い罰に怒った娼婦達は、保安
官やマスターに内緒で、自分たちの蓄えを寄せ集め、二人のカウボーイの命に100
0ドルの賞金をかける。                           
 かつて、すご腕ガンマンで女子供も平気で殺す無法者として人に恐れられ、賞金稼
ぎをしとったウィリアム・マニー(イーストウッド)も十年前、優しい妻と一緒にな
ってからは人が変わったように真面目になり、すっかり堅気になり、田舎で農業をし
ながらひっそりと暮らしとった。                       
 3年前、その愛妻を亡くしてからは、息子と娘はまだ幼く、初老にさしかかったマ
ニーの生活は、より苦しくなった。                      
 ある日、昔の賞金稼ぎ仲間の甥とゆ〜キッド(ベット)が現れ、娼婦の懸けた賞金
の話をし、一緒に賞金稼ぎをしようとマニーを誘う。              
 子供の将来に供えて、まとまった金が欲しかったマニーは、十年ぶりに銃を持ち、
何年も乗っとらん馬に乗り、昔の賞金稼ぎ仲間のネッド(フリーマン)を誘って3人
でビッグウイスキーに向かう。                        
 しかし、保安官のビルやマスターも娼婦達の賞金の事を知り、町にやって来る賞金
稼ぎは、徹底的にやっつけて追い出す事にしとった。              
 英国人の賞金稼ぎイングリッシュ・ボブ(ハリス)も、町に到着早々、ビルに手ひ
どい歓迎を受け、ほうほうの体で逃げだす。                  
 そんな事とは知らん3人が町に到着するや、早速マニーはビルに傷めつけられ、重
傷を負ってしまう・・・                           
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 久々の本格的西部劇で、非常に面白い。                   
 この映画、1992年度のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、編集賞、助演男優賞
(ジーン・ハックマン)の4部門を獲得した。                 
 「シェーン」(1953年/監督:ジョージ・スティーブンス)のように、後半に
決闘アクションが集中するが、それまでもジックリと見せてくれるで〜。     
 もっとも「シェーン」のような勧善懲悪じゃ〜なく、この映画のどのキャラクター
もちょっとずつ悪く、ちょっとずつ良いとゆ〜、ごく普通の人間ばかりが、命のやり
とりをしてしまうとゆ〜、人間ドラマとしても見応え十分じゃ。         
 主役の老境のガンマンは、もう二度と銃は持たんと誓ったが、子供の為にこれを最
後に人は殺さんと言いながら、賞金目当てに、怨みもない人間を冷酷に射殺するし、
保安官は自力で家を建て悦に入っとる普段はえ〜人間で、すご腕の保安官として、町
の人間には頼りにされとるが、娼婦や賞金稼ぎを、人と思わん視野の狭い人間でも有
る。                                    
 カウボーイの一人は一時の過ちを悔いて、娼婦に賠償として馬をやろうとするえ〜
所も有ったりする。                             
 娼婦達は、カウボーイに怨みが有るとしても、将来の有る若者の命に賞金をかけて
まで復讐せんでも、とも思え、こ〜なるとどっちが本当に悪いんか分からんよ〜にな
って来る。                                 
 こ〜ゆ〜風に、登場人物が皆、完全無欠じゃ〜ないとゆ〜状態なんで、よりリアル
に感じられるで〜。                             
 ヨボヨボのガンマンを演じる、クリント・イーストウッドはすごい演技じゃ。  
 これまで多くの恰好良い(?)ガンマンや、敏腕刑事を演じ続けたイーストウッド
が、老醜をさらけ出しての演技は鬼気迫るものが有る。             
 また、監督としてもアカデミー監督賞を受賞したのを見ても分かるよ〜に、確かな
演出で、この映画を重厚にズシリとした物にまとめ上げとる。          
 競演のジーン・ハックマンの保安官もすげ〜演技じゃし、モーガン・フリーマンも
相変わらずえ〜味を出しとる。                        
 ドキドキ、ハラハラさせてくれ、最後まで目が離せず、ちょっと長めじゃが、一気
に観せてくれる。                              
 なんともすごい西部劇じゃ。                        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP