釣りバカ日誌7
    
 1994年  日本  松竹

 (103分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiモノラル  ビスタサイズ

 ビデオリリース日:1995年7月21日

 監督:栗山富夫                                                            
 出演:西田敏行三國連太郎浅田美代子名取裕子/寺尾聰/谷啓/中本賢/戸
    川純/加藤武/前田武彦/竜雷太/他                 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 出張の仕事もそこそこに、ハマちゃん(西田)とスーさん(三國)は越前(福井県
)の岩場で磯釣りを楽しんどった。                      
 離婚したての歯科医・彩子(名取)は、福井に住む別れた夫(寺尾)に娘を会わせ
とる間の時間潰しに一人で観光しとった海岸でハマちゃん達と知り合い、初めての釣
りを体験する。                               
 東京に帰ったスーさんは、急な歯痛に襲われ、近くの歯科に飛び込むと、そこの女
医が彩子じゃった。                             
 彩子は離婚の気晴らしに、本格的に釣りをしてみようかと、偶然再会したスーさん
に相談する。                                
 スーさんは美人の女医の申し出に、喜んで釣り道具を見立てて揃え、次の日曜に二
人だけで舟釣りに出掛ける約束をする。                    
 その夜、ハマちゃんがスーさんの家に電話して、次の日曜に一緒に釣りに行こうと
誘うが、スーさんは抜けがけの彩子との約束が有ったので、丁度その日は香港に出張
じゃと、つい嘘をついてしまう。                       
 そんな嘘はすぐバレてしまい、ハマちゃんは怒ってスーさんと絶交し、嘘をつかれ
たショックで断釣宣言をしてしまい、生きる張り合いを無くしたハマちゃんは、とう
とう辞表を提出する騒ぎに・・・                       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 サラリーマン・コメディで、いや〜、笑わせてくれる。            
 この作品で、「釣りバカ日誌」も8作目となり、いよいよ脂が乗って来たね〜? 
 栗田富夫監督も手なれた作りで、西田敏行と三國連太郎との息もピッタリで、ツボ
を押さえた演出で、気持ち良く笑わせながら、最後まで一気に観せてくれる。   
 ハマちゃんとスーさんの仲が危機一髪になるのは、これまでも何度も有ったが、今
回のはかなり切実で、結構ハラハラさせてくれる。               
 最初「男はつらいよ」の併映作品として作られながら、昨年夏は、「スペシャル」
版も出来るほど人気が高くなり、最近じゃ〜こっちを目的に映画館に行く人が多いの
かもしれんね〜?                              
 今回から、みち子役がこれまでの石田えりから浅田美代子にバトン・タッチされた
が、違和感は無い。                             
 わしとしては、石田えりが良かったが、代わったものはしょうがないんで、これか
らは浅田美代子に頑張ってもらわんとね〜?                  
 なお「釣りバカ日誌7・1/2」とゆ〜、この映画のメイキング・ビデオもレンタ
ル店に有るので、併せて観ると面白いで〜。                  
 何にしても、安心して気楽に観れるコメディじゃね〜。            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




TOP