天使の贈りもの
THE PREACHER'S WIFE
    
 1996年  米  タッチストーン

 (131分) 内予告他7分

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド  コピーガード仕様

 ビデオリリース日:1997年5月16日

 監督:ペニー・マーシャル                         
 出演:デンゼル・ワシントンホイットニー・ヒューストン/コートニー・B・バ
    ンス/グレゴリー・ハインズ/他                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 大都市の下町に在る貧乏教会の牧師ヘンリー(バンス)は、借地しとる教会の土地
が不動産屋から立ち退きを求められとり、困っとった。             
 ダウン・タウンの貧しい人たちの寄付だけじゃ〜どうにもならず、なおかつ、貧し
い人たちの抱える問題の解決に日夜心血を注いどったが、最近自分の非力さに、限界
を感じるようになった。                           
 そんな彼のもとに、クリスマスが近いある日、天使のダドリー(ワシントン)がや
って来る。                                 
 ダドリーは自分が天使じゃとヘンリーに言うが、信じてもらえん。       
 しょうがないんで人間の姿をしたダドリーは、無理矢理ヘンリーの助手になって、
とりあえず教会の手伝いを始める。                      
 ダドリーは奇跡でヘンリーを助けたりせず、アドバイス程度のほんの少しだけ手助
けをするだけ。                               
 ヘンリーの妻で、教会のゴスペル歌手をしとるジュリア(ヒューストン)は、多忙
人間のヘンリーに対し欲求不満が溜まっとったが、神父の仕事を熱心にする夫を誇り
に思おとった。                               
 ヘンリーも妻や子供をかまってやれん事を気にかけとったが、困った人の相談に乗
るのが忙しいため、ダドリーにジュリアの相手を頼む。             
 ダドリーはジュリアの気晴らしに、昔ヘンリーとジュリアがデートした店で、デー
トをする。                                 
 二人の心に、ほのかに恋愛感情が芽生えるが、しょせんは禁じられた愛。    
 やがてヘンリーも二人の感情の変化に気づき、嫉妬するようになる。      
 内外共に問題をかかえ、心労がピークに達したヘンリーは、うっかり不動産屋の口
車に乗ってしまい、教会の立ち退きを承諾する・・・              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ハートフル・ラブ・ファンタジーで、ほのぼのと観せてくれる。        
 ペニー・マーシャル監督は、このラブ・ロマンスとも呼べん、何も大した事件が起
きず、起伏のほとんど無い内容を、それでもグイグイとひきつけたまま最後まで一気
に観せてくれる。                              
 この辺は、キャスティングや音楽の楽しさが、かなり効いとるね〜。      
 女性監督ならではの、映画の奥底にホンワカとしたものを感じられ、まったくこれ
はクリスマス・シーズン向けの内容じゃ。                   
 主演の天使役のデンゼル・ワシントンは「戦火の勇気」で、ちょっと太めになっと
りたまげたんじゃが、この映画の方が出演時期が古いのか(?)、そんなに太めでな
く、「戦火〜」を観てから、この映画を観る前までは、あんまし太った天使じゃ〜、
動きがにぶそうで有り難味が無いの〜、と思おとったんが杞憂じゃった。     
 気負いの無い淡々とした抑えた演技で、主演が目立たんのも良い。       
 ホイットニー・ヒューストンは、バラードからゴスペルまで、映画の中のほとんど
の歌をこなしとり、ファンにとってはたまらんね〜?              
 助演なんじゃが、主役級のコートニー・B・バンスが非常に良い。       
 アカデミー俳優のワシントンの演技に比べても、優るとも劣っとらん。     
 相変わらず子役もうまく、全体的に奇麗にまとまっとる。           
 ま〜逆に言えば、奇麗にまとめすぎとり、もうちょっと起伏が欲しい感じがせんで
も無い。                                  
 悪役も極端に悪いやつがおらず、映画の中で唯一の悪者、不動産会社の社長ですら
どの程度悪いやつなんか描写が少ないんで判りにくく、盛り上がりに欠けるきらいは
有るものの、ハート・ウォーミングな映画なんで、これはこれで良いのか?    
 ストーリーがあまりにもストレートなんで、結末が予想出来てしまうのも淋しい。
 じゃが、映画としては全体的に丁寧な作りで音楽も良く、クリスマス・シーズンの
風景映像も奇麗で、バランスは非常に良いので、この手の映画のお好きな人はご覧下
しゃ〜。                                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP