ドリーム・ゲーム/夢を追う男
TALENT FOR THE GAME
    
 1991年  米  パラマウント

 (99分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1992年9月25日

 監督:ロバート・M・ヤング                        
 出演:エドワード・ジェームズ・オルモスロレイン・ブラッコ/ジェフ・コルベ
    ット/他                              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 米大リーグ・エンジェルスの元キャッチャー・バージル(オルモス)は、デッドボ
ールを受け、走るとめまいがする後遺症の為、現役を引退し、今はエンジェスルのス
カウトマンをしとった。                           
 オーナーが代わり、野球をビジネスとしか考えず、経費節約の為、スカウトマンの
削減を打ち出す。                              
 それまで目立った手柄の無いバージルなんかは、一番にリストラの対象となり、何
とか良い選手を見つけようと焦る。                      
 全米を一人で、古い車を駆って評判の選手を見て回るが、そう簡単に大リーグ・ク
ラスの選手が見つかるはずがにゃ〜。                     
 バージルの恋人(ブラッコ)はエンジェルスのオーナー秘書をしとった。    
 次に見に行く選手の居る所は遠いので、バージルは久し振りに恋人と二人で旅に出
るが、車が故障してしまい、イリノイの片田舎で立ち往生する。         
 町まで歩く途中、野球場が有り、そこで地元のアマチュア野球を観とると、豪速球
を投げる若い投手がおった。                         
 その町で牧師をしとる家の息子で、20歳のサミー(コルベット)じゃった。  
 早速、両親の説得にかかり、母親の後援で、反対する父親を説得し、サミーをロス
に連れ帰り、球場でサミーの投球をオーナーや監督・コーチ達に見せる。     
 最初、球場の大きさや、大リーガー達の前でアガったサミーは、ノーコン投球をす
るが、サミーの球を受けるバージルの助言で落ちつき、チーム1のバッターを163
キロの速球で空振りの山を築き、オーナーにサミーの力を認めさせる。      
 ビジネスに結びつけてしか物を考えんオーナーは、サミーをスーパー・ルーキーと
して大々的に売り出し、現在低迷中のチームの人気復活を図ろうとする。     
 その為、記者会見で、今までリトルリーグの記録さえないサミーを、いきなり1週
間後の強豪チーム戦の先発に起用する、と予告して話題になる。         
 バージルはせっかくの逸材のサミーを大事に育てて欲しい、と球団代表に言うが、
オーナーの決定は覆せん。                          
 特訓が始まるが、シンデレラ・ボーイの出現に、チームの同僚選手からもサミーに
反感を持った声があがり、若いサミーはそれを知り、落ち込む・・・       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 テレビ用として製作された映画じゃが、実に良く出来とる。          
 野球のスカウトマンの苦労と、新人選手の育成を上手にミックスしてサラリと観せ
てくれる。                                 
 主演のエドワード・J・オルモスはガチャガチャの顔のに、段々カッコ良く見えて
くるけ〜、すげ〜の〜?                           
 デッドボールの後遺症で、首位打者をとった事もある有望な選手がいきなり引退し
、その後の人生をスカウトマンとして新人発掘を生甲斐にしとる男を、この独特のキ
ャラクターをうまく生かして演じとる。                    
 新人のジェフ・コルベットは父や兄がプロ野球選手じゃそ〜で、ピッチングフォー
ムもさすがにそんな環境で育った青年らしく、さまになっとる。         
 しかも、ユニフォーム姿が不自然で無く、爽やかな新人選手のイメージもピッタリ
とハマっとる。                               
 後半、ゲームでハラハラさせてくれるスポーツ物映画の定番パターンになっとり、
緊張感と定番ゆえの安心感のバランスが良いので、楽しませてくれる。      
 ゲームになってからの描写は、ほんまにゲームを観とるよ〜な時間経過で展開し、
戦況を丁寧に描いとるけ〜、一層盛り上がる。                 
 わしのよ〜な野球ファンは、感情移入して必死で声援を送ってしまうで〜。   
 いや〜、一気に観せてくれるし、最後の最後に盛り上げてくれるしで、ほんまに面
白いスポーツ映画じゃ。                           
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP