ジャック・サマースビー
SOMMERSBY
    
 1993年  米  ワーナー・ブラザース

 (119分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年12月3日

 監督:ジョン・アミエル                          
 出演:リチャード・ギアジョディ・フォスタービル・プルマンジェームズ・
    アール・ジョーンズ/他                       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 1860年代の南北戦争終結直後のアメリカ南部の小さな田舎町ヴァイン・ヒル。
 ここの大地主ジャック・サマースビー(ギア)は南軍の兵士として出征し、6年ぶ
りに帰郷する。                               
 出征する前のジャックは徹底した白人至上主義者で、乱暴者で、デタラメな生活態
度で、妻のローレル(フォスター)にも暴力を振るう為、寝室は別々で夫婦の絆は切
れかかっとった。                              
 ジャックが戦死したものと思おとったローレルは、畑の手伝いを続けてくれとった
傷痍軍人のオーリンと来年結婚する約束をしとった。              
 ローレルは穏やかな今の生活が、ジャックの帰還で、また前のよ〜な荒れた生活に
なるんじゃ〜ないかと危惧し、夫の無事を素直に喜べんかった。         
 しかし、帰って来たジャックは、黒人奴隷達を人間として扱いし、ローレルや息子
のロバートにも優しくて、生活態度も真面目で、まるで別人のよ〜になっとった。 
 そんなジャックの行動に不信を抱きながらも、ローレルは幸せな日々を送る。  
 結婚の約束を反故にされたオーリンは、ジャックが昔とまるっきり変わった事を訝
り、顔の良く似た別人じゃ〜ないかと疑いを持つ。               
 ジャックは、小作人や黒人奴隷に土地を分ける事を約束し、北軍の摂取を免れた隠
し財産の家宝を供出させ、それを売って資金を作り、タバコの栽培を始める。   
 やがて、ローレルとジャックとの間に娘レーチェルが産まれ、ローレルはこの幸せ
な生活が続くよ〜にと願っているところに、隣町から保安官が現れ、昔の殺人事件の
犯人としてジャックは逮捕され、隣町に連行され裁判になる。          
 ジャックが間違いなく本人なら、自らの犯した殺人事件の犯人として絞首刑間違い
なしで、もし別人なら殺人事件は無罪で命は助かるが、小作人や黒人奴隷との契約は
反故となり、今の幸せな家庭も失ってしまう・・・               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 え〜の〜、え〜の〜。                           
 こ〜ゆ〜、ジックリ観せてくれる映画はほんまにえ〜の〜。          
 時代背景は西部劇の時代なんじゃが、アメリカのかかえる人種差別の根源に鋭く迫
っとり、単なる愛情物語に終わらせとらん所が良い。              
 ジョン・アミエル監督はイギリス人じゃが、米国の根底にある人種差別をうまく表
現しとり、2時間近くを最後まで一気に観せてくれる。             
 特に、後半の裁判シーンにはハラハラさせられるで〜。            
 「マルタンゲールの帰還」(仏)のリメイク版ともいえるこの映画を、主演のリチ
ャード・ギアは共同製作総指揮もしとり、全編を通して控えめじゃが、しっかりした
演技で魅せてくれる。                            
 ジョディ・フォスターがまた地味じゃが迫力の有る演技で、特に後半の感情を爆発
させるシーンなんか迫真の演技で、そ〜での〜てもアカデミー賞2度受賞とゆ〜彼女
の演技力にますます磨きがかかっとり、ファンの一人としては喜ばしい限りじゃ。 
 しかし、アメリカの映画人は幸せじゃね〜?                 
 1860年代当時を思わせる風景が残るロケ地が有るんじゃもんね〜。     
 日本じゃ〜、高圧鉄塔や人家の無い風景を撮るには、ロケ地が限定されてしまい、
どの映画も似た背景になってしまう。                     
 この映画は、「ダンス・ウィズ・ウルブス」(1990年/米/監督:ケビン・コ
スナー)や「ラスト・オブ・モヒカン」(1992年/米/監督:マイケル・マン)
とはまた違った背景の中で撮影されとり、セットや衣裳等の時代考証も素晴らしく、
19世紀半ばの米国南部の雰囲気が画面から滲み出とり、ほんまに見事なもんじゃ。
 また、画面の色あいがシットリとして、これも映画のストーリーと最高にマッチン
グして、より一層映画を味わい深い物にしてくれとる。             
 後味の良い映画なんで、腰を据えて、しっかり見て下しゃ〜ね。        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP