硝子の塔
SLIVER
    
 1993年  米  パラマウント

 (112分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年4月22日

 監督:フィリップ・ノイス                         
 出演:シャロン・ストーンウィリアム・ボールドウィントム・ベレンジャー/
    他                                 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ニューヨークの出版社に勤務する、女性編集者のカーリー・ノリス(ストーン)は
、最近離婚し、心機一転の為、高層マンションに越す。             
 カーリーの越した部屋は、マンションの上層部で、眺めは抜群じゃった。    
 同じマンションに住むNY大学のガス講師が、カーリーの部屋の先住者じゃった女
性のナオミは、部屋から飛び降り自殺をしたと言われとるが、他殺の疑いが有ると教
えてくれる。                                
 そのガス講師は、ほどなく自室のシャワー室で首の骨を折って死んどるのが発見さ
れ、カーリーは、このマンションが出来てから、もう何人も変死しとる事を昔の新聞
を調べて知り、マンションに殺意の影を感じる。                
 同じマンションに住む小説家のジャック(ベレンジャー)が、カーリーに交際を申
し込んで来る。                               
 カーリーは、隣の部屋に住むダンサーのヴァイダと、ジャックが親しそうなのを目
撃するが、パーティで同席したジャックとヴァイダは、お互い初対面同士の人間の挨
拶をするのを見て、カーリーはジャックを不審に思う。             
 カーリーの部屋に誰かから望遠鏡が贈られて来て、他のマンションの部屋を覗く刺
激的な楽しみを知るが、このマンションは全室、隠しビデオ・カメラで覗き見されと
る事を、誰も知らんかった。                         
 ホテル王の息子でマンションのオーナーのジーク(ボールドウィン)が、カーリー
に接近して来て、二人はまたたく間に恋人同士になる。             
 そして、ジークの部屋で、マンションの各室がモニターされとるのを知り、カーリ
ーはジークに変質的性癖を感じる。                      
 ジークとの仲を横恋慕するジャックから、ジークがナオミと付き合っとったと知ら
され、カーリーはジークにナオミ殺害の疑いを抱くよ〜になる。         
 しかし、ヴァイダがマンションの階段室で殺され・・・            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 エロティック・ミステリー映画で、面白い。                 
 フィリップ・ノイス監督はお得意のサスペンス映画を手際良くまとめとり、ストー
リー展開も判りやすく、最後まで一気に観せてくれる。             
 また、「氷の微笑」(1992年/米/監督:ポール・バーホーベン)のよ〜に、
凝った作りの犯人が誰なのか良く判らんよ〜な結末で無いのは、わしのよ〜に単純明
快な内容好む単細胞の人間には実に具合が良い。                
 主演のシャロン・ストーンは相変わらずの体当たり演技で、ますます艶っぽくなっ
た肢体を、惜しげもなくさらけ出しての熱演は、ファンは元より、ファンでなくても
うれしくなってしまうで〜、ほんまに。                    
 う〜、ジュル、ジュル(をっと、ヨダレが)・・・              
 それはともかく、共演のウィリアム・ボールドウィンはいつものごとく色男で、お
まけにいつものごとく何とも頼りなさそうで、しかもどことなく怪しい雰囲気を漂わ
せ続けとり、この役にピッタシじゃ。                     
 もう一人の共演者、トム・ベレンジャーはさすがに芸達者で、実体不明の怪しいと
ころを常に感じさせる作家を巧演しとる。                   
 セクシャル・イメージばっかしが先行しとるが、スリラーとしての構成や展開は実
に良く出来とるんで、女性の方も是非ご覧下しゃ〜。              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP