七小福/夢に生きた子供達
七小福 : PAINTED FACES
    
 1988年  香港  ゴールデン・ハーベスト

 (113分)

 Hi−Fiモノラル

 ビデオリリース日:1992年8月21日

 監督:アレックス・ロー                          
 出演:サモ・ハン・キンポー/ラム・チェンイン/チェン・ペイペイ/ヤン・ミン
    ヒェン/他                             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 1960年ごろ、香港の片隅にユー先生(キンポー)が開校した中国京劇学校が有
った。                                   
 ここでは、貧しい家庭で生まれ育った多くの小さな男の子達が、京劇の基礎となる
身体の動きを覚える為の厳しい訓練を毎日積んどった。             
 ある日、母親に連れられてロンとゆ〜男の子が学校にやって来る。       
 両親が外国に出稼ぎに行く為、母親はロンを学校に預ける契約をする。     
 契約内容は、期間10年間、舞台出演収入は学校のものになる、衣食住は無償供与
、訓練は体罰を厳しく行いそれによる怪我や死亡の責任は問われず補償もしない、特
別な理由なく退校は認めない、という非常に厳しいもんじゃった。        
 学校に入ったロンは、いつも言うことを聞かず年長のサモの手を焼かす。    
 繁華街の劇場に京劇子供劇団として出演する為、市内を集団移動しとると、同年代
の子供達から、からかわれ、蔑まれ、罵声を浴びるが、先生に怒られるんで皆ジッと
がまんして劇場に向かう。                          
 芝居はサモの失敗や小さいユンが居眠りして出番に遅れたりして、散々の出来で、
先生の怒りを買い、全員その日の夕食は抜きにされた。             
 夜中、あまりの空腹にサモとロンは、宿舎を抜けだし、隣の家の干し芋を盗んで料
理しとるところをユー先生に見つかり、竹で散々叩かれる。           
 ユー先生と北京で京劇を一緒に学んだアワンは、今は京劇をやめ、その動きの俊敏
さを買われ、香港映画のスタントマンをやっとった。              
 アワンは時々学校に来て、昔自分も受けた厳しい訓練を受ける生徒の気持ちを察し
、生徒に息抜きをさせてやる為、ユー先生を飲みに連れ出す。          
 先生が外出するや、皆その年齢の普通の子供達に戻り、大はしゃぎし、時にはハメ
を外し、いつも自分達をからかう子供との喧嘩も思いっきりやった。       
 数年経ち、青年になった生徒達は皆演技が上達し、客からも喝采を浴びるようにな
ったが、エレキ・ギターやビートルズといった新しいものに若者の関心が集まり、京
劇の客は減る一方。                             
 伝統芸能を何とか保存して行きたいと思うユー先生も、学校を維持する為の舞台出
演が減り、苦慮しとった。                          
 女性ばかりで行う広東歌劇団から、京劇の若者を武者役で使わせてくれとゆ〜依頼
が有り、先生はサモとロンを連れて広東歌劇団に行くと、そこに居た可愛い女の子に
、年頃になったロンは一目惚れする・・・                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 非常〜に良い出来の映画じゃ。                       
 香港映画に有りがちな、ご都合主義的なところは無く、ちゃんとした脚本(=映画
「誰かがあなたを愛してる」のメイベル・チャン監督による実にまとまった作品にな
っとる。                                  
 香港映画界を背負う、サモ・ハン・キンポー(サモ)やジャッキー・チェン(ロン
)やユン・ピョウ(ユン)が少年時代一緒に学んだ頃の実話を基にしとるだけに、描
写のひとつひとつが本物の味わいを見せてくれる。               
 彼らの厳しい修行時代を、懐かしむような感じに出来上がっとる。       
 実際は、ほんまに辛い時代じゃったはずじゃが、それをあまり前面に出しとらんと
ころがえ〜の〜。                              
 サモ・ハン・キンポーが当時は恨みもした事もあるじゃろ〜、自分を厳しく指導し
てくれた先生を、いつものとぼけた表情は一切見せず、愛情溢れる眼差しをしながら
も鋭い演技をやっとり、映画全体がキリリと引き締まっとる。          
 蛇足じゃが、劇中劇で、京劇の出し物の中でもわしが特に好きな”孫悟空”がチラ
リと見れて楽しかった。                           
 自叙伝的内容で、しかも香港のアクション俳優の事なんで、興味の無い人にとって
は、あまり食指の動かん映画かもしれんね〜?                 
 じゃが、わしは、彼らの俊敏な動きや観客へのサービス精神の源を見せてくれとる
この映画を、興味深く最後まで一気に観たで〜。                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP