天使にラブ・ソングを・・・
SISTER ACT
    
 1992年  米  タッチストーン

 (110分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年9月27日

 監督:エミール・アルドリーノ                       
 出演:ウーピー・ゴールドバーグハーベイ・カイテルマギー・スミス/キャシ
    ー・ナジミー/ビル・ナン/他                    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ネバダ州のカジノの町リノで、クラブ歌手をしとるデロリス(ゴールドバーグ)は
、カジノホテルの経営者でマフィアのボス・ビンス(カイテル)の愛人じゃった。 
 しかし、ビンスと子分が、彼らの運転手を警察への内通者として射殺する現場にデ
ロリスが遭遇した為、身の危険を感じたデロリスはすぐその場から逃走し、警察に逃
げ込む。                                  
 サザー警部補(ナン)は、ビンスの麻薬取引や悪事に目をつけ内偵しとったんで、
デロリスを証人にしたらビンスを逮捕出来ると喜ぶ。              
 裁判までの2カ月間、サザー警部補はデロリスに安全保護の為、サンフランシスコ
のダウンタウンに有る修道院に、尼僧に化けて隠れるよ〜指示する。       
 その修道院の神父とマザー(スミス)以外にはデロリスの身元を伏せ、他の修道院
から来た尼僧とゆ〜事にして、名前もメアリー・クラレンスと変える。      
 新米シスターになったのはえ〜が、修道院の朝は早く、信仰に明け暮れる地味な生
活は、今まで派手な世界で気ままな暮らしをしとったデロリスには馴染めん上に、日
曜のミサに出席すると、シスター達で構成された聖歌隊の歌のひどさに閉口する。 
 デロリスが聖歌隊の練習を指導するよ〜になった途端、今までバラバラじゃったコ
ーラスがハーモニーを奏でるよ〜になり、おまけにデロリスのロック風アレンジの聖
歌に、日曜のミサは盛り上がる。                       
 聖歌隊の歌にひかれて、ミサの参列者も増え、修道院の尼僧による地域活動も活発
に行うよ〜になり、修道院の人気は徐々に高まって来る。            
 法王が聖歌隊の評判を知り、訪米の折この修道院に立ち寄るとの情報が入り、皆張
り切って練習する。                             
 デロリスの行方を懸賞金をつけて探しとったビンスの所に、デロリスが修道院にお
ると通報が入り、早速ビンスは子分をその修道院に向かわせ、デロリスを拉致し、リ
ノに連れ帰る。                               
 法王の前での晴れ舞台を前にした、一番大事な時にデロリスを誘拐され、彼女がお
らんと何も出来んシスター達は、デロリスをギャングから取り戻そうと、全員でリノ
に向かう・・・                               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ナンセンス・コメディで、派手なドタバタ・ギャグは無いが面白い。      
 なんせウーピー・ゴールドバーグが愛人とゆ〜設定自体が奇抜で、しかも尼僧にな
るとは似合わん事甚だしいが、そこが楽しい。                 
 自由気儘に暮らして来た黒人女性が、いきなり戒律の厳しい白人女性ばっかしの修
道院に一人で放り込まれ、カルチャーショックでオタオタする様は笑ってしまう。 
 彼女自身の歌も聞けるが、そんなに抜群の上手さは無いが、これが意外に聞かせて
くれる。                                  
 ほんまにウーピー・ゴールドバーグは芸達者じゃね〜?            
 エミール・アンドリーノ監督は、分かりやすい構成で、スッキリとまとめとり、最
後まで一気に観せてくれるで〜。                       
 何も考えんでもえ〜、こ〜ゆ〜単純なコメディは気分転換にえ〜ね〜?     
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP