ルームメイト
SINGLE WHITE FEMALE
    
 1992年  米  コロムビア

 (115分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年8月21日

 監督:バーベット・シュローダー                      
 出演:ブリジット・フォンダジェニファー・ジェイソン・リー/他      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ニューヨークで女性コンピュータ・SE兼プログラマーとして独立して一匹狼で働
くアリソン(フォンダ)は、恋人サムが浮気したのを知り、彼と喧嘩別れをする。 
 恋人をなくした傷心のアリソンは、今まで何ともなかった一人暮らしが急に淋しく
感じられるよ〜になり、淋しさを紛らす為、同性のルームメイトを置こうと考える。
 新聞広告でルームメイト募集をし、応募者の中から、一番おとなしそうで、自分と
相性が合いそうなヘドラ(リー)を選び、一緒に暮らし始める。         
 ヘドラは口数も少なく、おとなしく、生活態度もまじめで、ルームメイトとしては
理想的に思えた。                              
 しかし、ヘドラはサムがアリソンに詫びた手紙を隠匿したり、留守番電話の内容も
だまって消してしまうよ〜な、異常さを隠し持った女性じゃった。        
 二人はお互いの持ち物や服を共用するほど気を許すよ〜になる。        
 すると、ヘドラはアリソンと同じ髪型にし、本来黒髪じゃったのを、アリソンと同
じ赤毛に染め、化粧も真似し、アリソンそっくりになる。            
 ヘドラに異常さを感じたアリソンは、ヘドラの実家に電話して、彼女の事をたずね
ると、ヘドラには秘められた過去が。                     
 更に、アリソンがサムとヨリを戻しそうになると、それを邪魔する為、ヘドラは過
激な行動をはじめる・・・                          
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 サイコ・サスペンスで面白いで〜。                     
 冒頭、いきなり激しいベッドシーンなんかが有るんで、これは只のエロティック映
画かと思っとると、これが大違い。                      
 最初のうちはそんな感じで進んどるが、中盤からサイコサスペンスの本領発揮で、
不気味な雰囲気が滲みはじめ、後半はグイグイ引っ張ってくれ、見応え充分な作品に
なっとる。                                 
 ブリジット・フォンダのアリソンは一人で仕事をする女性ながら、誰かがそばにお
らんと淋しくてたまらんとゆ〜女性で、女っぽい役じゃが、後半、ヘドラと対決する
にはそんなナヨナヨしちゃ〜おれんとばかり、ふるい立って対決するとゆ〜、結構む
ずかしい役を好演しとる。                          
 ジェニファー・ジェイソン・リーも、おとなしそうなルームメイトが、やがて嫉妬
にかられて殺人を始めるとゆ〜、狂気の女性役を熱演しとる。          
 これは前半の冗長した展開に比べ、後半はテンポがものすごく良く、前半は只のラ
ブストーリー的な雰囲気なんじゃが、後半はオドロオドロした雰囲気になるとゆ〜、
前半と後半ではまるで違った映画になるんで、そのギャップが実に素晴らしい!? 
 ホラー映画とは違った恐怖を感じられる映画で、これは大人のあなたにお勧めしま
す。                                    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP