ポカホンタス
Pocahontas
    
 1995年  米  ウォルト・ディズニー

 (90分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1996年9月13日

 監督:マイク・ガブリエル/エリック・ゴールドバーグ            
 声 :メル・ギブソン/アイリーン・ペダート/デビッド・オグデン・スティアー
    ズ/クリスチャン・ベール/リンダ・ハント/他            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 17世紀の初め、アメリカ大陸には先住民族のインディアン達が、自然と上手に付
き合いながら、心豊かな生活を営んどった。                  
 パウアタン族の首長の娘ポカホンタスは、部族の勇士ココアムから求婚されるが、
ポカホンタスは平凡な暮らしで一生を送る事に疑問を抱き、結婚に悩んどった。  
 その頃、ヨーロッパ各国は、新天地アメリカ大陸に領土と資源確保の為、競って人
間を送り込もうとしとった。                         
 イギリスも植民地を獲得する為、初のアメリカ探検船を仕立て、探検隊員兼任の船
員を募り、出航する。                            
 アメリカ探検隊員の一人、探検家のジョン・スミスは、豊富な冒険旅行の体験と勇
敢さで知られ、他の隊員の人望も厚かった。                  
 探検隊指揮官のラトクリフ総督は、アメリカ大陸に上陸するや、その地をすぐさま
領有地宣言し、時のイギリス国王の名前からジェームス・タウンと名付け、森を切り
開いて砦を築き、金を探し始める。                      
 ポカホンタスは、イギリス船の大きな白い帆を見つけ、好奇心から砦の近くにやっ
て来て様子を伺っとると、付近の地形調査を一人で行っとったジョンと、ばったり遭
遇し、二人はお互いに運命的な出会いを感じる。                
 全然違う環境で育った二人の価値観は大きく異なり、互いが相入れぬ文化を持った
人間と知りつつ、何故か引かれ合う。                     
 集落の近くに、初めて見る人種が来たのを知ったパウアタン族は、偵察に行った若
者が自分達の知らん武器(銃)で傷つけられ、首長は危険な侵略者を排除しようと考
え、近くの部族に応援を要請する。                      
 首長に女子供は集落から出る事を禁じられるが、ジョンと内緒の逢瀬を約束しとっ
たポカホンタスは、禁を破り沼地の柳の下にやって来る。            
 ジョンもポカホンタスと会う為、砦をこっそり抜け出るが、ジョンの行動を不審に
思ったラトクリフ総督は、船員の一人で若いトーマスに後をつけさせる。     
 勇士ココアムもポカホンタスの身を心配して柳のところまで探しにやって来て、ポ
カホンタスとジョンの密会現場を目撃する・・・                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 美しい音楽満載のラブ・ロマンス・ミュージカルで、すごい!!        
 なんせ、今年のアカデミー賞、作曲賞(ミュージカル部門)と「カラー・オブ・ザ
・ウィンド」で主題歌賞を受賞しただけ有り、音楽の素晴らしさは折紙付きじゃ。 
 わし、アニメで久しぶりに感動した。                    
 それも、俳優が演技する実写映画と同じような感動を受けた。         
 最初、これまでのディズニーのアニメ・キャラクター(美男・美女)と比べ、あま
りに異質なポカホンタスの容姿に違和感を覚えたが、その感じは映画が進行すると共
にドンドン薄れ、最後は、あ〜このキャラクターじゃったけ〜、これほどの感動が得
られるんじゃね〜?と理解出来た。                      
 ラブ・ロマンスの内容をミュージカル仕立てにしとり、あの名作ミュージカル「ウ
エスト・サイド物語」(1961年/米/監督:ロバート・ワイズ/出演:ナタリー
・ウッド/リチャード・ベイマー/他)と、完全に別物ながら、どことなく似通った
ところを感じる。                              
 実際、イギリス人とパウアタン族が、それぞれ同時に戦いに出発するシーンは、「
ウエスト・サイド物語」の中で、”ジェット団”と”シャーク団”が決闘に出掛ける
カットバック多用のシーンを彷彿させてくれ、興奮したで〜わし。        
 ポカホンタスのペットのアライグマのひょうきんな仕種も楽しく、お節介なハチド
リの性格も良く表されとり、嫌われ役の総督とその愛犬も、見事に映画を引き立てと
り、古い柳の木の精霊のお婆さん風のイメージもピッタシで、描かれたキャラクター
が皆生き生きしとり、浮いたキャラクターが無いのも素晴らしい。        
 また、アイリーン・ペダード(ポカホンタス)とメル・ギブソン(ジョン)の声も
アニメ・キャラクターにピタッとハマッとり、二人の歌声も良く、この辺は日本語吹
替版では絶対に味わえん楽しさじゃね〜?                   
 息を呑むほど美しいシーンが、何度も有る素晴らしいアニメ映画じゃ。     
 ディズニー・アニメ初の歴史的逸話をテーマにしたこの映画は、小学生高学年以上
向けの内容のような感じもするが、日本語吹替版なら幼児でも十分楽しめると思うん
で、皆さん是非ご家族でご覧下しゃ〜。                    
 (大人は出来るだけ字幕スーパー版を観て〜ね。)              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




TOP