アウト・フォー・ジャスティス
OUT FOR JUSTICE
    
 1991年  米  ワーナー・ブラザース

 (96分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1992年3月6日

 監督:ジョン・フリン                           
 出演:スティーブン・セーガルウィリアム・フォーサイスジェリー・オーバッ
    /ジョー・チャンパ/シャリーン・ミッチェル/サル・リチャーズ/ジュ
    リアナ・マーグリーズ/他                      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ブルックリン市警の刑事ジーノ(セーガル)の親友の同僚刑事ボビーが、街で買い
物中、家族の目の前で暴漢に襲われ射殺される。                
 犯人は麻薬中毒患者のリッチーと判明するが、麻薬の副作用で凶暴になったリッチ
ーは、現職刑事を殺したんでどうせ死刑じゃと殺人狂になってしまい、街中を逃げま
わりながら、次々と無意味な殺戮を繰り返しとった。              
 市警は全署を挙げて非常線を張り、リッチーを追うが捕まらん。        
 生まれ育った街で刑事になったジーノは、リッチーや彼の家族も顔馴染みの上、地
理にも詳しいんで、リッチーを捕まえるのは自分にまかせろと、署の捜査とは離れ、
一人で独自にリッチーを追う。                        
 ジーノは、リッチーの弟がやっとる呑み屋や、妹がやっとるバーに乗り込み、手荒
な方法でリッチーの所在を聞き出そ〜とする。                 
 そんなジーノのやり方を知ったリッチーは、ジーノにも殺意を抱く。      
 ジーノが捜査を進めると、殺された刑事ボビーの隠された秘密が徐々に現れ、リッ
チーがボビーを殺した動機が判明する・・・                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ジョン・フリン監督は、アクション映画がお得意の監督で、手慣れた感じでこの映
画もまとめてあり、最後まで一気に観せてくれる。               
 主演のスティーブン・セーガルは、お馴染みの元CIAエージェントじゃね〜。 
 素手で闘うアクション・シーンは、他のカンフーや空手を主体とした映画じゃ〜殴
り合いのアクションになるんじゃが、セーガルは合気道が得意なんで、彼の映画の素
手での格闘シーンは、自然と合気道を使おたアクションとなり、殴るより関節を責め
たり、ブン投げるシーンが多いんで、他で見られんアクションとなり、新鮮に観えて
え〜で〜。                                 
 正統派の刑事アクション映画で、テンポも良く、面白いど〜。         
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP