ミセス・ダウト
MRS. DOUBTFIRE
    
 1993年  米  20世紀フォックス

 (133分)  内予告他8分  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年11月23日

 監督:クリス・コロンバス                         
 出演:ロビン・ウイリアムズサリー・フィールド/リサ・ジャクブ/マーラ・ウ
    ィルソン/マシュー・ローレンス/ピアース・ブロスナン/ハーベイ・フィ
    アステイン/ポリー・ホリディ/他                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 声優のダニエル(ウイリアムズ)は、室内装飾のコーディネーターをしとる妻ミラ
ンダ(フィールド)が高級取りな為、食うに困らんので、仕事に対する姿勢も出鱈目
で、ちょっと気にいらんかったらすぐ辞めてしまったりする。          
 そのくせ浪費はすごく、長男のクリス(ローレンス)の誕生日に、移動動物園を自
宅によび、子供の友達を招いて大騒ぎ。                    
 業を煮やしたミランダは、とうとう離婚を決意する。             
 離婚裁判で、職も住居も無いダニエルは、子供の養育権を認められず、子供とは週
に一回しか会えん事になる。                         
 その上、週に二回、裁判所からの監視員が、ダニエルの生活態度を調べる事になっ
た。                                    
 ダニエルは、とりあえず地元の小さなケーブル・テレビ局の搬送係として就職し、
安アパートで一人暮らしを始める。                      
 ダニエルは長男のクリスと長女のリディア(ジャクブ)、次女のナタリー(ウィル
ソン)の3人の子供達を溺愛しとり、子供達に会いたくてたまらん。       
 3人の子供達も全員がダニエルを好きで、ダニエルに会いたがった。      
 ミランダがメイドの募集をしとるのを知り、ダニエルは、映画の特殊メイク係をし
とる兄でオカマのフランクに頼んで老女に変装し、ミセス・ダウトファイヤーと名乗
り、メイドに募集し見事採用される。                     
 それからは、昼間はケーブル・テレビ局の仕事をし、夕方からはミランダ家のメイ
イドとして2重生活を始める。                        
 初めての料理は大失敗で、高級レストランの宅配サービスで急場を凌ぐ等の綱渡り
が続くが、何とか家事全般をそつなくこなせるようになり、徐々に子供達もメイドの
ミセス・ダウトファイヤーに慣れ、彼女(?)を慕うようになる。        
 ミランダがバツイチになったのを知った、ミランダの旧友で金持ちのステュー(ブ
ロスナン)が、ミランダにしきりにモーションをかけるようになり、ミランダもまん
ざらでないのを知ったダニエルは、二人の仲を裂こうとする・・・        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ホーム・コメディで実に面白い!!                     
 クリス・コロンバス監督は、コメディではもう実力抜群なんで、この奇想天外な内
容を、最後まで笑わせながら一気に観せてくれる。               
 コメディとはいえ、その根底に有る、父母の離婚で心を傷める子供を、優しく慰め
るような余韻を残すまとめ方も良い。                     
 両親の離婚によって板挟みになる子供達の心情を、コメディとゆ〜オブラートで上
手にくるんで笑い飛ばし、笑う事により本来の悲惨な状態の内容を、多くの人に受入
れ易くしといて、問題意識を持ってもらおうとゆ〜事じゃろ〜ね〜。       
 主演のロビン・ウイリアムズは、さすが芸達者じゃね〜?           
 この映画は、ウイリアムズの持ち味の七色の声が十分に発揮され、また特殊メーク
の素晴らしさと相まって、実に自然な感じの初老の夫人を、見事に作り出しとる。 
 ミセス・ダウトがウイリアムズの変装したもんじゃと知っとるけ〜分かるだけで、
もし何の予備知識も無い人間に、この映画を観せると、ミセス・ダウトとダニエルは
別な人間が演じとると思うかもしれんで〜。                  
 それほど見事な化けっぷりじゃ。                      
 もっとも、背の高さまではごまかせんので、どうしても大柄な婦人が出来てしまう
のはしょうがないけ〜どね〜?                        
 何にしても、変装が妻や子供に見破れんはずはない、とかの詮索はせずに、純粋に
ウイリアムズの多芸ぶりを楽しむのがえ〜ね〜。                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP