マネートレイン
MONEY TRAIN
    
 1995年  米  コロムビア

 (117分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド  ワイド版有り

 ビデオリリース日:1996年9月21日

 監督:ジョゼフ・ルーベン                         
 出演:ウエズリー・スナイプスウディ・ハレルソン/ジェニファー・ロペス/ロ
    バート・ブレイク/クリス・クーパー/ジョー・グリファジ/スコット・サ
    ワーズ/他                             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ニューヨークの地下鉄駅構内での強盗やスリを捕まえる囮捜査を専門にやっとる黒
人の地下鉄公安官のジョン(スナイプス)と白人公安官のチャーリー(ハレルソン)
の二人は黒人と白人なのに養父母が同じで、幼い頃から兄弟として育った。    
 兄のジョンは堅実なまじめ男じゃが、弟のチャーリーは博奕好きの為、いつも借金
のゴタゴタで迷惑を被るんで、ジョンは困っとった。              
 二人のおる部所に、ラテン系の白人女公安官のグレース(ロペス)が配属されて来
て、美人のグレースにチャーリーはひとめ惚れし、すぐさまアタックするが、グレー
スは真面目なジョンにひかれる。                       
 チャーリーは博奕の借金の1万5千ドルをマフィアから返済を強引に迫られとり、
命の危険に晒されとった。                          
 ジョンは貯金を全部出して、チャーリーに借金返済するよう渡すが、チャーリーは
マフィアに返済に行く途中、地下鉄車内で金をスラれてしまう。         
 地下鉄には、「マネートレイン」と呼ばれる1両編成の、各駅のチケット売上げ金
を集金してまわる現金輸送専用の車両が、毎日1回運行されとった。       
 返済期限の元旦が近づき、ヤケになったチャーリーは公安官の身分も忘れ「マネー
トレイン」を襲って現金強奪をしようと計画するが、計画を聞いたジョンは、警官が
泥棒をしちゃ〜いけんと諭すが・・・                     
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ポリス・アクションで面白いど〜!!                    
 A級映画のような有名スターもおらず、金のかけかたもそうでもなく、アクション
よりどっちかとゆ〜とコメディ・タイプの映画なんじゃが、良く出来とる。    
 凸凹コンビの刑事物はよく有るが、兄弟が刑事で、しかも、兄が黒人、弟が白人と
ゆ〜のも面白いし、二人がお互いをほんまの兄弟以上に気にとめて、いたわりあっと
るとゆ〜のも良い。                             
 兄弟で性格が正反対なのも、この場合不自然では無いし、設定がうまいね〜。  
 ジョゼフ・ルーベン監督はミステリーが得意なだけあり、伏線もうまく張り、最後
のシメもキッチリとまとめ上げとり、2時間近くを、ノンストップで最後まで一気に
観せてくれる。                               
 ただし、ものすごいドンパチ・アクション映画を期待すると、スカされるで〜。 
 廃線を利用した1.5キロにもなる巨大な地下鉄セットを作り、地下鉄暴走シーン
を撮影したようじゃが、そんな派手なアクションシーンより、人間を描いとる部分の
方が面白い。                                
 男兄弟の人間味溢れる関係、公安官同士の縄張り意識によるいがみあい、地下鉄チ
ケット売場への放火強盗、嫌な上司との対立、一人の女をめぐる兄弟での恋のさやあ
て、などがうまくからめて有り、良質の映画に仕上がっとる。          
 主演のウエズリー・スナイプスは、真面目な兄貴を好演しとる。        
 とぼけた顔つきが何ともいえん良い雰囲気を醸しだしとり、思わず親近感を覚える
ね〜?                                   
 もう一人の主演のウディ・ハレルソンも、チャランポランなよ〜でいて、兄を慕っ
とる弟役をうまく演じとり、この二人の息はピッタシじゃ。           
 「ワイルド・キャッツ」や「ハード・プレイ」からのコンビじゃが、益々磨きがか
かって来たようで、この二人の組み合わせは、今後も楽しみじゃ。        
 女公安官役のジェニファー・ロペスの、ま〜色っぽい事、色っぽい事。     
 体格も良いんで、アクションをさせても、様になっとる。           
 おぢさん、この手のタイプに弱いんです、ジュル、ジュル・・・        
 地下鉄管理局のいやな上司や地下鉄チケット売場の放火犯なんかも適役で、全体的
にキャスティングが良い。                          
 クリスマス・シーズンのニューヨークは、街路樹や商店が華やかなイルミネーショ
ンに飾られ、幻想的な夜景を浮かび上がらせる。                
 そんな街のスナップを、綺麗なカメラでタップリ楽しめるのも嬉しい。     
 この映画は、ビッグ・タイトルじゃ〜ないが、意外な掘り出し物として、お薦めの
一本じゃね〜?                               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP