目 撃
ABSOLUTE POWER
    
 1997年  米  ワーナー・ブラザース

 (135分) 内予告他14分

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1997年12月1日

 監督:クリント・イーストウッド                                          
 出演:クリント・イーストウッドジーン・ハックマンエド・ハリス/ジュディ
    ・デイビス/ローラ・リニー/スコット・グレン/E・G・マーシャル/他
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ベテラン泥棒のルーサー(イーストウッド)は、政界のドン、サリバン(マーシャ
ル)の豪邸に忍び込み、寝室の隣のクロークのような金庫室で現金や貴金属を物色中
、マジックミラー越しに、サリバンの若い後妻とアラン大統領(ハックマン)の不倫
を目撃する。                                
 アラン大統領はサドの気があり、サリバンの妻は、アランから身を護るために、ペ
ーパーナイフでアランを刺す。                        
 そんな二人がもみあうところを見た大統領護衛官が、サリバンの妻を射殺してしま
うが、殺した女の亭主のサリバンはアラン大統領が政界進出の世話になった男で、二
人の不倫が発覚するのは非常に不都合なため、大統領補佐官グローリア(デイビス)
らが、殺害をもの盗りのせいに見せかける工作をする。             
 息を殺して金庫室でこの様子の一部始終を見届けたルーサーは、屋敷をコッソリ抜
け出すが護衛官に見つかり、ルーサーは追われるが、からくも逃げ切る。     
 命の危険を覚えたルーサーは国外脱出を考えるが、テレビでアラン大統領がサリバ
ンに対し、白々しい大芝居をして慰めるのを観た瞬間、真実を暴露しようと考える。
 FBIのフランク捜査官(ハリス)は、現場を調べ、泥棒の手際の良さにベテラン
泥棒が居った事を見抜き、ルーサーを窃盗の容疑者と考える。          
 捜査官は現場の不自然な状況から、泥棒と殺人は別との見方をしとり、泥棒が殺人
を目撃しとる可能性が有ると考えとった。                   
 ルーサーは泥棒の自分が警察に訴え出ても、相手が大統領なんで、誰もルーサーの
話を信じてくれんので、現場で拾って来た、大統領が刺されたペーパーナイフを物的
証拠に、真実を国民に告白するよう大統領を恐喝する。             
 しかし、恐喝者がルーサーと知った補佐官に、ルーサーの一人娘で女検事のケイト
(リニー)が命を狙われ、ルーサーは反撃を開始する・・・           
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 サスペンス・アクション映画でブチ面白い!                 
 クリント・イーストウッド監督は、ますます腕の冴えを見せとり、テンポ良くグイ
グイと引っ張り、最後まで一気に観せてくれる。                
 派手なアクション・シーンはあまり無いが、ストーリー展開の面白さで、ハラハラ
、ドキドキ、ワクワク、スカーッとさせてくれる。               
 大統領に一介の泥棒がどう立ち向かうのかとゆ〜内容の奇抜さは、下手すると、ご
都合主義の勧善懲悪映画になってしまうんじゃが、その見事な手口に、おもわず納得
してしまう。                                
 主演者としてのクリント・イーストウッドは、老練な味わいが実に良く、動きは多
少にぶくなったものの、逆に渋さが出て、ほんまに良い感じじゃ。        
 変装名人の泥棒を、生き生き演じとり、あらためて好感が持てる。       
 ジーン・ハックマンは、大統領とゆ〜雰囲気はあまりないが、悪どい役回りをさせ
たらあのこわもて顔がピッタシで、憎々しげに二重人格的な大統領役を巧演しとる。
 エド・ハリスは、真面目な仕事人間のFBI捜査官がハマリ役じゃ。      
 この辺の脇役がしっかりしとるんで、映画に深みが有る。           
 他のキャスティングも全体的にまとまっとり、映像も音声も綺麗で、A級の仕上が
りじゃ。                                  
 これはアクション映画ファンのみならず、皆さんにお薦めの一本じゃね〜?   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP