飛べないアヒル
THE MIGHTY DUCKS
    
 1992年  米  ウォルト・ディズニー

 (109分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年1月21日

 監督:スティーブン・ヘレク                        
 出演:エミリオ・エステベス/ジョス・アクランド/レイン・スミス/ハイディ・
    クリング/ジョセフ・ソマー/ジョシュア・ジャクソン/他       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 ミネアポリスの敏腕若手弁護士ゴードン(エステベス)は飲酒運転で捕まり、50
0時間の社会奉仕をする事になる。                      
 地元の少年アイスホッケーチームのコーチをするのが、裁判所から与えられたゴー
ドンの奉仕活動じゃった。                          
 ゴードンのコーチするアイスホッケーチームは、チーム名も無く、まだ試合に一度
も勝った事が無いとゆ〜、落ちこぼれ集団のチームじゃった。          
 子供の頃、夢中でアイスホッケーに打ち込んだゴードンじゃったが、ある試合のペ
ナルティ・シュートを失敗し、それをコーチになじられ、以来アイスホッケーを嫌い
になり、もしそのまま伸びればプロにもなれた素質を持ちながら、アイスホッケーか
ら遠ざかり、弁護士の道を歩んでからはゴードンは「勝つ」事に異常に執着した。 
 裁判所命令なんで、渋々コーチの真似事をしとるだけで、本気でコーチをやる気の
ないゴードンは、子供達に好きなよ〜にやらせ、まともな練習をせんかった。   
 ゴードンがコーチになって初試合の相手は、かつて自分も教わり、そして嫌いにな
った鬼コーチのおる”ホークス”じゃった。                  
 その”ホークス”に完敗して、ゴードンはチームを強くしようと本気で思う。  
 ゴードンの所属する弁護士会社をスポンサーにして、チーム名を”ダックス”に決
め、ユニフォームや道具を新調し、地区内のこれはと思う少年や少女をスカウトし、
丁寧なコーチ指導をすると、子供達の腕前はメキメキ上達し、リーグ戦の地区大会で
何とか一勝するまでになる。                         
 しかし、誤解からゴードン・コーチに子供達が不信を抱き、チームを辞める子供が
続出し、”ダックス”は選手数が足りず、試合を棄権する・・・         
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 スポーツ根性コメディで、おもしろい!!                  
 少年野球チームを描いたコメディ「がんばれ!ベアーズ」(1976年/米/監督
:マイケル・リッチー)の流れのこ〜ゆ〜映画は楽しいね〜。          
 ヤル気のないダレた子供達が、練習の甲斐有って徐々に上達して、やがて勝ち抜い
て行くとゆ〜お定まりのパターンのに、結構ハラハラしながら応援してしまうで〜。
 スティーブン・ヘレク監督は、子供映画らしからぬ凝った演出と構成で、面白く、
しかもチームの少年の離婚した若い母親とコーチのほのかな恋愛感情や、挫折した人
間の心の葛藤を交え、人間ドラマとしても十分鑑賞に耐える内容に仕上げとり、最後
まで一気に観せてくれる。                          
 また、主演のエミリオ・エステベスが実にえ〜味を出しとる。         
 アイスホッケーに挫折した人間が、嫌々その場に引き戻され、子供達の活躍で、忘
れとったアイスホッケーの楽しさに目覚める男を好演しとり、わしは、今までの彼の
映画の中で、この役が一番ハマッとるよ〜じゃと思おたで〜。          
 そ〜言えば、「ローデッド・ウェポン1」(1993年/米/監督:ジーン・クイ
ンターノ)にはこの映画のパロディ・シーンも有ったね〜?           
 この映画に出演しとる子供達は特訓を受けて、アイスホッケーを実際に演じとり、
結構迫力ある映像になっとる。                        
 ほのぼのとした爽やかさの有る映画なんで、ご家族皆さんでご覧下しゃ〜ね。  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP