ラスト・ボーイスカウト
THE LAST BOY SCOUT
    
 1991年  米  ワーナー・ブラザース

 (112分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1992年7月3日

 監督:トニー・スコット                          
 出演:ブルース・ウィリスデイモン・ウェイアンズチェルシー・フィールド/
    ダニエル・ハリス/チェルシー・ロス/ハリー・ベリー/ノーブル・ウィリ
    ンガム/テイラー・ネグロン/他                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 私立探偵のジョー・ハレンベック(ウィリス)は、かつてSS(シークレット・サー
ビス)で働き、大統領の楯として撃たれた事も有る正義感溢れる男じゃった。   
 ジョーは、醜い所業のレナルド上院議員を殴り、SSを解雇されてから、探偵稼業
をロスで細々と続けとった。                         
 ジョーには妻と思春期の娘がおるが、SSの頃にくらべ収入も少なく、落ちぶれて
みじめな彼の姿に、家族の絆は切れかかっとった。               
 ストリップダンサーのコリーとゆ〜女性からの仕事を、親友がジョーにまわしてく
れる。                                   
 コリーを変態客から護衛するとゆ〜のが依頼内容で、簡単そうじゃった。    
 しかし、仕事をまわしてくれた親友は、親友の車に仕掛けられた爆弾で殺され、ジ
ョーがボディーガードの仕事に行った先で、依頼主のコリーも殺し屋によって射殺さ
れてしまう。                                
 コリーの恋人の元プロ・アメフト選手で賭博によりアメフト界から追放になったジ
ミー(ウェイアンズ)は、自分の目の前で恋人が殺され、ジョーと二人、組織的な犯
罪に巻き込まれて行く。                           
 コリーの部屋で、ジミーを解雇したアメフト・チームのオーナーと、ジョーが殴っ
て解雇されたレナルド上院議員の汚職の証拠テープが見つかり、オーナー配下の殺し
屋のプロ達と二人の死闘が始まる・・・                    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 これは面白さ三重丸じゃ!!
 監督のトニー・スコットは、アクション映画でお馴染みじゃね〜?       
 アクションの殺陣や構図、タイミングがうまいんで、ハラハラ、ドキドキ、最後ま
で飽きささず、一気に観せてくれる。                     
 主演のブルース・ウィリスは、もう紹介するまでもにゃ〜が、人気のアクション俳
優じゃ。                                  
 あの独特のカスレ声と、どんな緊迫したシーンでもユーモアを感じさせるキャラク
ターはえ〜ね〜?                              
 共演のデイモン・ウェイアンズは本物の元プロ・アメフトの選手じゃったそ〜で、
ちょっと憎めんえ〜キャラクターをしとり、トボケタ味をうまく出して、実に好演し
とる。                                   
 この映画は私立探偵版の「ダイ・ハード」とも言えるもんで、次々に襲いかかる危
機を、主人公が超人的なアクションでかわして行く。              
 そのアクションがどれもスリリングで面白い事、面白い事。          
 凸凹コンビの組合せもぼっこ〜え〜感じで、「ダイ・ハード」のよ〜に、ウィリス
が孤軍奮闘するのとはまた違った面白さを引き出しとる。            
 タイトルのボーイスカウトの意味は、ボーイスカウトのよ〜に、真面目で正義漢の
奴とゆ〜、皮肉を込めた呼び方なんじゃね〜?                 
 ”石部金吉”のよ〜なもんじゃ。                      
 家族の情愛をからめ(ここらへんも「ダイ・ハード」と同じ)、プロの殺し屋集団
を相手に、この正義感で固まった男が立ち向かう。               
 当然ご都合主義で展開するが、そこらへんは面白けりゃ〜、え〜のっ!!    
 いや〜ほんまに、観てスッキリする映画じゃ。                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP