結婚(3)/中井・鷲尾御両家篇
    
 1992年  日本  松竹

 (46分)

 Hi−Fiモノラル

 ビデオリリース日:1993年10月21日

 監督:長尾啓司                              
 出演:中井貴一鷲尾いさ子/野々村真/戸川京子/水野晴郎/松原智恵子/神山
    繁/他                               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 宝石会社の若社長・天童雅彦(中井)は、亡き父の遺言で、28才の誕生日までに
結婚せんと、弟に天童家の財産が全部行く事になっとり、期日はあと半年に近づいと
るのに、雅彦は一向に結婚する気が無く、遺産相続にも無頓着で、周りはヤキモキし
とった。                                  
 そんな雅彦が、商談で出張したオーストラリアのホテルで、芦屋の令嬢とゆ〜絵里
(鷲尾)と知り合い、彼女に一目惚れする。                  
 絵里は実は富豪の令嬢ではなく、デパートに勤める普通のOLなんじゃが、初めて
の海外旅行で見栄を張っとっただけじゃった。                 
 日本で偶然絵里に再会した雅彦は、交際を申し込む。             
 雅彦の周囲が絵里を調べ、彼女が令嬢ではなく、ただのOLと分かっても、雅彦の
気持ちは変わらんかった。                          
 しかし、プロポーズされた絵里は、雅彦は遺産相続の為の期日が近いので、相手が
誰でも良かったんじゃろ〜と誤解し、デパートを辞め姿を消す・・・       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 いわゆるシンデレラ・ストーリーじゃが、ひとヒネリして有り面白い。     
 3作の中で、この映画が結婚願望を持つ女性には、一番夢を与える内容になっとり
、最も好まれるかもしれんね〜?                       
 もっともその分、手の届かん現実味の少ない、夢物語じゃとも言えるんじゃが。 
 長尾啓司監督は、時間の関係で、表現の詰めが甘い部分も見受けられるが、全体的
には手際良くまとめとる。                          
 中井貴一も鷲尾いさ子も、淡々とした演技で、え〜味を出しとる。       
 3作中では、この映画のカップルが一番お似合いの二人じゃね〜?       
 野々村真は完全に脇役で、可愛そ〜〜。                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




TOP