しあわせ       
幸福の条件
INDECENT PROPOSAL
    
 1993年  米  パラマウント

 (120分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年12月17日

 監督:エイドリアン・ライン                        
 出演:ロバート・レッドフォードデミ・ムーアウディ・ハレルソン/他   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 建築設計技士のデビッド(ハレルソン)と、不動産のセールスをしとる妻のダイア
ナ(ムーア)は二人の”夢の家”を建てる為、海が見える丘に土地を入手する。  
 しかし、ローン返済の金の工面がつかなくなり、一山当てようと二人でラスベガス
に行き、一か八かの賭けをしスッテンテンになる。               
 億万長者のジョン・ゲージ(レッドフォード)は、カジノホテル内で見かけた初恋
の人の面影を持つダイアナを気に入り、二人に近づく。             
 ジョンは何でも金で買えると言い、愛は金で買えないと言う二人に、それならダイ
アナを一晩貸してくれたら100万ドル払うと言う。              
 ”夢の家”を手放したくない二人は、ジョンの申し出を受け、ダイアナはジョンと
一夜を共にする。                              
 100万ドルは手に入れたが、その後の二人の仲は何か気まずくなり、口喧嘩をす
るよ〜になり、ついには別居する。                      
 ある日、ダイアナの勤める不動産会社に、ジョンが不動産を探しとると称して、ダ
イアナに近づいて来る。                           
 最初、金にあかせて女を自由にするジョンに対して、一夜を共にしただけで、愛情
を感じるどころか、逆に嫌悪感を持っとったダイアナも、ジョンの優しいアプローチ
で、徐々にジョンへ愛情を抱くよ〜になって行く・・・             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ラブ・ストーリで、面白い。                        
 日本での劇場公開時は”愛はお金で買えるか?”とかの副題で、もしあんたなら、
100万ドルで愛する妻を一晩他人に貸すかとか、何かそ〜ゆ〜金と愛情とゆ〜面ば
っかしを強調しとったが、実は、そんな事は二次的な問題で、映画全編を通してのテ
ーマは二人の男の純愛物語と言える内容じゃ。                 
 エイドリアン・ライン監督は、超ロング撮影から、ルーレット内の球の動きを追う
超近接撮影まで、状況に応じた多岐なアングルで、観る者をグイグイ引っ張り、「ナ
インハーフ」や「危険な情事」のよ〜な、お得意の絡みシーンも織りまぜ、最後まで
一気に観せてくれる。                            
 おまけに、映像の質は高く、鮮明で色も鮮やかで、気持ちが良い。       
 主演のデミ・ムーアは相変わらず綺麗でキュートじゃの〜。          
 この映画の中で、若い時の回想シーンが有り、デミが長髪のシーンが有るが、やっ
ぱしこの人はショートが似合うのがハッキリ分かるね〜。            
 本来美人なんじゃが、時々、より一層ハッとするほど綺麗に見える瞬間が有り、特
に映画の中の夫婦が愛し合うシーンなんかで、その綺麗さが冴える。       
 うぅ〜、実生活の夫ブルース・ウィリスがうらやまじ〜〜!!         
 (をい、をい、おっさん、おっさん・・・)                 
 こんなに観客にサービスしちゃ〜、ブルース・ウィリスが怒るんと違う?    
 ま〜、夫婦で俳優なんで、そこらへんは割り切っとるよね〜?         
 ロバート・レッドフォードは、大富豪でしかもちょっと女に手の早そうな紳士役が
よ〜似合うの〜。                              
 いくつになっても、え〜男は何をやってもサマになるけ〜、え〜の〜、え〜の〜。
 ウディ・ハレルソンはちょっと地味なキャラクターじゃが、さすが舞台出身だけあ
り、ムーアやレッドフォードに負けん演技力で、強い印象を与えてくれる。    
 しかし、大金持ちでハンサム度や優しさが旦那より上なら、どっちを取るか、もう
とっくに勝負はついとるはずのに、最後まで飽きささずに観せてくれ、結末には何と
なく納得させられてしまう。                         
 これは、ご夫婦、恋人同士で是非観てもらいたい映画じゃね〜。        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP