プラス
張り込み2
ANOTHER STAKEOUT
    
 1993年  米  

 (116分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年9月21日

 監督:ジョン・バダム                           
 出演:リチャード・ドレイファスエミリオ・エステベス/ロージー・オドネル/
    マデリーン・ストウ/デニス・ファリーナ/ミゲル・フェラー/他    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 マフィアのボスの裁判で不利な証言をする予定のルーは、厳重な警備のスキをつか
れて、ボスに依頼された殺し屋に命を狙われ、身の危険を感じたルーは警察も信用せ
んよ〜になり、こっそり友達のオハラ夫婦の別荘に身を潜める。         
 シアトル市警のクリス刑事(ドレイファス)は結婚しない主義の為、同棲中のマリ
ア(ストウ)が最近結婚を希望しとり、煮え切らんクリスの態度に怒って実家に戻っ
てしまい、クリスはど〜しようかと悩んどった。                
 相棒のビル刑事(エステベス)は、クリスに結婚を勧めるが、クリスは今いち結婚
へ踏み切る事が出来んが、さりとてマリアは好きで、マリアの実家に連絡を取ろうと
するが、いつも居留守を使われ、イライラ。                  
 そんな二人の所に、女性検事補のギャレット(オドネル)と一緒に、行方不明の証
言者ルーの捜査命令が出る。                         
 クリスとギャレットが夫婦になりすまし、ビルは息子とゆ〜触れ込みで、オハラ夫
婦の隣の別荘に遊びに来た家族のフリをして、ルーの姿を確認するための張り込みを
開始する。                                 
 じゃが、業務命令で渋々やっとる3人は、にわか仕立ての為、家族の名前すら忘れ
る始末で、オハラ夫婦とコンタクトを持っても、いつニセ家族じゃとバレるか判らん
状態で、しかもそれぞれが勝手な事ばっかしするので・・・           
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 刑事アクション・コメディでまぁ、まぁの面白さ。              
 「張り込み」(1988年/米/監督:ジョン・バダム)の続編とは言え、前作か
らもう5年が経過しとり、前作を観た人でも記憶がほとんど薄れてしも〜とるじゃろ
〜?                                    
 冒頭、最近のハリウッド・アクション映画に定番の、爆破シーンが盛大に有るが、
派手なアクション・シーンはここだけで、他は比較的地味な展開じゃ。      
 ジョン・バダム監督は、一応丁寧な造りで、判り易い内容にはなっとるが、伏線や
起伏に富んだ構成が無く、単純明快なだけの作品になっとるのはちと残念じゃ。  
 しかし、前作と同じ顔ぶれで、気心が知れたスタッフと作る映画は、十分こなれと
り、安心して観とられる。                          
 リチャード・ドレイファスは、モタモタする刑事が年齢的にもピッタシ。    
 エミリオ・エステベスは、一人で孤軍奮闘する若い刑事役で、これまたピッタシ。
 ちょっと太めのロージー・オドネルは、業務命令の別荘での張り込みを、ちょっと
した旅行気分で楽しもうとする、わがままで勝手なところが有る女性検事補で、これ
はちと役不足か?                              
 ま〜、冒頭の爆破以外、派手なアクションも少なく、割合坦々と進行するが、途中
ダレるような事は無い。                           
 しかし、これといった盛り上がりも無いんで、一応最後まで一気に観せてはくれる
が、非常に面白かったとは言いがたい。                    
 水準作では有るけど・・・                         
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP