花のお江戸の釣りバカ日誌
    
 1998年  日本  松竹

 (118分)  内予告他16分  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド  ビスタサイズ

 ビデオリリース日:1999年6月21日

 監督:栗山富夫                                                            
 出演:西田敏行三國連太郎黒木瞳酒井法子/谷啓/市川團十郎/山田純大/
    竜雷太/小野寺昭/細川ふみえ/中村梅雀/加藤武/笹野高史/鶴田忍/小
    野武彦/ミッキーカーチス/三倉茉奈/三倉佳奈/ダチョウ倶楽部/山田純
    大/他                               
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 江戸時代末期の江戸の下町の長屋に浪人・浜崎伝助(西田)と妹・美津(酒井)の
二人が暮らしとった。                            
 伝助は、釣り大好き人間で、釣りの腕以外に取り柄が無く、そのせいで浪人生活を
続けとり、嫁の来てなんかなく、ずっと独身じゃった。             
 妹の内職の稼ぎをアテに、大家(谷)の小言も馬耳東風で、毎日釣り三昧。   
 庄内藩の江戸家老・鈴木一之助(三國)は、藩の大改革を行い、国家老などの賄賂
を稼いどる連中にとっては都合の悪い存在じゃった。              
 そんな激務の一之助にとって、唯一の息抜きは釣りで、夜釣りで偶然知り合った伝
助のザックバランな性格を気に入り、一之助は自分の身分を隠して、伝助と釣り友達
としてつき合うようになる。                         
 伝助は夜目が効き、家老を抹殺しようと待ち伏せしとる刺客を察知した浜崎のお陰
で、一之助は命拾いする。                          
 偶然、庄内藩の採用試験を受けに来た伝助の事を知った一之助は、他の者が反対す
るのを押し切り、強引に召抱えてしまう。                   
 この採用は、江戸家老の一之助の存在を知らん浜崎本人もおどろくが、浜崎のグウ
タラ勤務ぶりに直属上司(中村)は、毎日頭が沸騰。              
 国元に帰った庄内藩主(市川)に、国家老達が一之助を陥れる嘘を言い、それを信
じた藩主は、一之助をお役ごめんにしてしまう。                
 身の潔白を藩主に訴えるため、一之助は腕の立つ腹心の部下一人と、お気に入りの
腰元・小波(黒木)と夜目の効く伝助の4人で、国家老一派が一之助一向の国入りを
阻もうと待ち伏せする庄内藩を目指し、江戸からの危険な旅を始める・・・    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 時代劇コメディで面白い。                         
 「釣りバカ」シリーズとしては11作目で、今回はガラリと目先を変えて、時代劇
になっとる。                                
 シリーズ物は、キャスティングが同じで、登場人物の説明が不要なところや、物語
展開が似たようになるところが、マンネリと呼ばれるようになるけど、逆にファンに
はそこが安心して観れる要素なんじゃね〜?                  
 この映画は主人公のハマちゃんが独身で、妹と二人暮らしとゆ〜設定になっとり、
こ〜いった主人公の大幅な状況を変更するために、時代劇にして抵抗を無くしとるの
はうまいやり方じゃ。                            
 時代劇らしく殺陣なども入り、面白く最後まで一気に観せてくれる。      
 恒例の西田敏行=ハマちゃんの馬鹿騒ぎパフォーマンスが見れんのはちょっと淋し
いが、随所に入るギャグが、しっかり笑わせてくれる。             
 後半、庄内藩での藩主から池で釣りの手ほどきを授けるシーンから、江戸藩に戻っ
てのシーンにいきなり切り替わるのは、オリジナルもこうなんかしらん?     
 庄内藩での海釣りシーンが一切無いのは、どうもフに落ちん。         
 何せ、冒頭の「庄内の観光宣伝」の中に、海の岩場での釣りシーンの撮影風景がワ
ンカット有ったもんね〜?                          
 ヒョッとして、ビデオに収録する時間的制約の為に、カットされたんじゃ〜?  
 もしそうなら、とんでもない話なんじゃが??                
 映画やビデオの予告編が延々13分も冒頭を占めとるんで、もし時間的制約が有っ
たのなら、予告編を減らせば済むと思うんじゃが・・・             
 オリジナルもこの通りならしょうがないけど・・・映画を観てないんで、何とも言
えんのが辛いところじゃ。                          
 伝助の妹・美津と、一之助のお付の若侍の恋物語も何か中途半端じゃ。     
 もっとも、これは上映時間の制約上割愛されたんじゃろ〜けどね〜?      
 あっ、ヒョッとして、この時代劇釣りバカをそのままシリーズ化するんかしらん?
 そんで、次への含みを持たせたままで終わらせんかいね〜?          
 それならそれでもえ〜んじゃが・・・                    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




TOP