GODZILLA/ゴジラ
GODZILLA
    
 1998年  米  トライスター/東宝

 (145分) 内予告他6分  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1998年12月22日

 監督:ローランド・エメリッヒ                                            
 出演:マシュー・ブロデリックジャン・レノ/ハンク・アザリア/ハリー・シア
    ラー/マリア・ピティロ/マイケル・ラーナー/ケビン・ダン/ビッキー・
    ルイス/他                                                       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 南太平洋での仏核実験により、突然変異で誕生したゴジラは、1匹でも産卵が可能
な特殊な生物で、巣作りの為、周りを川に囲まれ、高いビルが林立し容易に身が隠せ
るニューヨークへやって来る。                        
 仏政府秘密部隊のフィリップ隊長(レノ)は、仏政府による核実験の産物であるゴ
ジラを始末すべく、身分を欺き、ゴジラ被害調査の損害保険会社員として米軍のゴジ
ラ対策本部に接近する。                           
 放射能汚染による突然変異生物の研究者ニック博士(ブロデリック)は、ゴジラ対
策本部でゴジラの産卵の可能性を進言するが、軍上層部は早くゴジラを殺しさえすれ
ば良いんだろうと、巣の捜査は行われんかった。                
 テレビリポーター志望のオードリー(ピティロ)は、2年も下働きばっかしなんで
、特ダネをつかんで自分の実力を認めん上司を見返してやろうと野心ばかりが先走っ
とった。                                  
 オードリーは、学生時代恋人じゃったニックがゴジラ対策本部に居るのを知り、ヨ
リを戻すフリをして近づき、ニックから極秘情報を盗み出す。          
 その情報がニュースで流され、情報漏洩の責任をとらされたニックは、ゴジラ対策
本部から解任される。                            
 そんなニックに、フィリップはゴジラの巣を探す協力を申し出る。       
 TVカメラマンで特ダネ映像を撮るためには、自分の命も省みん、通称アニマル(
アザリア)と組んだオードリーはニック達の後をつけ、崩れた地下鉄の構内に入る。
 ニックやオードリー達は、崩れたマジソンスクエアーガーデンで、200匹以上の
ミニラ(子ゴジラ)が誕生しとるのを発見する。                
 そしてミニラの集団が、ニックやオードリー達を餌として追いかけまわす・・・ 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 怪獣映画でブチ面白い!!                         
 ストーリーやゴジラの造形(コモドドラゴンの大型化?)に好き嫌いは有るかもし
れんが、映画自体はSFX特撮も素晴らしく、テンポの良い展開とハラハラ、ドキド
キで息もつかさずグイグイ引っ張るエメリッヒ監督の手腕は、最後まで面白く観せて
くれ、2時間20分近くがアッとゆ〜間じゃ。                 
 ゴジラが高層ビルの間を高速で移動するサマなんか、実にうまく描写されとり、尻
尾がビルの壁をこさげて行く様や、ゴジラの足元の道路がちゃんと足跡として陥没し
て行くなんかの細かいところまで神経を使っとるのはすごい。          
 主演のマシュー・ブロデリックは、あの坊ちゃん坊ちゃんした顔つきなんで、どん
な危険なシーンでも必死さが出て来んのが、逆に面白い。            
 ジャン・レノはどことなく仲代達矢のような雰囲気が有り、実に味の有る演技をし
とり、レノを配役しただけで一本とったようなもんじゃ。            
 初めの方に有る巨大足跡のシーンは日本版の最初の「ゴジラ」(1954年/東宝
/監督:本多猪四郎)を彷彿させてくれるし、「エイリアン」や「ジュラシック・パ
ーク」や「グレムリン」などと似たシーンが散見されるが、それは愛嬌とゆ〜事で、
広い心でニヤついて観ましょ〜。                       
 怪獣王で不死身のゴジラを特別な存在とせず、単なる巨大な生物として扱っとるの
が、ちょっと寂しい気もするが、この映画のゴジラを、従来の東宝の国産ゴジラと比
較するのは、ヤボとゆ〜もんじゃ。                      
 子供の頃からの「ゴジラ」ファンのわしとしては、多くの人が日本版のゴジラと比
べる気持ちも分かるが、これはもう「ゴジラ」とゆ〜名前をタイトルにつけた別物映
画なんで、固定観念を捨てて観れば、大人も子供も面白く観れる事請け合いじゃ。 
 ドルビーサラウンドの音場は360度ぐるりと取り囲み、ヘリコプターの音やゴジ
ラの咆哮が後方から前から自在に動き回り、楽しい。              
 兵士の発てるカチャカチャのような小さな音も丁寧に表現して有り、こうゆ〜神経
の細やかさが、映画の奥行きを深くするね〜。                 
 音楽も良く、出演者のキャスティングも面白く、脚本は良く練れとり、これはA級
作品じゃね〜。                               
 お子様とご一緒に、お楽しみ下しゃ〜ませ。                 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



BACK TOP