フリントストーン/モダン石器時代
THE FLINTSTONES
    
 1994年  米  ユニヴァーサル

 (101分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1995年1月27日

 監督:ブライアン・レバント                        
 出演:ジョン・グッドマンリック・モラニスカイル・マクラクランエリザベ
    ス・パーキンス/ロージー・オドネル/エリザベス・テーラー/他    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 パラレル・ワールドの石器時代の町ベッドロック。              
 石材会社の採掘現場で働くフレッド(グッドマン)とバーニー(モラニス)は大の
親友で、隣同士でもあり、家族ぐるみの付き合いをしとった。          
 子供の居らんバーニー夫婦の為に、フレッドは養子を貰う費用を出してやり、バー
ニーはフレッドに、いつか恩返しをしようと考えとった。            
 石材会社のクリフ副社長(マクラクラン)は、私腹を肥やす為、会社の金を横領し
ようと計画し、自分に都合の良いように使うつもりで現場の作業員の中から重役を採
用する登用試験を実施する。                         
 テストでは最高点の一人だけが会社の幹部として採用されるとゆ〜事で、受験する
者は皆必死で猛勉強して試験に臨んだ。                    
 フレッドとバーニーも受験するが、答案提出の時チラッと見たフレッドの答案の出
来の悪さに驚いたバーニーは、今こそ恩返しの時と、自分の答案とフレッドの答案を
差し替えて提出する。                            
 そのおかげで見事重役に採用されたフレッドと、逆に最低点の為クビになったバー
ニーは、一気に天国と地獄ほど差の有る境遇の変化に見舞われ、親友の絆もほころび
始める・・・                                
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 SF娯楽コメディーで面白い。                       
 TVアニメ「原始家族」をうまく映像化しとり、楽しい作りになっとる。    
 ブライアン・レバント監督は、アニメの雰囲気をそのまま上手に取り込み、物語の
展開も分かりやすく、笑いながら最後まで一気に観てしまう。          
 ジョン・グッドマンが原作のキャラクターを、実に良く表現しとる。      
 スチーブン・スピルバーグが、グッドマンにこの役の出演を3年間交渉し続け、や
っと実現したそうじゃが、彼無くしては、この映画は成り立たんね〜?      
 共演のリック・モラニスのとぼけた役が、またえ〜ど〜。           
 こ〜ゆ〜、ナンセンス・コメディではモラニスを欠かせんね〜?        
 また、カイル・マクラクランが、今までの役柄とはひと味違う悪徳副社長役で、え
〜味出しとるで〜。                             
 大スター、エリザベス・テーラーが主人公に嫌われる姑役で、これがまた出番が少
ないのにものすごく存在感が有るのはさすがじゃ。               
 他にもフレッドの妻ウィルマ役のエリザベス・パーキンスや、バーニーの妻ベティ
役のロージー・オドネルなんか、皆、アニメ・キャラクターにピッタシのナイスなキ
ャスティングじゃ。                             
 モダン石器時代の町並みや、自動車や飛行機(?)、電化製品や住宅設備なんかの
ひとつひとつが、実にアイデア豊かに表現されとるのも楽しい。         
 その上、あちこちにSFXの素晴らしい映像が、さりげなく挿入されとるのには感
心する。                                  
 特撮といえば、ほらこんなすごい事も出来るんで〜、ほれ、すげ〜じゃろ〜?と技
術のすごさを誇示する映像が多いが、この映画では、注意して見んと判らん物も沢山
有り、ハリウッドではSFX技術が一般的な映画の技術のひとつとして、浸透して来
とるのが良く判る。                             
 ま〜それはともかく、難しい事はこっちに置いといて、気軽な気分で、モダンな石
器時代を生きる底抜けに陽気な家族の物語を、ご家族でご覧下しゃ〜。      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP