エディ・マーフィの
ホワイトハウス狂騒曲
THE DISINGUISHED GENTLEMAN
    
 1992年  米  ハリウッド

 (118分)  コピーガード仕様

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年10月21日

 監督:ジョナサン・リン                          
 出演:エディ・マーフィ/ビクトリア・ロウエル/レイン・スミス/シェリル・リ
    ー・ラルフ/ジョー・ドン・ベイカー/ケビン・マッカーシー/チェールズ
    ・S・ダットン/ジェームズ・ガーナー/グラント・シュッド/ビクター・
    リバース/他                            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 詐欺師トーマス・ジェファーソン・ジョンソン(マーフィ)は、政治家になったら
もっと儲かるとヒラメキ、丁度亡くなったばかりのフロリダ州の有名政治家ジェフ・
ジョンソン(ジェームズ・ガーナー)と同名なのを利用して下院議員選挙に立候補し
、見事当選し、これでボロ儲けが出来ると、詐欺師グループで意気揚々とワシントン
に乗り込む。                                
 国会の中には議員の所属する色んな委員会が有り、その中で一番金になる委員会は
電力委員会じゃと分かるが、賄賂ガッポリの電力委員会への入会は年功序列で、当選
回数が6回(=12年/下院議員の任期は2年)以上で、委員長のドッジ議員(スミ
ス)の指名が必要なんで、電力委員会に新人議員はおらんかった。        
 そこで、電力委員会に黒人議員が一人も居らんところに目をつけ、電話で全米黒人
地位向上委員会の名をかたってドッジ議員に圧力をかけ、トーマスは電力委員会に入
会してしまう。                               
 故ジョンソン議員の首席秘書をしとったアーサー(シュッド)が、トーマスの首席
秘書に横滑りして来たんで、彼から議員としての儲け方を習い、ロビイスト(マッカ
ーシー)が法案の採決にどっちについた方が儲かるか教えてくれるんで、トーマスは
黙っとっても金が転がり込んで来てウハウハ状態。               
 しかし、公共福祉団体の美人調査員シリカ(ロウエル)が、児童福祉と自然保護に
ついてトーマスに相談に来て、彼女に一目惚れしたトーマスは、彼女の訴えに耳を傾
け、多少は真面目に国民の為の行動をしようと考え始める。           
 ところが、そんなトーマスの動きは、悪徳政治家のドッジ委員長やそのスポンサー
達によって、封じ込められる・・・                      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 政治コメディで非常に面白い。                       
 「いとこのビニー」で実に軽快な演出を見せてくれた、ジョナサン・リン監督が、
パラマウントからフリーになって初主演のエディ・マーフィをうまく使いこなして、
2時間近くを飽きささずに一気に観せてくれる。                
 エディ・マーフィの前作「ブーメラン」は、若干消化不良気味の映画じゃったが、
この映画は、彼の持ち味が発揮出来る内容になっとり、伸び伸びと楽しそうに演じと
るのが、え〜で〜。                             
 こ〜ゆ〜ペテン師の役なんかは、マーフィにはうってつけじゃもんね〜。    
 例のエヘ、エヘ笑いも健在で、声色の人真似なんかの彼お得意の芸も盛り込まれ、
ファンを最後までタップリと楽しませてくれる。                
 詐欺師グループの秘書役のシェイル・リー・ラルフは肉感的で、調査員のビクトリ
ア・ロウエルは知的と、二人の女優の対照的なキャラクターも楽しい。      
 脇を固める助演陣も芸達者が揃っとり、お陰で全編を通して映画がダラけんのも良
い。                                    
 また、冒頭でジェームズ・ガーナーの元気な顔が見えるのも、オールド・ファンの
一人としては喜ばしい限りじゃ。                       
 照明や撮影がうまく、画面が綺麗で、観とってほんまに気持ちがえ〜で〜。   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP