とわ                  
永遠に美しく・・・
DEATH BECOMES HER
    
 1992年  米  ユニヴァーサル

 (113分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年8月1日

 監督:ロバート・ゼメキス                         
 出演:メリル・ストリープゴールディ・ホーンブルース・ウィリス/イザベラ
    ・ロッセリーニ/他                         
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 かつてブロードウェイで人気女優じゃったマデリーン(ストリープ)も、今じゃ〜
すっかり人気も落ちて、かつての名声にしがみつくだけになっとった。      
 そんな落ち目の彼女の楽屋に、学生時代からの親友(?)で女流作家のヘレン(ホ
ーン)が、婚約者の有名な美容整形外科医・アーネスト(ウィリス)を見せびらかし
に訪ねて来る。                               
 マデリーンはアーネストをお色気攻撃で横取りしてしまい、数カ月後、マデリーン
とアーネストは結婚する。                          
 婚約者を親友に取られたショックで自棄になったヘレンは過食症になり、数年後に
は大デブになり、療養所に入院する始末。                   
 ヘレンはリハビリ生活中、マデリーンへの復讐を考え続ける。         
 更に数年後、ヘレンの新作出版記念パーティに招待されたマデリーンは、夫と二人
で出掛け、そこで別人のよ〜に若くスリムになったヘレンに会い、マデリーンは仰天
する。                                   
 アーネストは今では、見栄っ張りで浪費家のマデリーンとのビバリーヒルズでの贅
沢な生活を維持する為、心ならずも、より儲けの良い死体のメークをする仕事をしと
った。                                   
 ヘレンはそんな嫌な仕事を続けとるアーネストを慰めてやり、アーネストも若くて
綺麗で優しいヘレンに心を動かされる。                    
 ヘレンにしてみたらアーネストは、マデリーンに横取りされたとは言え、元々は自
分が結婚するはずじゃった男なんで今でも好きじゃし、マデリーンから奪い返す事に
よって、マデリーンに復讐するとゆ〜意味も有った。              
 マデリーンは夫の気持ちがヘレンに移るのを感じ、何とか自分に引き止めようとす
るが、中年のオバサンになった自分の姿を鏡で見て焦る。            
 知人から教わった、魔女リスル(ロッセリーニ)の屋敷に行き、不死身になる秘薬
を購入する。                                
 その薬を飲むと、たちまちマデリーンの肌は若返り、体もひきしまって、マデリー
ンは歓喜する。                               
 そんな薬を飲んだ事を知らんヘレンとアーネストは、二人が一緒になる為に邪魔な
マデリーンを事故に見せかけて殺そうと話合い、アーネストはマデリーンを階段から
つき落とす。                                
 マデリーンは階段からころげ落ちた衝撃で、首を複雑骨折し、どうみても即死状態
じゃったが、不死身の秘薬を飲んどったマデリーンは、首が180°後ろに回ったま
ま起き上がる・・・                             
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ブラック・コメディじゃが、はっきしゆ〜てコメディとしての面白さはそれほどで
はなく、不気味な雰囲気もそんなに漂わん。                  
 どっちかとゆ〜と、淡々と普通に進行してしまい、そのまま最後まで盛り上がりに
欠けたまま終わるんで、ゼメキス監督作品とゆ〜事で、もっと面白く盛り上がる映画
を期待しとったんじゃが、多少期待外れの感は否めん。             
 しかし、SFXはすげ〜ど〜。                       
 特に後半、メリル・ストリープの首が180°後ろに回った状態で動きまわったり
、ゴールディ・ホーンのお腹の真ん中に、ポッカリ穴が空いた状態で立ち回りしたり
するところは、ほんまにこれは一体ど〜やったんじゃろ〜?と感心して観てしまうで
〜。                                    
 メリル・ストリープは撮影の時、大変じゃったろ〜ね〜?           
 もっとも、この人、芸達者な女優さんじゃけ〜、ま〜実に見事に合成用の演技をこ
なしとり、特撮と判らんよ〜な自然さはすごいで〜。              
 前半、過食症で大デブのホーンの姿も見事で、これが有るけ〜こそ、その後、変身
したホーンが、よりスリムに感じられるんじゃね〜?              
 いや〜、このへんのメーク技術も大したもんじゃ。              
 もっとも、ゴールディ・ホーンはこの映画の撮影時には47歳になっとるのに、あ
のスタイルの良い身体なんで、ほんまに何か秘薬でも飲んどるんじゃ〜にゃ〜か〜?
と思えてしまうもんね〜。                          
 (ちょうど、”木○実ナナ”みたいなもんじゃね〜?)            
 ブルース・ウィリスは二人の女に振り回され、あっちにフラフラ、こっちにフラフ
ラする、冴えんダメ中年男を好演しとる。                   
 元来がボソボソ話す地味な役が向くタイプなんで、こ〜ゆ〜役柄はもってこいじゃ
ね〜?                                   
 前半はダラダラしとるんでちょっと辛いが、後半、身体に死ぬほどのダメージを受
けた二人の女の壮絶な戦いになると面白く観れる。               
 じゃが、スタッフやキャストにうまい人が揃った割に、SFXのすごさ以外に見所
が少ない映画とゆ〜のは、ちと悲しいところが有るね〜?            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP