隊長ブーリバ
TARAS BULBA
    
 1962年  米  MGM/UA

 (125分)

 Hi−Fiモノラル

 ビデオリリース日:1992年10月2日

 監督:J.リー・トンプソン                        
 出演:トニー・カーティスユル・ブリンナークリスチーネ・カウフマン/サム
    ・ワナメーカー/ブラッド・デクスター/ガイ・ロフル/他       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 16世紀、オスマン・トルコの軍勢が西のポーランドに侵攻した。       
 強力なトルコ軍勢の前にポーランド軍の敗色が濃かった。           
 ポーランドの東のウクライナにはコサック騎馬民族がおり、この乱暴な軍団にポー
ランド王はウクライナのステップ(大平原)の領地保全と自由を条件に、ポーランド
に味方するよう依頼し、コサックの援軍でトルコ軍を撃破する。         
 しかし、ポーランド軍はトルコに勝った途端、コサックとの約束を反故にし、ステ
ップ奪取の為、コサックに対して攻撃をしかけ、コサックは大被害を受け、敗退逃走
する。                                   
 コサックは首長の下に隊が有り、そのひとつを取りしきるブーリバ隊長(ブリンナ
ー)は、ポーランドへの復讐を誓う。                     
 広大なウクライナに散ったコサック達は、隠蔽生活の中にも、来るべき戦闘に備え
、日々訓練を欠かさんかった。                        
 ブーリバにも二人の息子が出来、たくましく育った。             
 ポーランドからコサックへの特赦が出て、コサックに高等教育を受けさせようと、
子供をキエフ学院へ入学させるよう言って来る。                
 憎い敵を知る為、ブーリバは二人の息子をポーランドの学校にやる事にする。  
 ブーリバの長男アンドレー(カーティス)は、キエフで貴族の娘ナタリア(カウフ
マン)と許されぬ恋に落ちてしまう。                     
 ナタリアの兄は、妹とコサックの息子との仲を引き裂こうと、夜キエフ学院に仲間
とやって来て、アンドレーに仕置きをする。                  
 アンドレーの弟オスタップは隙を見て、剣を奪取し、ナタリアの兄を殺す。   
 貴族を殺したコサックの二人は、追われる身となり、命からがら故郷に逃げ帰る。
 そこに、コサックの首長から招集命令が来て、ブーリバや息子達はポーランドへの
復讐が出来ると気勢を挙げるが、それはポーランドに味方をする戦への招集じゃった
・・・                                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 大作映画全盛の頃の作品で、人や馬の数も多く出演する、いわゆるスペクタクル映
画で、公開当時70ミリじゃった記憶が有る。                 
 30年間、何故かビデオ化されず、記憶も薄れかけたところに出て来たんで、大喜
びしてレンビデして観たが、大分忘れてしも〜とるもんじゃね〜?        
 しかし、クリスチーネ・カウフマンの魅力に参って、何回映画館に足を運んだ事や
ら。                                    
 当時カウフマンが17歳で、その美貌にはしびれたで〜、ほんまに。      
 (演技は下手じゃがそんなん関係無し、はははは・・・・・)         
 トニー・カーティスは一番脂の乗った頃で、なんせユル・ブリンナーより先にクレ
ジットされる位のもんじゃけ〜、当時の人気はすごい。             
 しかも、この映画でカウフマンとロマンスを咲かせ、数年後に結婚してしも〜たん
で、やっぱしとゆ〜思いと、カウフマンが結婚したとゆ〜ショックで、妬けたり、う
らやましがったりしたもんじゃ。                       
 ユル・ブリンナーは当時のスペクタクル映画には、かかせん存在じゃった。   
 いつもあのスキン・ヘッドで強烈なキャラクターを印象づけてくれた。     
 (演技の大袈裟なんは舞台のまんま)                    
 この頃の大作映画じゃ〜、おきまりのよ〜に、ヒロインのテーマ曲とゆ〜のが有っ
たね〜?                                  
 「ドクトル・ジバゴ」の”ララのテーマ”のように、この映画にも”ナタリア”が
画面に出ると必ず流れる旋律が有り、こんな作り方も今ごろ見ると、良き時代の映画
じゃの〜と微笑ましく、ほのぼのとした気持ちで観れるで〜。          
 たまには、こんな昔の大作映画もえ〜もんで〜、ほんまに。          
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP