ボーイズ・ライフ
THIS BOY'S LIFE
    
 1993年  米  ワーナー・ブラザース

 (120分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年5月27日

 監督:マイケル・ケイトン・ジョーンズ                   
 出演:ロバート・デ・ニーロエレン・バーキンレオナルド・ディカプリオ/他
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 1950年代の米国ユタ州。                        
 トビー(ディカプリオ)は母キャロライン(バーキン)と二人暮らしじゃた。  
 キャロラインは恋多き女性じゃが男運が悪く、同棲しとった前の恋人は暴力的で、
その男の所から何も持たずに、トビーと二人きりで逃げだし、遠く離れた小さな町で
隠れ住んどった。                              
 やがてトビーは悪友と遊び回るよ〜になり、学校もサボル事が多くなった。   
 キャロラインは田舎で農業をやっとるドワイト(デ・ニーロ)とゆ〜朴訥で、真面
目そうな男とつきあい始め、再婚を考えるよ〜になる。             
 トビーの不良根性を直す為、キャロラインはトビーをドワイトの家に預ける。  
 ドワイトはキャロラインの前ではおとなしい、面白い人間のように見えたが、自分
の家では暴君で、家族に自分の考えを無理やり押しつけるタイプの父親で、それが親
父の威厳を保つコツと思っとり、先妻との間に出来た子供3人は、ドワイトの言うま
ま。                                    
 トビーにも、根性矯正の為として、時には暴力も振るって、自分の価値観を押しつ
けるが、トビーは母の再婚相手なんでジッと耐える。              
 やがて、キャロラインはドワイトと再婚し、ドワイトの家にやって来る。    
 しかし、キャロラインは自由な思想を持った女性で、亭主の言う通りにはならんの
で、ドワイトは段々イラ立って来て、トビーにやつ当たりする。         
 キャロラインは、大統領選挙に立候補したケネディを応援するボランティア活動に
夢中になるが、女が選挙運動に出歩く事をドワイトは快く思わんかった・・・   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 自叙伝的小説を原作にしたヒューマン・ドラマで、少年の頃の思い出を淡々と描い
てあり、地味じゃが最後まで一気に観てしまう作品じゃ。            
 マイケル・ケイトン・ジョーンズ監督は、丁寧に順を追って判り易く構成しとり、
下手をすると大失敗作になりそうな難しい題材を、うまくまとめきっとる。    
 この映画は、情感に訴えて感動する作品じゃ〜なく、少年時代の惨めな時代を描い
ただけの内容じゃが、出演者の演技力で、魅力的な映画に仕上がっとる。     
 主演のロバート・デ・ニーロは、ほんまにうまいね〜。            
 並の演技者なら、すぐにサイコ的な危ない男に演じそうな主人公を、ギリギリの線
で普通の、どこにでもおる父親で、ちょっとだけカッとなるのがタマに傷といった雰
囲気を、実に上手に按分して演じとるのはさすがじゃ。             
 もう一人の主演とも言えるレオナルド・ディカプリオは、少年ながら抜群の演技力
で、デ・ニーロを食うほどじゃ。                       
 さすが、デ・ニーロに目をつけられて、指名されて出演しただけの事は有る。  
 これはまた、将来が楽しみな若手男優が出て来たもんじゃ。          
 当分、注目株で目が離せんね〜。                      
 エレン・バーキンも、恋多き自立心旺盛な中年女性を、デ・ニーロやディカプリオ
に負けん好演で、この三人の熱演によって映画の格がグンと上がっとる。     
 叙情的な映画でなく、ヒューマン感動映画でも無く、ましてやアクション映画など
では到底無く、まったくジャンル分けに困るが、こんな映画もたまにはえ〜ね〜。 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP