ブーメラン
BOOMERANG
    
 1992年  米  パラマウント

 (120分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1993年5月28日

 監督:レジナルド・ハドリン                        
 出演:エディ・マーフィ/ロビン・ギブンズ/アーサー・キット/ハル・ベリー/
    グレース・ジョーンズ/マーチン・ローレンス/デビッド・アラン・グリフ
    ァー/他                              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 シャントレス化粧品の副社長のマーカス・グレアム(マーフィ)は、女ったらしの
プレイ・ボーイで、女性の扱いは手慣れたもの。                
 口もうまく、多くの女性と浮名を流しとった。                
 しかし、会社がレディ・エロイーズ社に吸収合併される事になり、副社長を降格さ
れ、マーケティング部に配属される。                     
 マーケティング局長は、ジャクリーン(ギブンズ)とゆ〜グラマーなベッピンさん
で、マーカスにとっては上司じゃが、いつもの調子でマーカスはジャクリーンに迫る
が、彼女は社内恋愛には反対じゃと言い、簡単にはマーカスの口説きに乗らん。  
 新会社のイメージ・モデルに起用されたストランジェ(ジョーンズ)は、気儘で性
に奔放な女性でジャクリーンも手を焼くが、そこは女の扱いのうまいマーカスがスト
ランジェの機嫌を上手に取りながら、仕事もうまく進めて行く。         
 マーカスの仕事の手腕は、ジャクリーンも認める。              
 本社での会議に出張したマーカスとジャクリーンは一夜のお遊びで、関係を持ち、
マーカスはジャクリーンに本気で恋し、メロメロになり、プレイボーイの名が泣くほ
どで、ジャクリーンと結婚したいと思うよ〜になる。              
 しかし、ジャクリーンは仕事人間なんで、結婚なんか考えとらんので、マーカスの
思いとはスレ違い。                             
 マーカスは仕事が手に付かず、新製品の香水のテレビCM制作を部下にまかせっき
りにした為、それが大失敗作じゃって、マーカスはジャクリーンから、しばらく休暇
を取り、気分転換をはかるよ〜に命令される。                 
 マーカスを密かに慕う部下のアンジェラ(ベリー)は、仕事も良くやり、可愛い娘
なんじゃが、なぜかマーカスはアンジェラを恋愛の対象には一度も考えた事が無く、
それどころか親友のジェラード(グリファー)に仲を取り持ってやるほどじゃった。
 そんなアンジェラが、落ち込んだマーカスを力づけてやろうとするが、マーカスは
まだジャクリーンに未練が有った・・・                    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 トレンディ・ドラマ的な恋愛映画で、オシャレな感じがえ〜ね〜。       
 今までのエディ・マーフィの映画のよ〜に、ギャグの連発の大笑いシーンとゆ〜の
が無いんで、それを期待するとガッカリするかもしれんが、わしは好きじゃね〜、こ
の映画。                                  
 エディ・マーフィーがモテモテ男を演じるのは、「星の王子ニューヨークへ行く」
(1988年/監督:ジョン・ランディス)でも有ったが、この映画ではチョッと違
い、モテモテのプレイボーイが、女性に恋してふられ、純愛をやるとゆ〜内容で、今
までの映画とは雰囲気が多少違う。                      
 エディ・マーフィもいつものとぼけたキャラクターを極力押さえて、シリアスな演
技に徹しとるのが、ファンとしては、彼の違う一面を見られて楽しい。      
 エディ・マーフィを手玉に取る女性役のロビン・ギブンズは元タイソン夫人で、そ
のスレンダーなスタイルはさすがじゃ!(何が?)               
 ハル・ベリーダーは、エディ・マーフィを密かに思い続ける、純な女性を好演しと
り、またそのキュートな容姿は日本人にも抵抗なく受入れられそうじゃ。     
 映画の中で、黒人差別のあぶない発言やジョークがホイホイと出てくるが、それら
がアメリカの現実をかい間見せてくれる。                   
 ま〜この辺は、あんまし堅い事言わずに、笑って観とったらえ〜ね〜?     
 後半は、何かバタバタと、無理やりまとめに入ったとゆ〜感じなんは、ちと残念な
ところじゃが、全体のバランスは良い。                    
 コメディとゆ〜より、ラブ・ロマンスの趣で、こんな小粋な映画は、わし大好きな
んで、最後まで一気に観てしも〜たで〜。                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



TOP