第71回 アカデミー賞 (1998年度)


        作品賞 「恋におちたシェイクスピア」            
            製作:デビッド・パーフィット/他          

        監督賞 スティーブン・スピルバーグ             
            「プライベート・ライアン」             

      主演男優賞 ロベルト・ベニーニ                 
            「ライフ・イズ・ビューティフル」          

      主演女優賞 グウィネス・パルトロウ               
            「恋におちたシェイクスピア」            

      助演男優賞 ジェームズ・コバーン                
            「白い刻印」                    

      助演女優賞 ジュディ・デンチ                  
            「恋におちたシェイクスピア」            

    衣装デザイン賞 サンディ・パウエル                 
            「恋におちたシェイクスピア」            

        音響賞 ゲイリー・ライドストロム/他            
            「プライペート・ライアン」             

    音響効果編集賞 ゲイリー・ライドストロム/リチャード・ヒムス    
            「プライベート・ライアン」             

    特殊視覚効果賞 「奇蹟の輝き」                   

    短編実写映画賞 「エレクション・ナイト」              

   短編アニメ映画賞 「バニー」                     

   作曲賞(ドラマ) ニコラ・ピオヴァーニ                
            「ライフ・イズ・ビューティフル」          

作曲賞(ミュージカル・コメディ) スティーブン・ウォーベック        
            「恋におちたシェイクスピア」            

    メイクアップ賞 ジェニー・サーコア                 
            「エリザベス」                   

        編集賞 マイケル・カーン                  
            「プライベート・ライアン」             

        名誉賞 エリア・カザン                   

       主題歌賞 ”WHEN YOU BELIEVE”        
             「プリンス・オブ・エジプト」           
            by ホイットニー・ヒューストン/マライア・キャリー

短編ドキュメンタリー映画賞 伊比恵子                    
                 「ザ・パーソナルズ」                

ドキュメンタリー映画賞 「ザ・ラスト・デイズ」               

        美術賞 マーティン・チャイルズ/ジル・クォーティアー    
            「恋におちたシェイクスピア」            

     外国語映画賞 「ライフ・イズ・ビューティフル」          
                        (イタリア)                    

        脚色賞 ビル・コンドン                   
            「ゴッズ・アンド・モンスターズ」          

   オリジナル脚本賞 マーク・ノーマン/トム・ストッパード        
            「恋におちたシェイクスピア」            

        撮影賞 ヤヌス・カミンスキー                
            「プライベート・ライアン」             

特別賞/アービング・G・サルバーグ賞  ノーマン・F・ジュイソン      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 1999年3月22日(日本時間)、第71回アカデミー賞(1998年度)の授
賞式がロサンゼルスのドロシー・チャンドラー・パビリオンで行われ、13部門でノ
ミネートされとった「恋におちたシェイクスピア」が7部門を獲得した。     
 11部門ノミネートの「プライベート・ライアン」は5部門を獲得で、「恋に〜」
に受賞数じゃ〜負けたが、「プライベート〜」は監督賞を受賞したんで一矢報いた格
好じゃ。                                  
 司会のウピー・ゴールドバーグは、衣装デザイン賞にノミネートされた映画のコス
チュームを変えながら、おもしろおかしく上手に進行させて行く。        
 昨年の物故者「アラン・J・パクラ監督」「黒澤明監督」「スタンリー・キューブ
リック監督」などの紹介で、改めて、あ〜あの人もそういえば亡くなったんじゃった
ね〜と思い出させてくれる。                         
 「エリア・カザン監督」への名誉賞授与については、赤狩りの密告者として、会場
の外では反対者のデモが有ったり、会場内でも受賞の時、スタンディングせんどころ
か、腕組みのまま拍手もせん人もおったりで、ここらへんは自分の意思をはっきり表
現出来る土壌がある米国ならではじゃ。                    
 日本じゃ〜、授与にしても、反対意思を表現するにも、多分こうはいかんで〜。 
 まぁ色々あったが、全体的には見事な構成じゃ。               
 日本アカデミー賞も、本場の構成を参考に、是非格式ある内容にして欲しいね〜?

 ところで、今年のアカデミー賞の中では、日本では「ザ・パーソナルズ」で短編ド
キュメンタリー映画賞を受賞した伊比恵子に大変なスポットライトがあたった。  
 確かに、おめでたい話しなんじゃが、作品賞よりウエイトを置いた報道で、えらい
騒ぎじゃった。                               
 で、これまでアカデミー賞における日本人の受賞は次じゃ。          

 第24回(1951年度) 外国語映画賞 「羅生門」            
 第27回(1954年度) 外国語映画賞 「地獄門」            
   〃 (  〃   ) 衣装デザイン賞(カラー部門)和田三造      
 第28回(1955年度) 外国語映画賞 「宮本武蔵」           
 第30回(1957年度) 助演女優賞  ナンシー梅木「サヨナラ」     
 第48回(1975年度) 外国語映画賞 「デルス・ウザーラ」       
 第58回(1985年度) 衣装デザイン賞 ワダエミ「乱」         
 第60回(1987年度) 作曲賞 坂本龍一「ラスト・エンペラー」     
 第62回(1989年度) 名誉賞 黒澤明                 
 第65回(1992年度) 衣装デザイン賞 石岡瑛子「ドラキュラ」     
 第71回(1998年度) 短編記録映画賞 伊比恵子「ザ・パーソナルズ」  

 何にしても、各賞を受賞された皆さん、ほんまにおめでとう!!        
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






BACK TOP