アダムス・ファミリー2
ADDAMS FAMILY VALUES
    
 1993年  米  パラマウント

 (102分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1994年6月24日

 監督:バリー・ソネンフェルド                       
 出演:ラウル・ジュリアアンジェリカ・ヒューストンクリストファー・ロイド
    /ジョーン・キューザッククリスティーナ・リッチ/ジミー・ワークマン
    /キャロル・ケイン/他                       
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 アダムス家の当主のゴメズ(ジュリア)と妻のモーティシア(ヒューストン)の間
に次男が誕生する。                             
 長女のウェンズデー(リッチ)と長男のバグズリー(ワークマン)は両親の愛情を
赤ん坊に全部取られるよ〜で面白くない。                   
 赤ちゃんを事故死さそうと色々やるが、全部失敗。              
 両親は、ベビーシッターを雇い、赤ちゃんを子供達から守ろうと考える。    
 紹介所からやって来たデビー(キューザック)はブロンドのグラマー姉ちゃんで、
ゴメズの兄で居候のフェスター(ロイド)は、一目でメロメロ。         
 デビーは実は、金持ちの男と結婚しちゃ〜、事故死に見せかけて殺して、財産を奪
うとゆ〜事を繰り返す結婚詐欺の悪女じゃが、猫をかぶりフェスターに近づく。  
 デビーはウェンズデーとバグズリーの二人の子供は邪魔なんで、夏休み子供キャン
プに参加させて追い出す。                          
 健全なキャンプなんか大嫌いな二人は、他の子供たちから浮いてしまい、キャンプ
場の指導員にもいつも反抗的な二人は、皆から精神をたたき直す標的にされる。  
 お色気作戦を展開し、まんまとフェスターと結婚したデビーは、アダムス家から別
居し、フェスターにゴメズと絶縁させてしまう。                
 早速デビーはフェスターを事故死にみせかけて殺そうと、新居に色々な仕掛けをす
るが、ど〜やってもフェスターは死なん・・・                 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ブラック・コメディで実に面白い!!                    
 前作は、アダムス一家の紹介のよ〜じゃったが、今回は、もう皆家族のキャラクタ
ーを知っとるとゆ〜事を前提にした内容で、これから初めて見る人には、ちと判りに
くいかもしれんね〜?                            
 じゃが、キャラクターにベビーとグラマーな金髪悪女デビーが増え、デビーの悪だ
くみと、アダムス家のわんぱく姉弟が健康な太陽の下でのサマー・キャンプに参加す
るとゆ〜、二つの趣向が交差しながら、最後まで飽きささん構成で、面白く一気に観
せてくれる。                                
 バリー・ソネンフェルド監督は、前作と「バラ色の選択」で、もうすっかりコメデ
ィ映画のコツをつかんだよ〜じゃね〜?                    
 出演者は、前作同様個性派が揃い、演技合戦は前作以上じゃ。         
 ラウル・ジュリアは相変わらず淡々としとるが、存在感が有るね〜。      
 アンジェリカ・ヒューストンは前作以上に能面のよ〜な無表情で怪演し、オカマ的
メークで更に迫力満点じゃ。                         
 クリストファー・ロイドは、ヤッパシうまい!!               
 こ〜ゆ〜役を、実に楽しそうに演じとるのが画面から滲み出て来て、こっちまで観
とって楽しくなってくる。                          
 クリスティーナ・リッチの無表情な顔が、一瞬ニ〜〜ッと笑うシーンが有るが、こ
のシーンだけ見ても、この娘の演技力の確かさを十分感じる事が出来る。     
 ジョーン・キューザックは、中々肉感的な悪女になっとり、魅力的なキャラクター
で、役にピッタシじゃ。                           
 全員のキャスティングが的確で、映画の雰囲気を前作同様に不気味に保っとるのは
え〜ね〜。                                 
 これはまだ続くんかしらん?                        
 子役の成長で、同じキャスティングでいつまでも作れんかもしれんが、続けて欲し
い映画じゃね〜。                              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






BACK TOP