ジム・キャリーのエースにおまかせ!
エース・ベンチュラ2
ACE VENTURA : WHEN NATURE CALLS
    
 1995年  米  モーガン・クリーク

 (103分)

 Hi−Fiステレオ  ドルビーサラウンド

 ビデオリリース日:1996年11月7日

 監督:スティーブ・オーデカーク                      
 出演:ジム・キャリー/イアン・マクニース/サイモン・カロウ/メイナード・エ
    ジアシ/ボブ・ガントン/トミー・デビッドソン/ソフィ・オコネド/他 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【物語】
 動物専門の探偵エース(キャリー)は、高山に墜落した飛行機から逃げだした”ア
ライグマ”の救出に失敗する。                        
 落ち込んだエースは、チベットの山奥の寺院で僧侶になり、懺悔の日々を送っとっ
た。                                    
 そんなエースのもとへ、アフリカの某国に有る英国大使館から、対立する原住民の
部族の長の息子と娘の結婚式にはなくてはならん聖なる動物”シカカ”が盗まれたん
で捜し出して欲しいと依頼が来る。                      
 もし”シカカ”が結婚式までに見つからんと、せっかくの仲直りの機会が、逆に部
族同士の戦争になるとの事。                         
 エースは高僧の許可を得て還俗しアフリカに行くと、捜索依頼の”シカカ”は、ペ
ット大好きのエースの唯一苦手な動物、コウモリの一種じゃと判る。       
 大嫌いなコウモリのぎょ〜さん居る洞窟の中や、白人密猟者の隠れ家や、結婚相手
の好戦的な部族に探しに行ったりするが、危機の連続。             
 エースは、ペット探偵のプライドにかけて、聖なる白コウモリ”シカカ”探しを続
けるが、この”シカカ”盗難には、何やら白人の陰謀が見え隠れする・・・    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《独断感想・エトセト欄》
 ナンセンス・ドタバタ・コメディで面白い!                 
 スティーブ・オーデカーク監督は、本来コメディアン兼脚本家で、ジム・キャリー
とも過去「ジム・キャリーinハイ・ストラング」(1994/米/監督:ロジャー
・ニガード/出演:ジム・キャリー/トム・ウィルソン/他)で共演しとり、キャリ
ーとの息もピッタリ。                            
 監督としての腕前も良く、キャリーのオトボケ・シーンが大量に入る為に、多少展
開がモタつく所はあるものの、面白く最後まで一気に観せてくれる。       
 コメディ映画のスタイルとして、有名な映画のパロディ・シーンは欠かせんが、こ
の映画もその辺はきっちり押さえとる。                    
 冒頭のアライグマ救出は、もう「クリフ・ハンガー」(1993年/米/監督:レ
ニー・ハーリン/出演:シルベスター・スタローン/ジョン・リスゴー/他)そのも
ので、シチュエーションから構図までそっくり。                
 象やシマウマなんかの動物が壁を突き破って現れる「ジュマンジ」そっくりのシー
ンも有って笑わせてくれる。                         
 他にも、あ〜、何かこんなシーンの映画が有ったで〜っ、とゆ〜感じで、色々と趣
向を凝らしてあるんで、そっちでも楽しめる。                 
 ジム・キャリーは、シリーズ1作目「エースベンチュラ」(1994年/米/監督
:トム・シャドヤック/出演:ジム・キャリー/ショーン・ヤング/他)に比べ、ギ
ャグパワーが数倍強烈で、しかもハメの外し方が無茶苦茶じゃ。         
 それのに、これまでのジム・キャリー出演の映画で、散々彼の常識外れの動きに慣
らされた為かしらんが、かえってこの無軌道ぶりを安心して見とられるね〜?   
 う〜ん、慣れるもんじゃの〜。                       
 ま〜何にしても、ハチャメチャに楽しい映画なんで、ナンセンス・コメディで大い
に笑いたい人は、是非これをご覧下しゃ〜。                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






BACK TOP