ラーメンをこよなく愛する S.ISHII の独断と偏見による

「福山ラーメン」の定義

(または「尾道ラーメン」と、いかに違うかについて)





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【福山ラーメン】の特徴

  写真
           「十八番」

  写真
           「福龍」
○醤油ラーメンで、スープは半透明の醤油色である。

○醤油色が尾道ラーメンより薄め。

調合醤油を少量丼に入れ、ダシ汁と丼であわせる

表面に乗る豚の背脂が煮てあり、量が少ない。

油膜はあまり無い。

○具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、もやし程度。

チャーシューは、普通厚さで、小さめのが2枚〜3枚。

ダシは鳥ガラが主体で、小魚などの魚ダシは入っていない。

味付けが尾道ラーメンより薄い。

中細麺である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 【尾道ラーメン】の特徴
  写真
         「朱華園 福山店」

  写真
          「ほんてん」
○醤油ラーメンで、スープは半透明の醤油色である。

○醤油色がちょっと濃いめ。

醤油ダシを寸胴で煮て、別釜のダシ汁と丼であわせる。

表面に乗る豚の背脂が炒ってあり、量が多めである。

油膜が厚い。

○具は、チャーシュー、メンマ、ネギ程度。

チャーシューは超薄く、広めが1枚〜2枚。

ダシは鳥ガラが主体で、小魚などの魚ダシが入っている。

味付けが濃い。

平麺である。


●=大きく違うところ                            
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  ”福山ラーメン”とノボリや看板にハッキリ表示してある店は、福山市の「クラタ 食品」が麺を卸しとる店で、「クラタ食品」は”福山ラーメン”ブランドのお土産ラ ーメンを駅などでも販売しとる。                         表示は無いが、「十八番」「一福食堂」「福龍」などのラーメンも(それぞれ定義 と微妙に違うところも有るが)、”福山ラーメン”じゃと、わしは思うの〜、うん。 2000/01/27  2006/11/24  2008/10/03
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

BACK TOP