---

しゃんはいりょうり らんらん 
上海料理 蘭蘭

醤油 その他
    
    
             ラーメン
 スープ : とんこつ・鶏ガラ・醤油/醤油色・半澄み
 麺   : 平細麺/白色/半ちぢれ麺
 具   : 角煮チャーシュー、メンマ、ネギ、豚背脂

 価 格 : ラーメン 450円
 評 価 : 





 価 格 : 担担麺 550円
 価 格 : ワンタンメン 550円
 価 格 : ラーメン炒飯セット 700円



 製 麺 : はせべ

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は、「芦田川大橋」を鞆町方向に渡り、鞆行きバス路線道(県道22号線)と
合流する「福山商業高校入口」交差点までズンズン行き、交差点を右折し福山方向に
ちょっと帰ってすぐの「小僧寿し 水呑店」の向かい。             
 オレンジ色の派手な外壁なんですぐ分かる。                 
 駐車場はお店の隣に、三角地で狭いけど2台分ほどのが在る。         
 店内は、入口から左にカウンター席5椅子、4人テーブル席が2机、厨房の前のカ
ウンター席6椅子で、合計19人ほどの小ぢんまりしたお店じゃ。        
 日本語がちょっとだけ怪しい女将が、一人でやっとんてんようじゃ。      
 メニューには”唐揚げ、ギョーザ、ニラレバー炒め、酢豚、中華丼”なんかの中華
料理の定番がズラリと並ぶが、”ラーメン炒飯セット”を頼む。         





 ”ラーメン”は、一見尾道ラーメン風。                   
 ただ、チャーシューが角煮なのが違うね〜。                 
 まずは、スープを一口ズズズ・・・うん、見た目より大人しい上品な味わいじゃ。
 ダシを感じるが、ダシは薄めじゃ。                     
 醤油の塩加減は丁度良い。                         
 麺の茹で加減も良い。                           
 角煮は??柔らかいけど、旨さが無い。                   
 不思議じゃ、どうやったらこうなるん?                   
 メンマは美味しい。                            
 まぁ、総合的には悪くは無いが、飛び抜けた美味さも無い、そこそこの仕上がりじ
ゃね〜。                                  

 ”炒飯”は、肉が入らず、茶色いのは玉ねぎのみじん切りを、わざと焦がしたもの
で、これが独特の風味になっとる。                      
 塩加減は丁度良い。                            
 じゃが、この”炒飯”の風味は好き嫌いが分かれそうじゃね〜?        
 わしは、好きじゃけど・・・                        

 生まれが上海とゆ〜女将の人当たりの柔らかさと家庭的な雰囲気に、つい女将との
おしゃべりがはずんでしまう、心温まるお店です。               

---


所在地 /福山市水呑町2702−2
電 話 /084-920-5639
営業時間/11:30〜14:30/18:00〜22:30
定休日 /不定休
駐車場 /有り
座敷席 /無し
開 店 /2000年
    MAP

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2007/11/30
更新履歴詳細
---



BACK TOP