---

ラーメンハウス らいおん

醤油豚骨 塩 味噌
    
    
    
            ラーメン
 スープ : とんこつ・鶏ガラ・魚介・野菜
       ・昆布・醤油/ベージュ色・濁り
 麺   : 中細麺/薄黄色/半ちぢれ麺
 具   : チャーシュー、メンマ、もやし、ネギ

 価 格 : ラーメン 650円
 評 価 : ★★★★★★★★☆☆





 価 格 : 玉子ラーメン 700円
 価 格 : コーンラーメン 730円
 価 格 : わかめラーメン 730円
 価 格 : もやしラーメン 730円
 価 格 : にんにくラーメン 730円
 価 格 : 激辛ラーメン 730円
 価 格 : 塩ラーメン 730円
 価 格 : 塩バターラーメン 750円
 価 格 : しなちくラーメン 750円
 価 格 : みそとんこつラーメン 750円
 価 格 : カリカリラーメン 850円
 価 格 : 大吉ラーメン 850円
 価 格 : ネギラーメン 850円
 価 格 : 野菜中華そば 890円
 価 格 : チャーシューラーメン 950円(限定)
 価 格 : カツラーメン 950円(限定)
 価 格 : ヤングラーメン 950円(限定)
 価 格 : 特製らいおんラーメン 950円(限定)
 価 格 : スタミナラーメン 1,050円
 価 格 : 冷麺 780円(夏期限定)

 価 格 : 昼定食 850円 (11時〜15時)
 価 格 : ギョーザ 380円
 価 格 : おにぎり 120円/ケ



 製 麺 : 自家製麺

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は、駅前大通り方向から南に進み、沖野上町の「福山医療センター(旧 国立
福山病院)」前の道路を東に300mほど行ったところ。              
 「大田記念病院」の斜め向かい側で、「カメラのサエダ」まで行くと行き過ぎ。 
 入口は道路側に有り、店の横と奥にある駐車場から行くには、ぐるりと回るように
なる。                                   
 正面入口から入ると、真正面に厨房とカウンター席が8椅子、右側の壁に沿って4
人席テーブル席が3机、奥の部屋に8人席テーブルが1机と4人席テーブルが2机と
2人テーブル席が1机で合計32席。                     
 人気が良いんで、昼どきをちょっと外しても、結構満員状態じゃ。       
 接客は動きが良く、注文取りも早くて気持ちが好い。             







 ”ラーメン”を頼む。                           
 客が多いが注文をテキパキこなして、それほど待たずに出てくる。       
 豚骨と鶏ガラのスープはコッテリ、トロリとしとり、表面に脂の膜が渦を巻き、独
特の香りがする。                              
 この匂いは、豚骨のあの嫌な臭さじゃ〜ない。                
 じゃがこの特徴有るスープの匂いは、わしは好きじゃが、好みが分かれるかもしれ
んね〜?                                  
 味付けは、やや塩気が強めじゃが、うまい!                 
 モヤシがシャキシャキしとるのも良い。                   
 麺のゆがき加減も丁度よく、味も良い。                   
 チャーシューも独特の香りがし、これを嫌う人がおるかもしれんが、わしは好きじ
ゃね〜。                                  
 柔らかさとジューシーさも好きじゃ。                    
 メンマは及第点。                             
 総合点が非常に良いラーメンじゃね〜。                   

 最近、スープに魚介がプラスされたようで、それがダシに雑味になっとる。   
 以前のすっきりした味わいが無くなっとり、ちょっと減点。          
 美味しくしようと、色々研究した結果なんじゃろ〜が、う〜ん、残念。     
 更なる研鑚をお願いしたいところです。                   

 ”玉子ラーメン”は、普通の”ラーメン”に煮玉子がプラスされたもんじゃ。  
 煮玉子トッピングのプラス費用が、他店の多くに比べ、割安なのは良いね〜。  

 ”コーンラーメン”を食べた。                       
 基本的なところは、”ラーメン”と同じで、コーンが乗っとるところが違うだけじ
ゃが、このコーンがくせものじゃった。                    
 よくラーメンに乗るコーンはスィートコーンで食感が柔らかいぶんじゃが、ここの
コーンは食感に歯ごたえが有り、まるで生トウモロコシを茹でてたものを乗せたよう
な硬さが有り、実に面白い。                         
 柔らかいコーンを好む人には不向きじゃが、わしはこのコーンは気に入った。  

 ”わかめラーメン”は普通の”ラーメン”にわかめがタップリとトッピングされと
る。                                    
 このわかめがスープに溶けて、わかめの風味が強く表に出とるラーメンじゃ。  
 悪くは無いが、魚介の香りは好き好きなんで、好みが分かれそうじゃ。     

 ”もやしラーメン”は、もやしがてんこ盛りで、もやし好きにはたまらんね〜。 

 ”激辛ラーメン”は辛さを「小辛・中辛・大辛」から選べる。         
 マスターに聞いたら、うちのは辛いで〜とゆ〜んで、ビビッて「小辛」を頼んだ。
 じゃけ〜、辛さはそれほどでも無かった。                  
 ベースは”塩ラーメン”のよ〜じゃね〜?                  
 辛いのが好きな人は、中辛か大辛を頼んだ方がえ〜で〜。           

 ”塩らーめん”は、多少醤油が入っとるようで、味わいが複雑じゃ。      
 これはよく有る、いわゆるアッサリ・イメージの”塩ラーメン”じゃ〜ない。  
 どっちかとゆ〜と”豚骨ラーメン”に入るような出来で、味は良い。      
 わし、好きじゃね〜、これ。                        
 塩加減が適度で、麺の茹で加減も丁度良い。                 
 以前の”塩らーめん”には海苔が差してあったが、今は別皿にしてあり、好みで入
れられるようになっとる。                          
 もっとも、前のは海苔がクタ〜ッとなって、見た目が悪かったもんね〜。    
 別皿にすることにより、パリパリ海苔で客に提供できるのは良いね〜。     
 ゆで玉子も、最近は半熟になって、ビジュアル的に大変良くなった。      
 この”塩らーめん”も高得点のラーメンじゃね〜。              

 ”塩バターラーメン”は”塩ラーメン”にバターがプラスされたもんじゃ。   

 ”しなちくラーメン”は、メンマがタップリと載せられとる。         
 このお店のメンマは、とびぬけた美味さはないが、及第点なんで、悪くない。  
 メンマが好きな人は、このラーメンをどうぞ。                

 2008年10月からの新メニュー”みそとんこつラーメン”を食べてみた。     
 スープをひと口・・・・ズズズ・・・そんなにスープは熱くない。       
 スープの辛さの程度は普通で、ヒリ辛さは全然ない。             
 味噌に甘みが無い。                            
 いわゆる標準的な札幌ラーメン系の、無難な普通の味噌ラーメンじゃ。     
 せっかく良いスープのに、合わせる味噌に工夫が無い。            
 もっと特徴の有る配合をした味噌で、この店ならではの味噌ラーメンを期待したい
もんじゃ。                                 
 麺の茹で加減は丁度良く美味しい。                     
 味噌のブレンドを研究して、向いの店に負けん味噌ラーメンを作り出して欲しい。

 ”カリカリラーメン”は、チーズを餃子の皮でくるんで、カリッと揚げたものがト
ッピングされとる。                             
 ラーメン自体は美味いが、トッピングのチーズの味がおとなしく、スープがこって
りしとるんで、チーズの味が立ってこん。                   
 もっと、味のコッテリ濃いチーズの方が良いかも?              

 ”大吉ラーメン”は、”ラーメン”に餅の揚げたものが2つトッピングされとるの
が違うだけじゃ。                              
 餅を食べたら、腹がおきるね〜?                      
 わし、餅が好きじゃけ〜、美味いの〜。                   
 餅が好きな人は、これをど〜ぞ。                      

 ”ネギラーメン”は、ネギが山盛りで、このネギが辛いネギで、別添の一味なんか
必要ない。                                 
 ヒリ辛のが好きな人は、これじゃね〜。                   

 手間がかかり過ぎるからとの理由から一時メニューから消えてとった、わしの好な
”野菜中華そば”が復活した。                        
 トッピングに黒胡椒がかけてあるが、これは古いタイプの福山ラーメンは、最初っ
から胡椒がかけてあったんで、ここの店の他のラーメンには胡椒はかけてないのに、
この”野菜中華そば”だけに最初からかけてあるのは、やはり古い福山ラーメンを意
識しとるようじゃね〜?                           
 ただ、以前のものに比べ、野菜の味があまり出とらん。            
 キャベツの切り方が細く、野菜全体が小ぶりになっとるからか?        
 これじゃ〜まるでチャンポンのようじゃ。                  
 野菜の甘い味がスープに出るよう、折角復活したんで、味も以前のもの以上になる
よう頑張ってして欲しいもんじゃ。                      
 とか書いとったが、再度食べてみたら、グンと味が向上しとった。       
 野菜の味が、ぎょ〜さん出とるが〜。                    
 これよ、これ、これ。                           
 野菜ラーメンは、こ〜でなくっちゃ〜。                   
 とゆ〜ことで、評価点がUPした。                     

 久しぶりに”野菜中華そば”を食べた。                   
 あれ?スープがほんの気持ち塩からい。                   
 胡椒の量も、いつもより多めのようで、ヒリヒリ辛い。            
 そのせいで、スープが完食できんかった。                  
 う〜ん、マスター以外の人が作ったんで、こ〜なったんじゃろ〜か?      
 ”野菜中華そば”は、マスターが作らんといけんのんかね〜?         
 残念ながら、ちょっと減点になりました。                  

 再訪して”野菜中華そば”を食べた。                    
 スープを一口、ズズズ・・・うん、美味い。                 
 塩加減が丁度良くなった。                         
 甘味を感じるスープに添付された一味を加えると、ヒリ辛さがプラスされ、これま
た美味いね〜。                               
 マスター以外が調理しても、良い味が出るようになったみたいじゃ。      
 評価点がアップしました。                         

 ”カツラーメン”はラーメンの上にトンカツがトッピンされとる。       
 このトンカツは、注文の都度、揚げとるようで、熱々で、肉も柔らかい。    
 スープとトンカツの味の相性は良い。                    
 トンカツのボリュームは普通の量がしっかり有り、ラーメンと合計すると量的には
タップリになるんで、しっかり食べたい人向きじゃね〜。            

 ”チャーシューラーメン”は、基本的には”ラーメン”と同じじゃが、チャーシュ
ーがドチャンとトッピングされとる。                     
 チャーシューは美味い。                          
 メンマは太いのが、多めに乗っとる。                    
 チャーシューの量がタップリなんで、完食すると腹いっぱいになる。      
 マスターにチャーシューが多いね〜と言うと、中途半端は嫌いなんで、チャーシュ
ーも沢山のせとる、と笑いながら答えた。                   

 まだ未食じゃった”ヤングラーメン”を食べてみたんじゃが・・・参った・・・。
 トッピングに餃子やトンカツが乗り、コーンやもやしが山盛りされとるが、怖いの
はラーメンの底じゃ。                            
 ぶつ切りチャーシューが底にドチャコンと並べてある。            
 醤油タレの染みこんだ辛いチャーシューの外側部分でたっぷり底上げしとるんで、
スープがチャーシューから出た塩分で辛くなっとる。              
 ぶつ切りチャーシューは、食べても食べても底から湧いて出てくる・・・    
 ふぅ〜〜、これ食べきれるんか?と途中で挫折しそうになりながら何とか麺と具は
食べ終わったが、塩っ辛いスープはさすがに完飲できんかった。         
 女将さんに聞いたら、これの大盛りや3玉を頼むつわものがおるそうじゃ。   
 まぁ、しっかり食べたい人や、塩っぱい味が好きな人以外は、やめといた方が良い
ラーメンじゃね〜。                             
 一般のお客には、あまりお薦めせん、と女将さんもゆ〜とっちゃった。     

 ”らいおんラーメン”は、コーンなど色んなものがドチャコンとトッピングしてあ
り、それらの味が混じってしまうんで純粋なスープの味が楽しめんし、ボリュームが
有るんで、下手すると食い残すかもしれんので、あまりお薦めできん。      

 ”スタミナラーメン”を食べた。                      
 スープの色が、味噌ラーメンのようじゃ。                  
 スープを一口、ズズズ・・・ちょっと変わった風味の味噌ラーメン?といった味わ
いじゃ。                                  
 聞くと、赤まむしの粉が入っとるとかで、それで、かつおの苦いやつのような独特
の味になっとるんじゃね〜。                         
 ヒリ辛さは無い。                             
 チャーシューとトンカツは柔らかくて味も良い。               
 ワカメも良い味じゃ。                           
 メンマは普通。                              
 麺のゆで加減は良く、麺は美味しい。                    
 総合的には、悪くは無いが、独特の風味が好き嫌いが分かれそうじゃ。     
 なお、にんにくがタップリ入っとるんで、翌日もニンニクぷんぷん口臭ぢゃった。

 夏期限定の”冷麺”を食べた。                       
 このお店では、随分前に”冷麺”が夏期にあったが、ここしばらくは”冷麺”をや
っとらんかった。                              
 久しぶりに復活した”冷麺”は、麺を茹でて、その後冷やすんで、他のラーメンに
比べ、提供に若干時間がかかるが、これはしょうがないね〜。          
 ベースは豚骨ダシの甘酢醤油スープで、スープがよく冷えとり、酢と醤油のバラン
スが良く美味い。                              
 麺の喉越しも良いね〜。                          
 細切りチャーシューは、味が淡泊じゃ。                   
 ラーメンのスープと違い、酢醤油味には、もうちょっと味のついたチャーシューが
良いと思えるけどね〜?                           
 まぁ、全体的には美味しい冷麺なんで、良しとしましょ〜。          
 途中で、皿の横に載っとる辛子を少しずつ溶きながら食べ進むと、辛子のヒリ辛さ
がプラスされて、刺激的な味に変化して行く。                 
 まぁ、辛子は好みで、辛いのがお好きな人だけ、ど〜ぞ。           

 なお、陶器の皿は、事前に冷やしてあるようじゃが、素材のせいなんか?金属の器
のようにキンキンに冷たくない。                       
 出来れば、もう少し器を冷たくして欲しいもんです。             

 ”キムチラーメン”にトッピングされとるキムチは甘くて美味い。       
 キムチが辛いけど甘味があるんで、ラーメンは一見ヒリ辛そうに見えるが、そんな
ことはない。                                
 ”キムチラーメン”はメニューから無くなった。               

 他にも色んなラーメンがメニューに有るが、このお店のお薦めは”ラーメン”と”
 野菜中華そば”と”塩らーめん”じゃね〜。                   

 昼定食は”ラーメン”に”ライス・唐揚げ・チャーシュー・フライドポテト・生野
菜・漬物・ふりかけ”がついてプラス200円はかなりお得じゃね〜。      

 2006年7月から麺の練り時間を短縮した麺に変わったそうじゃ。         
 以前の麺より、麺の香りがするようになり、コクが出たようで、ここのコッテリし
たスープには、これが合うようじゃ。                     

 これまでラーメンの種類によって別皿で提供されとった唐辛子が、テーブルにガラ
ス瓶入りで常時置かれるようになった。                    
 辛いのが好きな人は、どのラーメンにも入れられるんで、これは良いね〜。   

 坊主頭の親父さんがメガネの奥から眼光するどく、ラーメンを作っとる。    
 ここも親父さんがカウンター内に居る時と、居らん時で味が微妙に違うで〜。  
 女将さんの接客はテキパキと気持ちが好い。                 
 はっきしゆ〜て、女将さんの内助の功が、相当お見事なようじゃ。       
 更に、店主の娘さんが接客を手伝うようになって、お店が一層明るくなったね〜。

 過去「らいおん 蔵王店」や「らいおん総本山 駅家店」など、店舗展開をしかけ
たが、結局、一番最初に開店した沖野上町の店に集約されたようじゃ。      

---


所在地 /福山市沖野上町三丁目2−15
電 話 /084-925-2200
営業時間/11:00〜22:00
定休日 /毎週月曜日
駐車場 /有り
座敷席 /無し
禁煙席 /一部禁煙禁煙喫煙OK
開 店 /1986年6月1日
    MAP

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2000/05/10  2000/06/28  2000/12/27  2001/01/19  2001/10/10 2002/06/07  2002/09/13  2002/09/27  2003/04/28  2003/05/09 2003/06/13  2003/09/26  2004/03/26  2005/05/06  2005/08/05 2005/11/11  2005/12/23  2006/02/24  2006/05/12  2006/08/11 2007/03/09  2007/11/09  2008/04/25  2008/09/12  2009/03/13 2009/10/02  2010/04/30  2011/01/14  2011/03/18  2011/07/01 2011/09/09  2012/04/20  2012/07/13  2012/12/07  2013/03/01 2013/06/14  2014/02/21                     
更新履歴詳細
---



BACK TOP