「宮本武蔵 腰掛石」
備後護国神社(阿部神社)


 これは、福山城の裏手に在る「備後護国神社」の中にある。          
 西側の正面側の石段じゃ〜の〜て、お城の裏側から「武道館」に行く方の横の石段
を登って行くと、全体の高さの中間地点にある広場の右側(東側)にある。    



「宮本武蔵 腰掛石」全景



「宮本武蔵 腰掛石」


「宮本武蔵 腰掛石」由来


 「備後護国神社」が出来て合併される前は「阿部神社」と呼ばれとった。    
 「阿部神社」(祭神:大彦命)は、福山藩のお殿様”阿部家”代々をお祀りしたも
んで、福山藩の第七代のお殿様で、ペリー来航のおりの大老で開国を決めた”阿部正
弘”もお祀りしてあった。                          
 「阿部神社」と呼ばれとったころは今のような立派な神社じゃ〜なく、石段もあま
り高くなく、西側の石段なんか無く、もちろん「武道館」も無く、「宮本武蔵 腰掛
石」は現在地よりずっと下で、鳥居をくぐってちょっと石段を登った左側に、台座も
無く、土の上にポツンとあった。                       
 子供のころ町内の子供達だけで「阿部神社」へ遊びに行った時、年長のガキ大将が
「これは宮本武蔵が腰掛けた石じゃ」と教えてくれ、皆で交代で座ったりしたもんじ
ゃが、そのころは「由来」を書いた説明板も何もなく、本当かどうか信じられんかっ
たもんじゃが、ほんまじゃったんです!?                   

 「宮本武蔵 腰掛石」の一番の謎は、わしは何十年も前から知っとったんじゃが、
福山の人間でこの石の存在を知る人の少なさじゃね〜。             


MAP









BACK TOP