---

けいしょうろう
慶昇楼

醤油 味噌 塩
    
            楊柳麺(ラーメン)
 スープ : 鶏ガラ・醤油/醤油色・澄み
 麺   : 中細麺/薄黄色/半ちぢれ麺
 具   : チャーシュー、メンマ、ネギ

 価 格 : 楊柳麺(ラーメン) 500円
 評 価 : ★★★★★★★☆☆☆





 価 格 : 什錦湯麺(五目そば) 580円
 価 格 : 叉焼麺(焼ブタそば) 600円
 価 格 : チャンポン 580円
 価 格 : 天津麺(カニ卵そば) 700円
 価 格 : 醤炸麺(肉とみそ入りそば) 690円
 価 格 : 凉拌麺(冷しそば) 750円 (夏季限定)
 価 格 : 炒麺(いためそば) 580円
 価 格 : 焼麺(アンかけ焼そば) 580円
 価 格 : 炸麺(揚げ焼そば) 580円
 価 格 : 炒米粉(焼ビーフン) 700円
 価 格 : 湯麺(たんめん) 580円
 価 格 : 湯々麺(たんたんめん) 580円

 価 格 : 包米湯(トウモロコシスープ) 530円
 価 格 : 翠菜鶏肝(ニラと鶏レバー炒め) 690円
 価 格 : 天津飯(カニ卵丼) 700円
 価 格 : 蟹肉炒飯(カニ入り焼飯) 690円



 製 麺 : 松岡製麺

---

《独断感想・エトセト欄》

 店の場所は、福山市の繁華街、元町の小路に有る「小川会館」の3階に在る。  
 通りからは、数段の階段を上がり、奥にあるエレベーターで行く。       
 エレベーターを降りると、そこはもう店内じゃ。               
 エレベーター正面は衝立で、右に行ってレジの前を通って、衝立の向こう側に行く
と席が有る。                                



 四角い4人席が4机、丸いテーブルの5人席が4机、レジの右奥には和室の個室が
並んどるんで、結構な収容数になる。                     



 ここは、創業当初は現在の天満屋の真中あたりにあったが、4年ほどして現在地に
移転した。                                 
 移転した当時は今のような立派なビルじゃ〜なく、ごく普通の小さな中華料理屋じ
ゃった。                                  

 それはともかく、ラーメンじゃ。                      
 ここの”楊柳麺(ラーメン)”は、創業当初は面白い味付けで、好きじゃったんじ
ゃが、ビルに建て代わって、更に代替わりしてから、ラーメンの味付けが大幅に変更
された。                                  
 創業当時は、トッピングもごく普通で、ラー油の香りがきつい、ちょっとかわった
味付けの中華そばじゃったもんじゃ。                     
 で、この前まではコンソメスープの様な、良く言えば上品な、悪く言えばコクの薄
いラーメンになっとった。                          
 ところが最近、調理の手が変わり、スープが美味くなった。          
 香辛料がヒリリと効いてスープのコクが増し、味付けも若干濃くなり良くなった。
 麺は匂いも良く、ゆで加減もグッドじゃ。                  
 麺はちょっと時間を置いても、のびず、最期までしっかりしとる。       
 チャーシューもメンマも美味い。                      
 で、採点を上方修正した。                         

 ”五目そば(什錦湯麺)”も食べてみた。                  
 普通、中華料理店ではこの手のチャンポン五目ラーメンの方が、普通のラーメンよ
り美味いんじゃが、ここのは違おた。                     
 あんトロミもかけてなく、野菜の旨味も感じられず、なんとかギリギリ標準点には
達しとるが、それだけじゃ。                         
 う〜ん、他の料理に比べ、この味付けどうしたことじゃろ〜?         
 このままじゃ〜、ダメじゃね〜。                      
 味の再検討をして欲しいもんじゃ。                     

 ”チャンポン”を食べてみた。                       
 野菜アンかけで、熱い!                          
 うん、これは美味いね〜。                         
 野菜の味がスープに出とり、バラ肉と混じって、良い味じゃ。         
 ボリュームも有り、これは良い。                      

 ”湯麺(たんめん)”は、普通、塩ラーメンのようなスープを想像するが、ここの
は違う。                                  
 他の店じゃ〜、五目そばとでも呼びそうなビジュアルじゃ。          
 スープは、鶏ガラだしが良く効いて美味い。                 
 醤油の辛さ加減は丁度よい。                        
 ただ、野菜を炒めた時の胡椒が立ちのぼってくるのがちょっと残念じゃ。    
 スープのうま味を少し殺しとる。                      
 じゃが、トータル的には美味しい。                     

 ”天津麺(カニ卵そば)”は、醤油ラーメンの上に天津(カニ玉)が載っとる。 
 スープは、胡椒の味がして、ヒリ辛さがあり、美味い。            
 トッピングの天津は少し甘く、玉子の風味があまりせん。           
 もう少し、天津の味が良ければ、さらに美味しくなりそうじゃが、残念。    
 それでも、総合的には美味しいラーメンじゃ。                

 なお、夏季限定で”凉拌麺(冷しそば)”が有る。              
 中華料理店で良く出る、甘酢がかけてあるタイプのオーソドックスな冷し中華そば
なんじゃが、ここの甘酢のタレは美味い。                   
 コクが有り、酢の尖った酸っぱさが無いのが良い。              
 これなら子供でも美味しく食べられるじゃろ〜ね〜?             
 また練りカラシとも味がうまくからみ合い、カラシを混ぜるのと混ぜんのとで2種
類の味が楽しめるで〜。                           

 再訪して夏季限定の冷麺”凉拌麺(冷しそば)”を食べた。          
 甘酢タレの味は、相変わらず美味い。                    
 トッピングの具材が変更されとるが、全体的には味は同じで、美味しい。    
 練りカラシとの相性も良く、カラシを混ぜると美味さが引き立つ。       

 ”炒麺(いためそば)”を食べた。                     
 これは、焼きそばとゆ〜よりは、油そばに近い味じゃ。            
 油で少しベトッとする口あたりも、混ぜて食べる油そばみたいな感じじゃ。   
 中華ソースでの味付けが絶妙で、甘味と辛みのバランスがベリグーぢゃ。    
 大変美味しい、炒めそばじゃ。                       
 これは、お薦めじゃね〜。                         

 ”包米湯(トウモロコシスープ)”は、塩加減も良く、トウモロコシの風味が良く出
て美味い。                                   
 一杯を数人で、分けて食べたたら良いね〜。                   
 わし、これ好きです。                             

 ”翠菜鶏肝(ニラと鶏レバー炒め)”は、鶏レバーの臭みが無く、味付けも見た目
ほど濃くなく、食べやすい。                           
 味は、まあ標準点じゃね〜。                          

 ”天津飯(カニ卵丼)”が熱々で、トロミのアンの味が薄味で、美味しい。   

 ところで、この店のわしのお気に入りは、”カニ入焼飯”じゃ。        
 ここのチャーハンは”福山一”とハッキリ断言しますです、はい!!      
 日本一と言いたいところじゃが、福山以外でチャーハンをあまり食っとらんので判
らんが、以前、新横浜駅の高級中華料理屋で2,000円の海老チャーハンを食った
が、あれよりは「慶昇楼」のチャーハンの方が遥かに美味いで〜。        
 チャーハンだけは、開店当時から同じ味付けを、そのまま受け継いどるのが泣かせ
てくれる。                                 
 付属の千切り薄卵焼きの入ったコンソメ風スープが、これまた美味い!     
 下手な中華料理屋のチャーハンの付属スープは、美味くないのが多いが、ここのス
ープは抜群の美味さで、このスープだけでも、十分値打ちが有る。        
 ここへ行ったら、”カニ入焼飯”は外せんで〜、ほんまの話しが!!      

 とか言っとったが、最近、料理人が代わったんか?”カニ入焼飯”の味が落ちた。
 油が変わったんかも?以前の風味が無い。                  
 カニの味も出て来とらん。                         
 コンソメ風スープも凡庸な味になっとる。                  
 ちょっと、ガッカリ。                           
 何とか以前の味に戻って欲しいもんじゃ・・・                

 再訪して”カニ入焼飯”を食べると、味が以前に近づいとる。         
 完璧な昔の味ではないが、雰囲気がそれらしい。               
 添付される”コンソメ風スープ”も美味しくなっとる。            
 うん、うん、これです、これです、こ〜でなくっちゃ〜。           

 完全な中華料理屋で、色んな高級メニューが有り、どれも美味い上に、驚くほど安
い!                                    
 エレベーターで上る入口の店構えから考えたら、信じられんほどの値段設定で、こ
れなら学生でもホイホイ入って食える。                    
 実際、ラーメンがこの値段なんで、その辺のラーメン屋も驚くで〜。      
 値段の安さでもビックリ!!                        

 消費税8%変更に伴い”楊柳麺(ラーメン)”のみ20円アップになった。    
 他の料理の代金は以前のままじゃ。                     


---


所在地 /福山市元町13−3
電 話 /084-924-0330
営業時間/11:30〜22:00
定休日 /毎週火曜日
駐車場 /無し
座敷席 /畳席有
禁煙席 /無し喫煙OK
創 業 /1961年
現在地での開店/1965年
    MAP

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
1999/02/19  1999/04/14  1999/11/08  1999/12/15  2000/01/13 2000/08/18  2001/10/10  2002/09/18  2003/04/28  2003/09/26 2004/06/11  2005/04/15  2006/02/24  2007/07/13  2008/10/17 2009/10/23  2010/09/24  2012/09/28  2014/07/25       
更新履歴詳細
---



BACK TOP