---

はかた    いっぷうどう   ふくやま   
博多 一風堂 福山店

豚骨

    写真
    写真
    写真
               白丸元味
 スープ : 豚骨/ベージュ色・濁り
 麺   : 細麺/薄黄色/直麺
 具   : チャーシュー、木耳、ネギ
     (好みで、辛子高菜辛子もやし、紅生姜、にんにく、白ゴマ等/無料)

 価 格 : 白丸元味 700円
 評 価 : ★★★★★★★★☆☆





 価 格 : 白丸スペシャル 900円
 価 格 : 赤丸新味 800円
 価 格 : 赤丸スペシャル 1,000円
 価 格 : 一風堂からか麺 800円
 価 格 : 替玉 120円

 価 格 : 餃子と白ごはんセット +100円(平日15時まで)
 価 格 : ハーフチャーハンセット +150円(平日15時まで)

 価 格 : 博多ひとくち餃子 420円
 価 格 : 博多ひとくち餃子 ハーフ 220円
 価 格 : ハカタノチカラ飯 360円
 価 格 : チャーハン 500円
 価 格 : 明太子ごはん 300円
 価 格 : 温玉のせごはん 240円



 製 麺 : 自社製麺(博多から取り寄せ)

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は南蔵王町の「国道182号線」沿いで、福山から神辺方向へ向かって左側。
 「無添くら寿司 福山東深津店」を過ぎ、「スタジオアリス 福山蔵王店」前を過
ぎてすぐで、「ジョリーパスタ 蔵王店」や「カメラのキタムラ 蔵王店」まで行く
と行き過ぎ。                                

 お店の国道側と、お店の裏側に駐車場がある。                
 駐車場の看板によると、少し離れたところにも、5台分の駐車場があるようじゃ。

店内


 店内は、国道側の窓際に、6人テーブル席が4机。              

店内

 中央に、向かい合わせのカウンター席が4椅子x4ブロック。         

店内

 厨房に向かう形のカウンター席が8椅子で、合計48席。           

店内

 調理の店員と接客のバイトなど、10人以上で対応しとる。          
 お冷の水は、赤色をした”ルイボス茶”で、薄めの紅茶のような味がして、麦茶と
は、また違った風味で、これはこれで、スッキリした味わいじゃ。        
 なお、この”ルイボス茶”はレジのところで販売もしとる。          

写真

 何はさておき、ここでのスタンダードの”白丸元味”を、折り込み広告の無料クー
ポン券で”博多ひとくち餃子 ハーフ”と一緒に注文する。           

 客が多いんで、ほんの少し待たされて、まず”白丸元味”が出て来た。     
 まずは、スープをひと口、ズズズ・・・塩加減は薄めで、飲みやすい。     
 ほとんど臭みのないスープで、コクが有り、甘味を感じて美味い。       
 麺は博多からの取り寄せじゃが、スープは店舗裏の工場で毎日作っとるそうじゃ。
 茹で加減を、普通でお願いした麺の茹で加減は、丁度良い。          
 自社製麺は、このスープによく合った味わいの麺じゃ。            
 チャーシューは柔らかいものが3枚で、ホロリとして美味い。         
 木耳は、ごく普通の味わい。                        
 総合的には、大変美味しい豚骨ラーメンじゃね〜。              

 やや遅れて出てきた”博多ひとくち餃子 ハーフ”は、小ぶりのもので、ほんまに
ひと口で食べられるサイズじゃ。                       
 熱々で、皮はサクッとしとるが、中身は小さすぎて、味がよく判らん。     
 ニンニクは効いとらんようで、まぁ標準的な味わいか?            

 テーブルの”辛子高菜”は、ゴマ油であえてないんか?パサパサした感じ。   
 味もヒリ辛さばかりして、風味も単純じゃ。                 

 再訪して”赤丸新味”を”ハーフチャーハンセット”で食べた。        
 をう、来た。                               
 ”赤丸新味”は”白丸元味”の上にマー油と辛子味噌が乗っとるようじゃ。   
 マー油のないところから、スープをレンゲですくってズズズ・・・うん、”白丸元
味”と同様で、美味い。                           
 麺を全体的にグリングリンとかき混ぜて、マー油と辛子味噌をスープに混ぜこむと
ヒリ辛さと、マー油の野獣臭のようなものが立ち上る。             
 ヒリ辛さは、1程度で、大したことはない。                 
 ただ、マー油と辛子味噌で、本来の豚骨の旨味が消えてしまう。        
 麺の茹で加減は、丁度良い。                        
 チャーシューは、トロリと柔らかいものが3枚で、美味い。          
 木耳は、ごく普通の味わい。                        
 モヤシはシャクシャクとした歯ごたえが良い。                
 総合的には、わしには、「白丸元味」に比べ、マー油のいがらっぽさで、少しだけ
減点となったが、良くできたラーメンじゃ。                  

 セットの”ハーフチャーハン”は、胡椒が効いとる。             
 塩加減は、若干辛めじゃが、許容範囲内。                  
 味に特徴が無く、まずまずのチャーハンじゃ。                

 ところで、他の「一風堂」のメニューと価格は次じゃ。            

写真
(「一風堂 倉敷店」のメニュー表 2011年)

   白丸元味 750円
   赤丸新味 850円
一風堂からか麺 850円


写真
(「東京スカイツリー・ソラマチ」フードコートの「一風堂」の価格 2014年)

  白丸とんこつ 740円
  赤丸とんこつ 790円
    特製白丸 930円
    特製赤丸 980円
  博多中華そば 900円
タンメン野菜白丸 940円


 このように、「一風堂 福山店」の価格は、他の「一風堂」に比べ、少し安く設定
されとるようじゃ。                             

 初めてお店に行った時は、平日の開店時間の10分前くらいじゃった。     
 既に10人ほどが行列を作っとり、最後尾に並んだら、すぐその後ろにも行列がで
きた。                                   
 店員が、行列待ちの客にメニュー表を渡し、事前に注文を聞いてまわる。    
 店頭には、エンジ色の傘入れと、待ち時間に水が飲めるように、ウォータークーラ
ーと紙コップが置いてある。                         

写真

 午前11時に開店と同時に、前から一斉にドッと店内に入場・・・とはならん。 
 最前列からグループ単位で、間を空けながらゆっくりと入店させる。      
 ひとつのグループを席に案内し、そのグループの全員が着席して、お冷が出たら、
次のグループ、といった感じか?                       
 まぁ、一斉に店内に入って満員になっても、事前に取った注文のラーメンが出てく
るまで、しばらくかかることになるんで、ゆっくり入ると、その分、着席してからラ
ーメンが出てくるまでの時間が短く感じるわけじゃ。              
 もっとも、真夏や真冬の時は、できるだけ早く、空調の効いた店内に入れるのも、
サービスのうちじゃと、思うんじゃがね〜?                  

 何にしても、開店と同時に店内は、ほぼ満席状態となり、わしが食べ終わって出る
ころは、開店行列と同じ行列が店内のレジ前に出来る。             
 外を見ると、行列は無い。                         
 駐車場も、どんどん空きができる。                     
 つまり、この時間帯は、帰る客が多く、お昼前のため、来客はまだ少ない。   

 この時の経験で、平日、午前11時30分ごろが一番来客が少ないとにらんだわし
は、再訪の時、午前11時30分ごろ行ったら、ピンボ〜〜ン!!すぐ入れた。  
 ただ、正午前には、また行列が出来る。                   
 行くなら、平日の午前11時30分ごろがえ〜で〜。             
 (これを読んだ人が、この時間にドッと行ったら、知らんで〜、わし)     

---


所在地 /福山市南蔵王町四丁目18−31
電 話 /084-982-7421
営業時間/11:00〜24:00
定休日 /年中無休(元旦休み)
駐車場 /有り
座敷席 /無し
禁煙席 /全席禁煙禁煙
開 店 /2014年6月29日
ホームページ/ 一風堂
    地図

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2014/08/01
更新履歴詳細


BACK TOP