たいしゅうしょくどう  いなだや   
大衆食堂 稲田屋
---

 これぞ『福山の味』!?                          
 福山で”牛丼”と言えば「稲田屋」(いなだや)ぢゃ!!           
 「吉野家」でも「すき家」でも「松屋」でもにゃ〜。             
 もっとも「稲田屋」では”牛丼”とは呼ばんけど・・・            



外観


 本通りと船町商店街のアーケードが、まじわる角に有る店のそばまで行くと、あの
独特の匂いが漂ってくる。                          
 店内は、厚みのある木製テーブルに、木製の長いすの床机(しょうぎ)!    
 箸も、箸たてに割り箸と丸箸が。                      
 う〜ん、変わらん、ここは、いつまでも変わらん。              





店内


 メニューには”肉丼”と書いてあるが、”どんぶり”または”肉めし”と注文する
のが通(ツウ)じゃ。                            
 また”関東煮”(”かんと〜だき”と読む)は”クシ”とも呼ばれ、これは本数の
み言う。                                  
 つまり”どんぶり”と”3本”と言えば通じる。(このとき、”白”か”黒”と言
う人もおる。)                               



メニュー


 あと、”ねぎ”を忘れずに。                        



ねぎ


 奥の厨房とは別に、店の入口横に”関東煮”を作る専用のコーナーがある。   
 大きなナベに、いわゆる”モツ”(ホルモンの大腸を”白”、見た目レバーに近い
肺を”黒”と呼ぶ)の串刺しがぶちこまれ、醤油とザラメで味付けされる。    
 永年、使い続けたタレは真っ黒。                      
 そこで煮られた”関東煮”も真っ黒。                    
 手早く出てくるよ〜。                           
 をを、これ、これ、この色と匂いが、たまりましぇん。            



関東煮


 ”肉丼”(肉めし)は、すき焼がごはんの上にかけてあるような感じ。     
 「吉N屋」の”牛丼”の具は肉と玉ねぎじゃが、ここのは、更に長ねぎやゴボウま
で入っとる。                                
 少し甘めのタレは”牛丼”チェーン店のものとは完全に別物。         
 う〜ん、美味い。                             
 甘さにクドさが無いのが良いね〜。                     



肉丼


肉丼につくタクワン


 ”肉丼”の上にトッピングしてあるものだけを別皿に入れたもんが”肉皿”じゃ。



肉皿


 平日の昼時に行けば、”定食”があり、”めし・肉皿・みそ汁・漬物”がセットに
なっとり、別々に頼むよりお得じゃ。                     



定食



みそ汁



漬物


 で、”関東煮”は、まず串からスジを全部はずし、”ねぎ”を2/3だけその上に
トッピングし、その上から一味唐辛子をかける。                





 残りの”ねぎ”は”肉めし”又は”肉皿”の上にトッピングする。       
 大抵の人が”ねぎ”を頼まんので、”ねぎ”を”関東煮”にぶっかけとると、うら
やましそうな視線があちこちから来るのがたまりましぇん。           
 なかには、あわてて追加注文で”ねぎ”を頼む人が出てくる。         

 午後2時までは、正面のカウンターにホットコーヒーが置いてあり、セルフで無料
で飲める。                                 
 ”肉丼”や”関東煮”ですこし甘くなった口直しにもってこいじゃ。      
 しかも、このコーヒーが美味しいで〜!!                  

 東京や大阪から福山に仕事で来た人で、一度でも「稲田屋」に来た人は、また来た
いと思うそうな。                              
 タッパを売っとるんで、クシの持ち帰りもできる。              
 (タッパを持参しても良い)                        
 土産に”関東煮”を買って帰ると喜ばれるで〜、ほんまの話が。        


価格  肉丼 650円                           
    関東煮(かんとだき) 150円/本                 
    ねぎ  100円                           
    肉玉丼 700円                          
    肉皿 530円                           
    肉玉うどん 580円                        
    肉玉そば 580円                         
    肉うどん 530円                         
    肉そば 530円                          
    定食 700円 11:00〜13:30               

食後のコーヒー(セルフ) 無料 11:00〜14:00           


住 所   福山市船町1−18                       
電 話   084-925-1392                          
営業時間  11:00〜20:00(夜店のある日は、営業時間延長)     
定休日   木曜日                             
駐車場   無し                              

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
地図 2004/06/25  2004/09/17  2007/10/05  2011/04/01  2014/05/09 ---


BACK TOP