---

おのみち                  
尾道ラーメン ほんてん

醤油 塩 味噌 その他

    
    
    
           醤油ラーメン
 スープ : 鶏ガラ・小魚・醤油/醤油色・半澄み
 麺   : 細平麺/白色/半ちぢれ麺
 具   : チャーシュー、ネギ、メンマ、豚背脂

 価 格 : 醤油ラーメン 500円
 評 価 : ★7.5





 価 格 : 醤油チャーシューメン 750円
 価 格 : 塩ラーメン 600円
 価 格 : 塩チャーシューメン 850円
 価 格 : 醤油ほんてんラーメン 700円
 価 格 : 塩ほんてんラーメン 800円
 価 格 : 塩ほんてんチャーシューメン 1,050円
 価 格 : 味噌ほんてんラーメン 900円
 価 格 : 味噌ほんてんチャーシューメン 1,150円
 価 格 : ゴマほんてんラーメン 800円
 価 格 : ゴマほんてんチャーシューメン 1,050円
 価 格 : 冷しラーメン 600円(夏期限定)

 価 格 : ぎょうざ 3ケ 300円
 価 格 : チャーハン 大 800円
 価 格 : チャーハン 並 600円
 価 格 : チャーハン 小 400円
 価 格 : チャーハン ミニ 300円



 製 麺 : はせべ

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は三吉町南で、「国道2号線」の「福山東警察署」角を県道「福山・府中線」
の府中方向(北)に曲がった最初の交差点(横断歩道橋の有る交差点)を東に曲がっ
てすぐ。                                  
 横断歩道橋の交差点を曲がったら、大きな看板が在るんで、すぐ判る。     
 店の構えは、ラーメン屋とゆ〜より、縦長の窓がポツリ、ポツリの有るところなん
ぞは、さしずめ理容院といった趣で、店の前には8台ほどの駐車スペースが有る。 

 営業時間は午前11時〜午後9時じゃが、客の入りによりスープが売り切れると、
途中で仕込みに入る事も有り、その場合、営業時間中でも数時間閉店する場合も有る
との事じゃ。                                
 開店当初、実際に午後3時過ぎにわしが行った時、丁度この仕込みにぶち当たり、
閉店しとった。                               
 もっとも、最近はこんな事は無いようじゃ。                 

 店内は、10人分のカウンター席と、4人掛けテーブルが4机。        





 オープン・キッチンで、カウンターの向こうに、若い男性が二人と中年の女将がラ
ーメン作りや下ごしらえ、片付け、皿洗い等をしとり、レジは年配の親父さんがテー
ブルの片付け兼任でやっとってじゃ。                     
 後日、夜行った時は、レジ係の親父さんと女将の二人しかおらず、親父さんがラー
メンを作っとったんで、多分この親父さんと女将は夫婦で、二人で店の経営をしとっ
てんじゃろ〜ね〜?                             

 当初メニューは、”醤油ラーメン”、”醤油チャーシューメン”、”いなりずし”
、”めし”、”ゆで玉子”とシンプルそのものじゃったが、最近は”醤油ほんてんラ
ーメン”、”チャーハン”なども増え、ラーメン類にも並と大が有り、お品書がにぎ
やかに見えるね〜。                             

 早速”醤油ラーメン”を頼む。                       
 例によって、ラーメンが出されると、すかさず、まずスープをすすり、麺を食い、
スープをすすり、の繰り返しパターンによって、綺麗に全部食べ終わる。     

 尾道ラーメンとゆ〜んで、てっきり「朱華園」や「つたふじ」のような、表面に透
明の油膜が浮いたギトギト・ラーメンを想像しとったが、実際は表面には油膜はあま
り無いが朱華園系の手打ち風平麺で、濁りの無い醤油色のわりには、甘めの味がする
ラーメンじゃった。                             
 トッピングは、チャーシュー(朱華園風のハムの様な薄切りで面積の広いぶん)、
メンマ、ネギと、これもシンプルそのものじゃが美味しい。           
 麺も美味く、ゆで加減も丁度良い。                     
 これは非常に良く出来たラーメンじゃね〜。                 

 再度行った折に、今度は”醤油チャーシューメン”を頼んだら、チャーシューが表
面を覆いつくして麺を隠し、丼のほとりにはみ出した部分は輪になって立ち上がっと
るのが出て来た。                              
 これは見た目も豪華で、いかにもうまそうに見える。             
 チャーシューの味は良く、メンマも歯ごたえと味が良い。           
 麺のゆで加減はちょっと硬めで、柔らか麺の好きな人は、いけんかもね〜?   

 ”醤油ほんてんラーメン”も食べたが、これはニンニクと唐辛子で、ホット、ホッ
ト!                                    
 辛さは結構有り、食べ終わると、顔が真っ赤になるほど、身体の内側からホッ、ホ
ッとなってくる。                              
 ニンニクと唐辛子の味が前面に出て来とるんで、この店本来の美味しいスープの味
が薄れてしまうが、それでも美味いで〜。                   
 じゃが結構人気メニューのようで、客の1/3から半分くらいはこの”醤油ほんて
んラーメン”を注文しとるようじゃ。                     
 トッピングのモヤシが、当初は炒めモヤシじゃったのが、最近は茹でモヤシになっ
とり、シャキシャキ感が無くなったのもそうじゃが、白湯での茹でのようで、全然味
が無く、モヤシのうま味を感じられんのはちょっと残念じゃ。          
 しかも、ヒリ辛さがトーンダウンしとり、スープがあまり辛くない。      
 これは、いけんね〜。                           
 普通の”醤油ラーメン”と歴然とした差別化をするためにも、辛さを以前のように
口がグゥワーーーーーーッとする位に戻して欲しいもんじゃ。          
 麺の茹で加減は丁度良い。                         
 総合的にはちょっと減点となった。                     
 炒めスライス・にんにくがたっぷりとスープの中に入っとるんで、あとでプンプン
臭うことになるけ〜、食べる時は、事後の予定を考えてちょっと注意が必要じゃ。 

 ”塩ラーメン”を食べた。                         
 スープは薄いベージュ色で、ほんの少し濁った程度。             
 小魚のダシの良い香りがプ〜ンとする。                   
 塩加減は丁度良い。                            
 麺やトッピング類は、”ラーメン”と同じもんで、美味い。          
 ただ、バリエーションのひとつとしては面白いが、”醤油ラーメン”や”醤油ほん
てんラーメン”ほどのインパクトは無い。                   

 ”塩チャーシューメン”は、基本的には”塩ラーメン”と同じもんで、チャーシュ
ーが”醤油チャーシューメン”同様、丼の表面からあふれるほど。        
 チャーシューが美味しいけ〜、チャーシュー好きの方は是非どうぞ。      

 2006年7月から新メニュー”塩ほんてんラーメン”が出来た。          
 ”醤油ほんてんラーメン”と似たもんかと思おとったら、大分様子が違う。   
 ニラが全然使用されとらん。                        
 ”塩ラーメン”にラー油と揚げニンニクがトッピングされたもんじゃ。     
 鷹の爪が見た目の辛さを演出しとる。                    
 スープを呑んでみたらヒリ辛さが結構あり、体がポッポ、ポッポして汗がドッと吹
き出す。                                  

 2008年秋からの新メニュー”限定ラーメン”を食べた。            
 ”限定”の意味は、数量限定でも期間限定でもないらしい。          
 いわゆるテスト的なラーメンで、いつまでやるかわからんし、どれほど出るかわか
らんとゆ〜ことらしい。                           
 トッピングはチャーシュー以外に、刻み生姜がたっぷりで、スープにも生姜の汁が
混じり、当然のように生姜の匂いがするが、それほど強い匂いじゃ〜ない。    
 それでも生姜の匂いが嫌いな人には向かんね〜。               
 麺の茹で加減は丁度良い。                         
 食べ進むと、スープから生姜のヒリ辛さが序々に立ちのぼってくる。      
 後半は、結構・・・くる。                         
 総合的には悪くないんじゃが、意外に特徴の無いラーメンで、何か更なる特徴を加
えて欲しいところじゃ。                           

 2009年、”限定ラーメン”は、メニューから無くなった。           
 代わりに”ごまほんてんラーメン”や”味噌ほんてんラーメン”なる新メニューが
増えとるんで、また行って食べんといけんね〜?                

 ”ゴマほんてんラーメン”を食べてみた。                  
 ん?トッピングにゴマが全然かかっとらん。                 
 ゴマをかけるのを忘れとるんかも?                     
 スープをひと口、ズズズ・・・うん、生姜が効いて、美味しいダシじゃ。    
 生姜のヒリ辛さも良いね〜。                        
 スープの醤油加減も丁度良い程度に辛い。                  
 麺の茹で加減は良く、チャーシューも美味い。                
 ゴマ風味がプラスされたら、もっと良くなったかも?             

 後日、再訪して”ゴマほんてんラーメン”を頼んでみた。           
 すると、やっぱしトッピングにゴマは全然かかっとらん。           
 としたら、以前のもので間違いじゃ〜ないんじゃね〜?            
 名称の”ゴマ”は、なんなんじゃろ〜?                   

 ”味噌ほんてんラーメン”も同時に注文した。                
 逆に、これにはゴマがタップリかかっとる。                 
 間違って、こっちにゴマをかけたんじゃろ〜かね〜?             
 スープをまず飲む・・・ズズズ・・・これ味噌の味が良いね〜。        
 ゴマの風味が逆に邪魔なくらいじゃ。                    
 総合的には美味しいラーメンじゃ。                     
 ”味噌ほんてんラーメン”も上記のもので、間違いではないようじゃね〜?   

 2009年9月からの新メニュー”カレーラーメン”を食べてみた。         
 スープからカレーの良い香りが立ち上る。                  
 スープを一口、ズズズズ・・・ヒリ辛い。                  
 カレーの風味のみで、ダシの旨みが感じられない。              
 悪くはないが、良くもない。                        
 辛いラーメンの人気が良いんで、その路線なんかもしれんが、これは目先を変えた
だけのラーメンで、この味でメニューに定着するのか疑問じゃね〜?       
 ”カレーラーメン”はメニューから消えた。                 

 2010年9月からの新メニュー”辣(らー)ほんてんラーメン”を食べた。     
 写真を見ての通り、スープが真っ赤じゃ。                  
 おまけにトッピングが牛肉のみなんで、全体が真っ赤に見える。        
 ネギなんかの緑色のものをあえてトッピングしとらんようじゃ。        
 まず、恐る恐るスープのみをズズズ・・・ビリビリビリッとラー油の辛さで、舌が
しびれるで〜。                               
 じゃが、スープ自体はヒリ辛いのに、甘さもしっかり感じる。         
 トッピングの牛肉は甘く味付けされとり、味のアクセントになっとる。     
 結論は、ヒリ辛いが美味しいラーメンじゃ。                 
 食べ終わると、汗がドバーッと出るど〜。                  
 これ、寒い時期には、もってこいのラーメンじゃね〜?            
 ヒリ辛いラーメンが好きな人には、お薦めじゃ。               

 ”バンメン”とゆ〜、いわゆる焼そばも食べてみた。             
 エビの良い香りがプ〜ンと鼻をつき、ほんの少しピリ辛の醤油の味付けは、塩加減
も丁度良く、これは美味いで〜。                       
 麺がラーメンと同じ平麺なのも、焼そばとしては珍しい。           
 ここに行ったら、是非この”バンメン”も食べてみて〜ね。          
 とか書いとったが、最近”バンメン”がメニューから消えとるね〜。      

 夏期限定の”冷しラーメン”を食べた。                   
 スープをひと口、ズズズ・・・冷たい。                   
 スープの味は、素麺ツユの味わいじゃが、魚介の風味と甘味は無い。      
 見た目以上に油がギトついて、アッサリしとらん。              
 麺は噛み切れんほどの弾力が有る。                     
 う〜ん、食べづらい・・・                         
 総合的には、冷たいラーメンなんで、暑い時には良いかも?          
 ただ、味が単純なんで、何度も食べたくなるかと聞かれると・・・???    

 なお、同じく夏期限定の”冷しほんてんラーメン”とゆ〜のも有ったが、あっとゆ
〜間にメニューから消えた。                         

 しかしまぁ、ラーメンのメニューが増えたね〜?               
 開業当初のように、ラーメンの種類をしぼりこんで欲しいもんです。      

 あと、ここの”チャーハン”が美味い!                   
 久しぶりにチャーハンのうまい店がみつかり、うれしいの〜わしら〜。     

 ”チャーハン”が””大・並・小・ミニ”の4盛に分かれた。         
 女将さんに聞いたら、”ミニ”は茶碗一杯ほどとか。             
 ラーメンと一緒に食べるんなら、まぁ”チャーハン 小”くらいか?とそれにした
が、価格設定がどの”チャーハン”も、ちょっと高めじゃね〜?         
 味は相変わらず美味かった。                        

 ”ぎょうざ”は、まずまず。                        

 親父の愛想は悪いが、女将の愛想が良いんで、店の雰囲気は良い。       
 値段もリーズナブルなんで、皆さん、こっち方面に行く事が有ったら、一度は試食
してみんさいね〜。                             

 最近は、親父さんも女将さんも店におらんね〜?どうしたんじゃろ〜?     
 店の跡継ぎの息子さんが、レジの方にまわるようになっとり、若い女性が接客をし
とるが、女将の笑顔と愛想の好さが見れんのはちょっと寂しいね〜。       
 価格が少し値上げされたが、それでも安い方じゃね〜。            

 接客に愛想の好い女将さんが戻って来た。                  
 うん、ここはやっぱし、こうでなくっちゃ〜。                
 親父さんの代わりに、レジは息子(兄)さんがやり、調理も息子(弟)さんの分業
が定着しつつあるようじゃ。                         
 平日でも昼前から満員になる大人気店で、休日の昼時なんか、駐車場に停めるには
かなり待つことになるで〜。                         

 お店の北へ1ブロック行ったところに、第2駐車場が出来とる。        
 じゃが、こちらも一杯になっとることが多いんで、行く時は、やっぱし空いとる時
間をねらって、行くしかないね〜。                      

---


所在地 /福山市三吉町南二丁目3−19
電 話 /084-922-1243
営業時間/11:00〜21:00
定休日 /毎週火曜日(祝日営業/翌日代休)
駐車場 /有り
座敷席 /無し
禁煙席 /無し喫煙OK
開 店 /1996年12月14日
    MAP

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
1998/11/05  1998/11/30  1998/12/09  1999/01/26  1999/01/29 1999/03/01  1999/04/14  1999/05/24  1999/11/08  1999/12/17 2000/02/15  2001/08/18  2001/10/10  2002/06/07  2002/09/13 2002/09/27  2002/12/27  2004/08/20  2005/04/01  2005/07/01 2005/07/29  2005/10/21  2006/08/04  2007/12/14  2008/10/24 2008/12/19  2009/04/24  2009/06/05  2009/08/28  2009/10/09 2010/10/08  2011/01/14  2011/07/29  2012/03/16  2013/01/25 2014/02/21  2014/04/04  2014/08/29              
更新履歴詳細
---



BACK TOP