---

    ちょう
めんや 長いち

醤油 塩 豚骨 醤油豚骨 味噌
    
    
         北海道風 こがし醤油らーめん
 スープ : 鶏ガラ・醤油・ラード/茶ベージュ色・うす濁り
 麺   : 中細麺/薄黄色/ちぢれ麺
 具   : チャーシュー、もやし、ネギ

 価 格 : こがし醤油らーめん 650円
 評 価 : 





 価 格 : しょうゆ こってり 500円
 価 格 : しょうゆ あっさり 500円
 価 格 : 塩そば 600円
 価 格 : とんこつらーめん 600円
 価 格 : (ど)とんこつらーめん 650円
 価 格 : とんこつらーめんストロング 650円(数量限定)
 価 格 : しょうゆとんこつ 650円
 価 格 : ドロ系豚骨魚介 650円
 価 格 : えびそば 650円
 価 格 : 豚そば 650円
 価 格 : こがし味噌らーめん 白味噌 650円
 価 格 : こがし味噌らーめん 赤味噌 650円
 価 格 : こがし味噌らーめん 合せ味噌 650円
 価 格 : みそらーめん 800円
 価 格 : 大盛みそらーめん 1,200円
 価 格 : 替玉 100円

 価 格 : チャーハンセット +200円



 製 麺 : がんこ屋(尾道市)

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は福山駅方面から行くと、「三菱東京UFJ銀行 福山支店」と「天満屋 福
山店」の間のバス通りを東に行き、「広島県信用組合 福山支店」の信号交差点を斜
めに右折し、「麻生時計店」の信号交差点を直進し、次の信号の無いT字三叉路を左
折したらすぐ。                               
 以前「寿司処 つぼ井」のあった所。                    
 外の行灯に「めんや 長いち」と「つぼ井」と両方書いてあるんで、すぐ判る。 
 外観は元のお寿司屋さんの時のまんまなんで、和風の味わいじゃ。       
 おまけに外壁に、お品書きの手書き紙が貼ってあるんじゃが、”塩そば”と”えび
そば”と書いてあるんで、日本蕎麦の店と勘違いしそうじゃ。          
 実際、蕎麦屋と思おて、通り過ぎるお客もおるかもしれんね〜?        
 と、最初のころは思おたが、最近は行灯を撤去し、”ラーメン”の提灯をブラ下げ
て、はっきりラーメン店じゃと判るようになった。               
 店内はお寿司屋さんのままで、天井からズラリと提灯が下り、お寿司のカウンター
席がそのままで8椅子と、右側にちょっと狭めの畳席が2机8人で、合計16席。 
 人の好さそうな若いマスターと、接客は元「つぼ井」の看板娘(?)の二人でやっ
とってで、アットホームな雰囲気じゃ。                    


(元「寿司処 つぼ井」の看板娘さん)

 ちなみに、お二人は血縁関係では、ないそうじゃ。              
 メニューは”塩そば”と”えびそば”だけとゆ〜シンプルなのが嬉しい。    
 なお、2007年12月中旬から”とんこつらーめん”がメニューに増えた。  



 ”塩そば”を頼む。                            
 ほんのちょっと時間がかかって出てくる。                  
 少し濁ったスープじゃが、和風の感じで綺麗じゃ。              
 まずは、スープを一口ズズズ・・・                     
 うん、鶏ガラだしと魚粉スープが混じり、上品な味わいで、塩加減も丁度良い。 
 麺はプリプリしとり、茹で加減は丁度良いが、このスープと合ってないようじゃ。
 スープが上品なんで、麺はもっと自己主張する方が良さそう?         
 チャーシューとメンマは、ごく普通の味わいじゃ。              
 トッピングのカイワレ大根が、ヒリリと箸休めのアクセントになっとる。    
 総合的には、良くできて美味しいラーメンです。               

 ”えびそば”も食べてみた。                        
 これも、ほんのちょっと時間がかかって出てくる。              
 ベースのスープは”塩そば”と同じもんじゃが、海老油が表面にかけてあり、トッ
ピングに海老の揚げ玉天カスも乗っとり、海老の良い香りがする。        
 海老の香りで味がボケるため、塩加減が”塩そば”より辛くしてある。     
 わしには、ちょっとこの塩加減では辛過ぎるように感じた。          
 もうほんの少し薄口にして欲しいの〜。                   
 海苔は良い感じじゃ。                           
 このお店ではトータルでは”塩そば”の方を、お薦めします。         

 両方のラーメンのスープに共通なんじゃが、魚粉の濾しが足りんのか?意図的に濾
しとらんのか?スープを呑み進むと、魚粉のザラついた嫌な感触が口中に広がり、最
後は丼の底に魚粉がドロッと残る。                      
 そのせいで、スープが薄にごりになっとるんじゃね〜。            
 魚粉をちゃんと濾して、綺麗なスープにした方が見た目も、食感もアップすると思
うんで、ここらへんはまだ研究の余地が有りそうじゃね〜?           

 新メニューの”とんこつらーめん”じゃが、微妙に豚骨臭がし、このわずかな生臭
さは好き嫌いの別れるところかもしれんね〜?                 
 わしは気にならんけど・・・                        
 ただ、気持ちスープが塩辛い。                       
 ほんのわずかな塩加減で、豚骨スープの甘味が薄れる。            
 麺の茹で加減は丁度良い。                         
 ハムのようなチャーシューは、このスープには合ってないように思える。    
 紅生姜と高菜はテーブルに有るんで自由にトッピングできる。         
 トータル的には、まぁまぁ良く出来た豚骨ラーメンじゃ。           
 日によってスープの”薄め”や”濃いめ”など、現在試行錯誤中のようじゃ。  
 より研磨されていくと、将来が楽しみなラーメンじゃね〜。          

 ”みそとんこつ”を食べてみた。                      
 麺が太い。                                
 茹で加減は、やや柔らかめ。                        
 ちょっと時間がかかるのは、太い麺を茹でるのに時間がかかるけ〜かも?    
 とんこつのダシは美味しく、塩加減も丁度良いが、味噌の風味はほとんど感じられ
んね〜。                                  
 若干のトロミがあり、薄めのポタージュスープといった趣じゃ。        
 このスープには、太麺が合うようじゃ。                   
 トッピングの焼きネギが甘くて美味しい。                  

 ”みそとんこつ”はメニューから消えた。                  
 2009年秋からの代わりの新メニュー”しょうゆとんこつ”を食べてみた。  
 まずは、スープをズズズ・・・甘みがなく少しだけ塩っぱい久留米系の豚骨スープ
で、スープの粘度はクリーミーのちょっと手前。                
 麺の茹で加減は丁度良い。                         
 チャーシューは柔らかくて美味しい。                    
 総合的には美味しいが、もうちょっと甘みがある方がわしは好きなんじゃがね〜?

 ”豚そば”を食べた。                           
 まず注文段階で、マスターが「お薦めしません」とビビらせてくれる。     
 それでも、是非にと頼むと、渋々(?)作ってくれた。            
 出てきたものを見て、びっくり。                      
 灰色でポタージュスープ並みのドロドロ粘着スープじゃ。           
 何でも、豚の骨髄のみを徹底的に煮出したもんじゃとか・・・         
 トッピングは水菜のみのシンプルさ。                    
 まず、一口、ズッズッズッ・・・豚骨スープとはちょっと違う、ワイルドな風味が
するけ〜ど、そんなに嫌いじゃ〜ないで〜この味。               
 塩加減は実に適度で良い。                         
 麺は、うどん並みの極太の平麺で、少し柔らかめじゃ。            
 ちょうど、あんかけうどんのような感じで、丼や服にスープのしぶてを散らしある
いて食べ進み、はいっ、完食!                        
 クセが有ると言えば、クセが有るようで、わしは美味かったが、万人向きとは言え
んかもしれんね〜?                             
 マスターがお薦めせんのが、頷ける?                    

 数量限定の”みそらーめん”を食べてみた。                 
 最初に、ちょっと時間がかかる旨言われ、確かにちょっと待たされる。     
 で、出て来たラーメンを見てビックリ。                   
 キャベツとモヤシが大盛りじゃ。                      
 麺なんか全然見えんで〜。                         
 キャベツのてっぺんには、炒めた刻んだ唐辛子(つまりラー油のようなもの)が乗
っとり、色彩的なビジュアルは美しい。                    
 キャベツをよけながら、何とかスープをレンゲで一口、ズズズ・・・ヒリ辛さは、
さほどでもない。                              
 味噌は単調な味わいじゃ。                         
 トッピングのキャベツをスープに浸しながら食べ進めるが、食べても食べても、キ
ャベツが減らん。                              
 キャベツの芯の部分まで乗っとるんで、後半にこの芯のあたりが出てくると、かな
りきつい。                                 
 麺は太麺で、この太麺を茹でるのに時間がかかるようじゃ。          
 太麺は若干柔らかめじゃ。                         
 頂上のラー油をスープに混ぜても、さほどヒリ辛さは無い。          
 あとから来た客が、注文して食べ終わっても、まだ食べ続けとる。       
 後半満腹になり、ふぅふぅ言いながらも、何とか全部食べ終わった。      
 これの大盛は、具も麺も倍になるとか・・・わしには絶対無理。        
 味としては、まぁまぁの味噌ラーメンじゃ。                 
 何しても、注文するときは、十分に腹を空かせとらんといけんで〜。      
 なお、このラーメンは冬季のみの期間限定ラーメンで、夏場には無い。     

 数量限定の”しょうゆ こってり”を食べた。                
 ちょっと待って出てきた。                         
 をう、表面に透明の油膜が6〜7mmほどの厚さで覆う。             
 熱々のスープを一口、ズズズ・・・ネギ油の独特な香りと味わいじゃ。     
 ダシの味わいがほとんどせんほど、醤油とネギの味が強烈じゃ。        
 トッピングの焦がしネギの風味もプラスされ、好みの別れそうな味になっとる。 
 わしも、これは油のクドさがちょっと・・・                 
 ”しょうゆ あっさり”にした方が良かったか〜?              

 新メニューの”北海道風 こがし醤油らーめん”を食べた。          
 少し待たされて出てくる。                         
 まずはスープを一口、ズズズ・・・あっちっち・・・ラード油膜が熱々じゃ。  
 北海道の醤油を使用しとるとかで、福山では食べたことが無い醤油の味わいじゃ。
 例えれば、味が大分違うが、札幌「純連」の”醤油ラーメン”を始めて食べた時に
感じたような、ある種、軽いショックを感じるラーメンじゃ。          
 たっぷりのラードの味が前面に出とり、独特の醤油の風味と相まって、実に面白い
味に仕上がっとる。                             
 中細麺は長さが短い麺で、茹で加減は適度じゃ。               
 このコッテリしたスープでは、埋没してしまうような大人しい味をしとる。   
 炒めたモヤシはシャクシャクしとる。                    
 全体的にコッテリとクドさは有るものの、味が良いんで、はいっ、完食!    
 これは面白い味の、高得点の醤油ラーメンじゃね〜。             

 再訪して”こがし味噌らーめん 合せ味噌”を食べた。            
 ”こがし味噌らーめん”を頼むと、マスターが”赤味噌・白味噌・合わせ味噌のど
れにしますか?」と聞いたんで、まだ未食のため味の違いがさっぱり判らんのでとり
あえず”合わせ味噌”にしてみた。                      
 今回も、ちょっと待って出てくる。                     
 一見すると”こがし醤油らーめん”と同じような色合いをしとる。       
 まずはスープを添付のレンゲで、ズズズ・・・少し塩辛い。          
 これも表面をラードの油膜が覆い、熱々じゃ。                
 ダシのうま味をあまり感じん。                       
 味噌は北海道のものじゃ〜ないそうじゃが、独特の風味が有る。        
 麺は短めの中細麺で、茹で加減は良いが、やっぱしスープに対してちょっと弱い。
 炒めモヤシはシャッキリしとる。                      
 総合的には、微妙な位置の味噌ラーメンじゃ。                
 「純連」系の味噌ラーメンを目指すのか、「札幌ラーメン横丁」に多いタイプの味
噌ラーメンを目指すのか、もうちょっと位置付をハッキリさせて欲しいね〜。   

 ”こがし味噌らーめん 合せ味噌”を食べた後、マスターが「次回は是非”白味噌
”を」と言っていたので、すぐ再訪して”こがし味噌らーめん 白味噌”を食べた。
 これも少し待たされて出てくる。                      
 鍋でモヤシを炒め、そこにスープを入れ、最後に炒めた味噌を投入する。    
 さすがに白味噌らしい色をしたスープじゃ。                 
 レンゲで一口、スープをズズズ・・・少し甘い。               
 表面のラード油膜が熱く、甘目のスープと相まってクドく感じ、胃に貯まる速度が
倍数的に増えていくようで、スープが呑み進められん。             
 中細麺は短めで、長い麺に慣れとるわしには、ちょっと食べにくい。      
 チャーシューは厚めのものが1枚で、柔らかくて美味い。           
 ここのほとんどのラーメンが少し塩辛いのに、これは辛くはなく甘目じゃ。   
 ラードの味で甘味が増幅されるようで、完食するにはかなり厳しい味付けじゃ。 
 体調が万全でない時、体調が少しでも悪い時には、きついラーメンじゃろ〜ね〜?

 ”チャーハンセット”の”チャーハン”は、パラパラじゃがちょい薄味じゃ。  
 ただ、このお店のラーメンはどれも濃い味つけなんで、一緒に食べるには、これく
らいの方が良いかも?                            
 付け合せは、わしの時は”大根の葉”のゴマ和えで、これは美味しかった。   

 開店当初はメニューが少なかったのが、何か最近はめったやたらに新メニューが増
え、それに伴い壁のメニュー貼り出し紙が増え、神社仏閣の千社札状態?ははは・・



 客の出入りで入口戸が開き、風が入ると、貼り紙がフワリフワリして賑やかじゃ。

 店の表に暖簾が無いんで、営業中かどうかが小さな紙の表示だけで、判りにくい。
 その上、寿司店そのものなんで、入口から店内が素通しで見えんのも、一見の客は
入りにくい感じがするね〜?                         
 暖簾を掛けるなどして、もう少し庶民寄りに敷居を下げた方が良いように思えるけ
ど・・・まぁ、何にしても豚骨ラーメンの「味の蔵」で修行されたマスターが心機一
転、色んなタイプのラーメンのお店を開いちゃったんで、息長くがんばって欲しいも
んです。                                  

 最近はマスターのお母さんが接客しとってで、元「寿司処つぼ井」の看板娘と女将
さんを交代しちゃったようじゃ。                       

---


所在地 /福山市宝町7−14
電 話 /084-926-0001
営業時間/11:30〜13:30/19:00〜深夜1:00
定休日 /(不定休)日曜日は昼営業のみ
駐車場 /無し
座敷席 /畳席有
禁煙席 /無し喫煙OK
開 店 /2007年5月13日
ホームページ/ 長いち
    MAP

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2007/06/01  2008/02/01  2008/12/26  2009/12/25  2010/11/26 2011/06/10  2011/08/26  2012/10/26              
更新履歴詳細
---



BACK TOP