---

ひろしま    めんほんぽ             や    ふくやま   
廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 福山店

その他 味噌 醤油豚骨
    
    
             旨辛味噌らーめん
 スープ : 豚骨・鶏ガラ・辛子味噌/赤色・濁り
 麺   : 細麺/薄黄色/半ちぢれ麺
 具   : チャーシュー、メンマ、もやし、
       ネギ、海苔、背脂、煮玉子

 価 格 : 旨辛味噌らーめん 790円(+税)
 評 価 : ★7.5





 価 格 : ばくだん屋らーめん 619円(+税)
 価 格 : ねぎらーめん 714円(+税)
 価 格 : もやしらーめん 714円(+税)
 価 格 : チャーシューめん 810円(+税)
 価 格 : 辛味噌つけそば 800円(+税)
 価 格 : 汁なし担々麺 714円(+税)
 価 格 : 広島つけ麺 743円(+税)
 価 格 : 替玉 143円(+税)

 価 格 : おむすびセット +48円(+税)
 価 格 : から揚げセット +238円(+税)
 価 格 : ギョーザセット +238円(+税)



 製 麺 : 井辻食産 (広島市)

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は、緑町の「緑町公園」隣で、「広島県信用組合」「100円ショップ Seri
a」「エブリィ」「スーパードラッグひまわり」「ユーホー」など大型店舗が並んだ
敷地の一角で、以前「らーめん屋 はな。はな。」が在ったところ。       
 同じ敷地には「ミスタードーナツ」や「カメラのキタムラ」なども在り、かなりの
集客が見込める。                              

 店内は、入ってすぐ右側にテーブル席が奥に向って並び、4人席が4机、奥の左に
板席の4人席が1机で、こちらは禁煙席。                   



 入口から左にオープンカウンター席が6椅子、左奥に3人カウンター席が1列と、
4人テーブル席が2机で、こちらは喫煙席となっとる。             



 入口右の一部に長椅子席が有るんで、全部で37〜39席。          



 ”ばくだん屋らーめん”を食べた。                     
 これは豚骨醤油ラーメンじゃ。                       
 スープを一口、ズズズ・・・胡椒が入っとるようで、少しからい。       
 豚骨ダシの甘味が無く、塩辛いだけ。                    
 福山市内の他店の豚骨醤油ラーメンをイメージすると、ちょっと違う味付けじゃ。
 細麺の茹で加減は丁度良い。                        
 チャーシューは柔らかいが、ごく普通の味わい。               
 メンマは幅広いタイプじゃが、これも普通の味。               
 総合的には、悪くは無いが、飛びぬけて良くもなく、凡庸な感じの豚骨ラーメンに
なっとる。                                 
 わずかにでも甘味を感じるスープの味が、わしは好きじゃの〜。        

 後日、”旨辛味噌らーめん”を食べた。                   
 をう、見た感じいかにも辛そう・・・まずはスープをズズズ・・・意外に甘味が強
く、ヒリ辛さはあまり無く、見た目ほど辛くない。               
 細麺の茹で加減は丁度良く、このスープに良く合った麺じゃ。         
 チャーシューは柔らかいけど、味は普通。                  
 メンマは幅広いやつで、これも味はごく普通。                
 総合的には、美味しく食べられるラーメンじゃ。               
 これが、ここでのお薦めじゃね〜。                     

 再訪して”汁なし担々麺”を食べた。                    
 ちょっと待って出てきた。                         
 をうん?器がキンキンに冷たい・・・これは??               
 メニューの”汁なし担々麺”は、確か「熱」になっとるのに・・・       



 注文を聞きにきた接客の女性が「温と冷が有る」とも言わんので、わしもこれまで
他で食べた”汁なし担々麺”は全部暖かかったんで、まさか”汁なし担々麺”に「温
と冷」が有るとは思いもよらんかったんで、当然、暖かいものが出ると思い込んどっ
たんで、ちょっとうろたえた。                        
 お店に行ったのは1月下旬で、窓の外には、雪花(風花)が舞っとる、特に寒い冷
たい日じゃった。                              
 ちょっと季節を考えて欲しいの〜、わしら〜。                
 いったい、何をど〜したら、こんな冷たい麺が自動的に出てくるのか?訳がわから
んが、気が弱い(?)わしは、そうかメニューにたぶん”冷か温”をチョイスするよ
うに書いてあって、何も言わんかったら”冷”ですよと書いてあったのかもしれんの
〜、よ〜見んかったわしが悪いんじゃろ〜?と女性に何も言わずにそのまま食べるこ
とにした。                                 
 (あとでメニューを調べたが、そんなことは、どこにも書いてなかった)    
 それにしても、これ、作り置きを冷蔵庫から出して来たんと違うん?と思えるほど
ヒやいど〜。                                
 まずはそのまま、麺のみを一本食べる、スルスル・・・うん、太麺は柔らかく、冷
たいけどちゃんと今〆たもので、冷蔵庫から出したもんじゃ〜ない。(当たり前?)
 容器だけ冷蔵庫で冷やしとるんじゃね〜。                  
 太麺の味は、悪くない。                          
 続いて、かきまぜる、かきまぜる、マゼマゼ・・・麺をズルズル・・・いわゆる山
椒系ではなく、ラー油系の担々麺じゃが、ちょっと甘い。            
 味付けが、かなり甘味を感じさせ、ラー油のヒリ辛さは、だいぶんあとからフワ〜
ッと来て、そのヒリ辛さも、すぐ消えてしまう程度じゃ。            
 これなら、辛さに弱い人でも、苦もなく食べられそうじゃ。          
 まぁ何にしても、山椒系のヒリ辛い”汁なし担々麺”のようなものを食べたい、辛
いのが好きな人にはお薦めできんね〜。                    
 ほんで、わしのような失敗をせんために、注文時に「温」とハッキリ言いませう。

 後日、再訪するとメニューの”汁なし担々麺”のところに「冷」とゆ〜白い小さな
シールが貼ってあった。                           



 つまりここでは、”汁なし担々麺”は「冷」しか無いとゆ〜ことなんじゃね〜? 
 しかしどうせ貼るなら、もっとハッキリ判る大きいシールにすればえ〜のに・・・

 とか書いとったら、最近のメニューには、大きく「冷」としてあった。     



 これなら判りやすくて良いね〜。                      

 ”山椒つけそば”の”小辛”を食べた。                   
 メニューの「熱」のところに書いてあるんで、このつけスープは、暖かい。   
 白ゴマ粉がつけスープの表面を覆い、スープに甘味が有る。          
 茹でて、水でさらした麺の喉越しは良く、美味い。              
 山椒のピリ辛さが適度で、後口が良い。                   
 ”小辛”のヒリ辛さは「1」程度で子供でも大丈夫。             
 これは美味しい、つけ麺じゃ。                       

 ”山椒つけそば”は、メニューから消えた。                 

 再訪して”広島つけ麺”を食べた。                     
 店名に”広島つけ麺本舗”と、うたってあるんで、これがメインなんじゃね〜。 
 〆て冷たい麺は歯ごたえがあり、麺自体の味は、まずまず。          
 冷たい、つけつゆのヒリ辛さは2ほどか?                  
 少し甘味があり、食べやすい。                       
 爽やかな後口で、冷たい麺とヒリ辛さが、夏場にはピッタリじゃね〜。     

 ”おむすび”は暖かく、韓国海苔が巻かれ、軽く塩がふりかけてある。     
 韓国海苔は表面に油が塗ってあるんで、素手でつまむと指先がベタベタする。  
 韓国海苔自体に味がしっかりついとるのに、塩が少量でもふりかけてあると、更に
塩からくなってしまう。                           
 まぁ、ここは辛いラーメンなど辛さが売りのお店なんで、ど〜しても味付けが全体
的に塩辛くなるんじゃろ〜ね〜?                       

 ”から揚げセット”はラーメンと”おむすびorごはん”と”から揚げ”じゃ。  
 ”から揚げ”は、熱いことは熱いが、衣ばかりで肉部分が小さく、衣がガリガリし
とり、肉はカチカチで、これは一度作って冷めたものを揚げ直したんか?と思えるよ
うな代物じゃ。                               
 焦げる寸前のようで、いがらっぽい味で、まるでダメなものじゃった。     

 ”ギョーザセット”はラーメンと”おむすびorごはん”と”ギョーザ”じゃ。  
 写真で見て判るように、焼きが浅く、皮がヌタッとしとる。          
 具の味は好く、美味い。                          
 皮に適度な焼目をつけて、外をパリッと中をジューシーに焼き上げてもらうと、も
っと美味しい餃子になりそうじゃ。                      

 店内入口近くに置いてあるウォータークーラーの隣に、天井から吊り下げられたカ
ゴの中に”紙エプロン”が置いてあり、焼肉屋などでやるように、”紙エプロン”を
首から下につけてラーメンを食べた。                     
 あとでエプロンを見たら、赤い汁が無茶苦茶散っとって、あぁエプロンをしといて
えかった〜っと思った。                           

 駐車場も広く、客も多いようなんで、更に味を研鑽して、息の永い人気店になって
欲しいもんです。                              

 休日の昼間は、客で一杯じゃ。                       
 なかなかの人気店になったようじゃね〜。                  


---


所在地 /福山市緑町2番1−6
電 話 /084-926-3582
営業時間/平日 11:30〜23:30
     日祝 11:30〜22:00
定休日 /不定休
駐車場 /有り
座敷席 /板席有
禁煙席 /土日祝 全席禁煙禁煙
禁煙席 /平日 一部禁煙禁煙喫煙OK
開 店 /2013年1月9日
ホームページ/ 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋
    地図

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2013/02/01  2013/04/05  2014/07/11
更新履歴詳細
---



BACK TOP