---

ちゅうごくりょうり  ごじゅうばん 
中国料理 五十番

醤油 味噌 塩
    写真
    写真
    写真
             特製五十番麺
 スープ : 鶏ガラ・醤油/醤油色・薄濁り
 麺   : 中細麺/薄黄色/半ちぢれ麺
 具   : 豚バラ肉、白菜、人参、
       木耳、しいたけ、ネギ

 価 格 : 特製五十番麺 640円
 評 価 : ★7.5





 価 格 : ラーメン 510円
 価 格 : 湯麺(タンメン) 620円
 価 格 : チャンポン 620円
 価 格 : 五目そば 620円
 価 格 : 味噌ラーメン 620円
 価 格 : 天津麺 640円

 価 格 : ラーメン定食 760円
 価 格 : 酢豚定食 770円
 価 格 : 八宝菜定食 770円
 価 格 : レバーニラ定食 720円
 価 格 : 唐揚定食 800円

 価 格 : 餃子 320円
 価 格 : レバーニラ炒め 460円
 価 格 : 若鶏ニラ炒め 470円
 価 格 : 豚肉ニラ炒め 470円
 価 格 : 野菜炒め 460円
 価 格 : 八宝菜 760円
 価 格 : 酢豚 810円
 価 格 : 肉団子甘酢かけ 810円
 価 格 : 麻婆豆腐 670円
 価 格 : 青椒肉絲 880円
 価 格 : 青椒牛肉絲 980円



 製 麺 : クラタ食品

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は、緑町「ばら公園」東側の道路を南に進み、「パチンコ スリースリー」の
交差点を過ぎ、「哈尓濱(ハルピン)」と「備後焼そば本舗 やまもと商店」を過ぎ
た右側で、「越智眼科 多治米医院」の手前隣。                
 駐車場は、お店の横の細い路地の奥に12台分あり、表の道路の斜め向かいにもあ
るんで結構な台数が置ける。                         

 お店の入口は前の道路に面しとらず、店裏の駐車場に抜ける横の路地の途中に在る
が、これは道路側からと裏の駐車場からとの中間の位置に設けてあるようじゃ。  

 店内は、中央に4人丸テーブル席が1机とそのすぐ左に4人テーブル席が1机。 

写真

 右側の道路際の窓際に4人テーブル席が4机と2人テーブル席が1机。     

写真

 左側は板敷きの座敷席が並び、6人テーブル席が2机と4人テーブル席が4机で、
合計54席ほどある。                            

写真

 更に、二階にも宴会用の畳座敷席があり、二階だけで35人ほど入れるそうじゃ。

 お昼どきなどお客が多いが、女性の接客スタッフの手際が良く、入店したお客のテ
ーブル案内がテキパキしとってお客を待たせんし、厨房の調理スタッフの動きも良く
、料理が手早く出てくるんで、どっちもお客を待たせんので、気持ちが好い。   

 中国料理店なんで、メニューには中華料理の名前がズラリっと並ぶ。      

 ”ラーメン定食”を注文する。                       
 ”ラーメン半炒飯麻婆豆腐サラダ”のセットじゃ。           
 来た。全部そろって一緒に出てくる。                    
 ”ラーメン”は、ビジュアルが綺麗じゃ。                  
 まずは、スープを一口、ズズズ・・・背脂はミンチ状のものが少量で、鶏ガラ出汁
のみの魚介を使わんスッキリした味わいの醤油ラーメンになっとり、福山でも多くな
ったいわゆる”尾道ラーメン”とは違う、あっさり系ラーメンじゃ。       
 スープからは、ほんのりと生姜の匂いのようなものが香る。          
 麺の茹で加減は丁度良く、おとなしい味わいの麺で、あっさりしたスープとの相性
は良い。                                  
 チャーシューは、少しゴワつくタイプで味は、まずまず。           
 メンマは、味付けが甘め。                         
 ゆでもやしは、シャキリしとる。                      
 総合的には、アッサリ醤油ラーメンとしては悪くない。            
 コッテリ系がダメな人にはお薦めの醤油ラーメンじゃ。            

 セットの”半炒飯”は、パラリとしとり、塩加減がしっかり効いて、美味い。  
 ”麻婆豆腐”は、やや甘めでヒリ辛さは1程度。               
 ヒリ辛さに弱い人でも大丈夫な辛さじゃ。                  
 具材のひき肉が少な目じゃが、豆腐にもちゃんと熱が通った、しっかりした麻婆豆
腐じゃ。                                  
 ”麻婆豆腐”の量はちょっと少ないが、色々食べられるし、お得な価格設定なんで
、セットは外せんね〜。                           

 再訪して”味噌ラーメン”を食べた。                    
 スープをば、ズズズ・・・をう、美味い。                  
 鶏ダシが効いとり、味噌の甘味をわずかに感じる味のバランスも良い。     
 少しだけヒリ辛さが有るが、辛さレベルは1程度で、たいした辛さじゃ〜ない。 
 じゃが、そのヒリ辛さがアクセントになり、味噌スープがキリリとしまっとる。 
 麺は伸びにくい、おとなしい味わいで、茹で加減は丁度良い。         
 大きなきくらげがひとつ、存在感を主張しとる。               
 コリコリとした食感が楽しい。                       
 野菜の旨味がスープにプラスされて、大変美味しい味噌ラーメンじゃ。     
 これは、ここでのお薦めラーメンじゃ。                   

 再訪して”チャンポン”を食べた。                     
 塩ラーメンに八宝菜が乗り、ラーメン全体に片栗粉でトロミがつけてある。   
 トロミのついた八宝菜が乗るんじゃ〜なく、全体にトロミがついとる。     
 トロトロのスープをレンゲで一口、ズズズ・・・塩加減は薄味じゃ。      
 じゃが、鶏ガラ出汁の旨味を感じさせてくれる。               
 毎日でも食べられるような、飽きのこん、優しい味付けじゃ。         
 野菜の味もスープに混じって美味い。                    
 麺の茹で加減も適度じゃ。                         
 これにも大きなきくらげがひとつ、中央で自己主張しとる。          
 相変わらずコリコリした食感が楽しい。                   
 濃い味付けの好きな人には、物足りんかもしれんけど、これはこれで、良いんじゃ
〜ないですか?                               

 またまた再訪して”特製五十番麺”を食べた。                
 これは、醤油ラーメンの上に、片栗粉でトロミのついた野菜などを乗せてある。 
 鶏ガラ出汁が良く効き、醤油の辛さ加減も薄めで食べやすく美味しい。     
 「十八番」の”チャンポン”の醤油加減を少し弱めた感じ??         
 麺の茹で加減は丁度良く、伸びにくく、このスープに合った麺じゃ。      
 大き目のきくらげがひとつトッピングされとるのは、五目麺タイプに共通じゃ。 
 野菜の味がスープに混じって、複雑な味わいで美味い。            
 この”特製五十番麺”は、このお店での一番のお薦めラーメンじゃね〜。    

 ”湯麺(タンメン)”を食べた。                      
 まずはスープをひと口、ズズッズ・・・・スープが熱い。           
 塩加減が薄味で、その分、鶏ダシが効いとるのが良くわかって美味い。     
 麺との相性も良いようじゃ。                        
 野菜の旨味も、スープに混じり、美味しく食べ進められる。          
 総合的には、大変美味しい塩ラーメンじゃね〜。               

 ”酢豚定食”を食べた。                          
 ”酢豚”は、酢のバランスが良く、甘めで美味い。              
 ”マーボー豆腐”も甘口で、ヒリ辛さが無く、食べやすい。          
 ”スープ”はラーメンスープと同じもので、これも美味い。          
 ”漬物”も美味い。                            
 これは全体的に、美味しいもので充実した定食セットじゃね〜。        

 ”餃子”が美味い。                            
 熱々の皮はパリパリしとり、具はジューシーで、味も好みじゃ。        
 餃子のタレの酢醤油の味も、酢と醤油のバランスが良く、美味い。       

 平日(月〜金)のお昼のみ、コーヒーの無料サービスがある。         
 お店の中央奥右側にコーヒーメーカーが在り、セルフサービスで飲める。    

写真

 この”コーヒー”がこれまた美味しいんで、食後に是非どうぞ。        

 「五十番」は創業1967年「五十番 元町(本)店」からで、ここは当初「五十番 
多治米店」として、創業者の娘さん姉妹の妹さんが開店した。          
 その後「五十番」は市内・市外に数軒支店を出したが、現在、福山市内の「五十番
」は、ここだけとなったんで、「五十番 多治米店」とは呼ばず「五十番」とだけ呼
ぶのが正しい店名のようじゃ。                        

 なお、井原市西江原で営業中の「中国料理 五十番」は、「五十番 元町店」から
の暖簾分け店じゃそうじゃ。                         

 創業者は洋食出身で、スープはコンソメのような澄んだものが良いとかで、ラーメ
ンスープにもその主張がそのまま一本、まっすぐに筋を通してある。       
 豚骨や魚介などは使わず、スッキリした鶏ガラのみのスープじゃ。       

 「五十番 元町店」は、福山市で”レバーニラ炒め”を初めてメニューに出したと
かで、”レバーニラ炒め”の味は、やや甘口じゃが、レバーの血抜きなどの下処理が
しっかりされ、レバー特有の匂いが無く、ニラの炒め具合も丁度良く、実に美味い。
 さすが元祖・福山の”レバーニラ炒め”ぢゃ。                

 人当りの好い、どこかほんわかとした”浅田美代子”のような、柔らかな雰囲気の
美人女将さんがしっかり取り仕切り、人気店じゃ。               
 福山市に唯一残る「五十番」として、これからも美味しい中国料理のお店として、
永く続けて行って欲しいもんです。                      

---


所在地 /福山市多治米町一丁目10−11
電 話 /084-953-7934
営業時間/11:30〜21:00
定休日 /不定休
駐車場 /有り
座敷席 /座敷席有
禁煙席 /無し喫煙OK
開 店 /1982年
    地図

※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。             価格に特記無き場合は(税込)価格です。                  
2013/10/04  2014/06/20
更新履歴詳細
---



BACK TOP