---


じゅうはちばん   せんだ   
十八番 千田店

醤油
    
    
    
               中華そば
 スープ : 鶏ガラ・醤油/半澄み
 麺   : 中細麺/白色
 具   : チャーシュー、メンマ、ネギ、豚背脂

 価 格 : 中華そば 600円
 評 価 : ★★★★★★★☆☆☆


 価 格 : チャンポン 730円
 価 格 : 焼豚麺 780円
 価 格 : 焼そば 700円
 価 格 : 野菜炒め 680円
 価 格 : 中華丼 770円

 製 麺 : 自家製麺

---

《独断感想・エトセト欄》

 場所は、福山市内方向から「国道182号線」を神辺町方向に北上し、千田町の「
夢乃湯」の在る信号交差点「千田幹線(東)」を過ぎ、「ファミリーマート」と「中
国バナナセンター」の信号交差点「白石」の道路を挟んだ北側。         
 福山市内方向からなら、交差点でUターンせんといけんので、すっとは行きにくい
場所じゃね〜?                               
 店内は、調理場に面したオープンカウンター席12椅子と、反対側の窓際にもカウ
ンター席12椅子、奥に6人テーブル席が2机で、合計36席。         
 他の「十八番」で共通してある、テーブル前の給水口が以前はあったんじゃが、全
部撤去されてプレートで塞がれとり、水は入口と奥の二か所のウォータークーラーで
汲むようになっとった。                           





 ”中華そば”を頼む。                           
 「十八番 本店」にあるような自動製麺機は無いんで、普通に茹でとる。    
 をう、来た。                               
 まずは、スープを、ズズズ・・・うん、美味い。               
 美味いが、ややコクが薄い。                        
 醤油の加減もやや薄め。                          
 麺の茹で具合は丁度よい。                         
 チャーシューは、まぁまぁ。                        
 総合的は美味しい部類じゃが、まだまだ、こんなもんじゃ〜ないはずじゃ。   

 再訪して”焼豚麺”を食べた。                       
 これは、どうしたことじゃ?このラーメンは「十八番」らしくない味じゃ。   
 目隠しをして食べたら、どこのラーメンか判らんような、凡庸な味じゃ。    
 あの「十八番」のラーメンの独特の味わいが無い。              
 スープの香りも薄い。                           
 う〜ん?手が代わったんか?                        
 何にしても、これは「十八番」のラーメンじゃ〜ない。            
 ちょっとガッカリしてしも〜た。                      

 ”中華丼”は、コッテリした味わいで美味い。                
 とろみのあんが熱々じゃ。                         
 香りが良いね〜。                             

 他の「十八番」と比べ、客が少ないようじゃ。                
 それは第一に、味が他の「十八番」に比べて、やや落ちるけ〜じゃと思う。   
 もう少し、味を他の「十八番」に近づけるよう、努力して欲しいもんです。   

---


所在地 /福山市千田町千田2975
電 話 /084-955-1505
営業時間/11:00〜22:00
定休日 /毎週月曜日
駐車場 /有り
座敷席 /無し
禁煙席 /無し喫煙OK
開 店 /1984年
    地図
※メニュー・価格・営業時間・定休日などのデータは調査時のものです。       変更されていることがありますので、ご注意下さい。               変更をお気づきの方は、メールで詳細をお知らせ下さい。            2001/10/10  2002/08/29  2008/10/31  2013/12/13 更新履歴詳細
---



BACK TOP